タグ:自然 ( 37 ) タグの人気記事

足のケガとアジサイ会

事件は会議室ならぬ、家の中でも常に起こっている。
恒例のブログ仲間の味祭会もとい紫陽花会を二日後に控えていた朝、
学校に出かけた娘を見送ったあとのまさに、その瞬間、家具のはしっこに足の指をしこたまぶつけて、
ギャーとさけぶつつ、その場でしゃがみこむ。
「折れた…」と私は思った。過去2回、小指を骨折した経験が私の耳元でそうささやいていた。
紫陽花会のことが頭に真っ先に浮かぶ。今年はまだ紫陽花をゆっくり見ていない。
加えて、今我がマンションは大規模修繕の真っ最中で、信じられないような騒音があっちこっちで
聞こえてきて、私は耳栓を手放せない。しかし耳栓をしていても、相変わらず「やかましい!」と怒鳴りたくなるような騒音なのだ。加えてマンションの周りは足場と黒い網に覆われて、家の中にいると捕えられた魚のような気分である。
早い話が紫陽花会で癒されるのをずっと楽しみにしていたのだ。それなのに…この足。
幸い病院に行くと骨折はしてなかった。しかし、ねんざのように歩くと痛む。素足でそろりそろりと家の中では歩けるが、くつをはけない。痛くて。紫陽花会のメンバーは、ムリをしないようにとメールをくれる。
しかし、私は行きたいのだ!! 

当日私は、苦肉の策で、新調した紳士物のサンダルをはいた。これが一番足に痛みがこない。
かっこうなんてかまっていられない。もうこの年になったら、人の目など気にせずに、自分の好きなように生きたいじゃないの(魂の叫び)

そして当日、紫陽花会は例年のように楽しく、充実して、大いに満足しましたよ。
その様子はぶんぶんさんさん♪さんつつじさんのとこでどうぞ。
私は抜粋で。
b0033169_1436648.jpgそうそうつつじさんのブログに書いてあった赤いバッグは←これ(笑)。右のタイルは当日行った、「たからの庭~シェアアトリエハウス」のハンドクラフト店で買いました。アロマを垂らせるアロマタイルというのが珍しくて、さっそく使っています。バッグをもって歩くと、ほんのり香りが楽しめます。ちなみに左のうさちゃんは、このあいだ、さん♪ちゃんの委託販売のお店で買ったうさちゃん。携帯ストラップにして愛用しています。

b0033169_14434692.jpg
ここは縁切り寺こと東慶寺。階段登れないので、下で待っていました。北鎌倉は普通にどこのお寺でも紫陽花が咲いている。
b0033169_14511643.jpg
                    つつじ邸の紫陽花。
b0033169_14515689.jpg


そしていつもお邪魔させてもらっているつつじ邸には、例年にもまして色とりどりの紫陽花が競演していました。
足を引きずりながら、サンダルで北鎌倉を散策したかい?がありました。のんびり、足と頭と体を休めながら、紫陽花の庭をながめつつ、おしゃべりに花を咲かせ、お酒の弱い私なのに美味しい梅酒で心地よくなりました。つつじさん、今年も訪問させていただき、ありがとうございました。
紫陽花会、来年も楽しみにしています! 足が折れても行きますから(うそ)
[PR]
by riro11 | 2014-06-29 15:09 | 風趣

紫陽花とマザコンの話

紫陽花の季節になりました。今年の明月院の紫陽花です。
b0033169_2316191.jpg

紫陽花といえば、アジサイ会、北鎌倉、つつじ邸と、このブログではおなじみになっていますね。
いつものアジサイ会のメンバー、ぶんぶんさん、さん♪さんと鎌倉、あじさい寺巡りをして、「つつじ邸お休み処」で休憩するという贅沢なスケジュールを今年も敢行いたしました。

詳しいことは、いつものように、ここここここをよろしく!

混まないうちにと、最初に行ったのは成就院。長い石段の両側に紫陽花が咲きみだれ、遠くに海が見えるという絶好のロケーション。でも今年は紫陽花の数が少なかったかなあ。ちょっと残念。

青だけの紫陽花が有名な、別名あじさい寺、明月院は、手前の道からもう結構な混雑。車と人の交通整理が行われていました。青、青、青の紫陽花は、今年も目に鮮やかで堪能しました。
b0033169_23234262.jpg



つつじさんのお庭は、今年は紫陽花とゆりの競演がすばらしかったです。ここでの憩いのひと時が、お寺めぐりに疲れた体を、心地よく癒してくれます。食べたり、飲んだり、まあくつろぐくつろぐ。
<つつじ邸のお庭>
b0033169_2257515.jpg

最後に行ったのは、北鎌倉古民家ミュージアム。今、「あじさいの小径」公開中です。
b0033169_23325524.jpg


以上紫陽花編でした。

マザコン編??
[PR]
by riro11 | 2013-06-19 00:02 | 風趣

riro犬と猫に翻弄されるの巻

前回、大予約をしていた、「アジサイ会」メンバーによる北鎌倉散策のこぼれ話です。
詳しい話は、いつものようにここここここをご覧ください!
散策と食事をすませ、私たち一行は、これまた恒例になったつつじ邸を訪問いたしました。

つつじ邸の中に一歩踏み入れると、そこに現れたのは・・・。
つつじさんの愛犬ハニーちゃん。なぜかハニーちゃんは、他のお客二人には目もくれず、
私、riroに猛突進。しっぽをちぎれんばかりに振って、飛びつく、飛びつく。
ああ熱烈歓迎!
しかしその場限りのことではなく、別室に移ってもその歓迎ぶりは衰えず、
にげまどう私を追いかけるハニー。あまりのくすぐったさに私はとうとう、ギブアップ。
つつじさんに助けを求め、ろうかと部屋とに別れさせられてしまった私たち。
「何かもてもてだわ」「何でriroさんばっか」と大いに羨ましがられた私。
(これはやはり人徳か。むふふふ)と悦にいっていた私だったが、謎はすぐ解けた。
それはこれ↓
b0033169_22462295.jpg
Gパンのポケットに入っていた携帯ストラップのオウムが、私が動くたびに揺れて、ハニーが喜ぶ。飛びつかれて驚く私。揺れるストラップ。ますます興奮するハニー。というわけで、別に私の人徳でも何でもなかったのだ。
まあ、そうだろうね…。
私たち一行は、それからつつじ邸で飲んだり食べたりおしゃべりしたりくつろいだりして、楽しいひと時を過ごしたのだった。飲める人にはビール、私にノンアルコールビールを用意してくれたつつじさんは、まさにおもてなしの極意を知ってらっしゃる。私はビールは飲めないが、ビールを飲んだ雰囲気は好きなのだ。

さて、犬は終わって、次は猫。
つつじ邸を後にして寄ったのは、北鎌倉古民家ミュージアムでやっている「ネコ・エキスポ2013」。
ここはもうネコ、ネコ、ネコ。絵、置物、小物、グッズ、もう圧巻のネコづくし。
このミュージアムに飾られてあるのは、何から何までネコだらけで、どんなものにも必ずネコがついている。
格別猫好きを自認しない私も、あまりの愛らしさにもうメロメロ。
北鎌倉の自然も文化もいい。でも、ああ、犬も猫もよかった!

おまけ 鎌倉を舞台にしたマンガ
[PR]
by riro11 | 2013-04-21 23:37 | 歓喜

大人だって、大人だって……。

前クールのキョンキョン主演のTVドラマは、鎌倉が舞台でした。
仕事一筋できたアラフィフの女性が、ちょっと人生に疲れて、鎌倉の古民家に移り住み、
そこで第二の青春を過ごすことになってしまうのです。

鎌倉が舞台だから、江ノ電はもちろん、鶴岡八幡宮とか由比ヶ浜とか、
毎回のようにでてくるロケ地が知った所や行ったところで、
まるで自分がそのドラマに参加しているような気持で、毎回楽しみに見ていました。
「やっぱりいいなあ、鎌倉は!」
ドラマの面白さと、せつなさと、ロケーションに毎週いやされていました。

ドラマは三月で終わっちゃったけど、鎌倉恋しさは募るばかりで、
今年の花見は学校帰りの娘を誘って、鎌倉の段葛(だんかずら)から八幡宮の桜を見に行きました。

まだまだ鎌倉熱がさめないそんな時に、恒例アジサイ会のメンバーのさん♪さんが、
つつじさんの北鎌倉宅訪問の計画を立て、連絡役をかってくれました。
私のテレパシーが届いたのかっ!

そして、5月の最終日につつじ宅にアジサイ会のメンバー(つつじさん、ぶんぶんさん、さん♪さん)が
集まったのです。例によって詳細は、ここと、ここと、ここでよろしく!

今年に入ってブログからすっかりごぶさたしていた私を、みんなは暖かく迎えてくれましたよ。
わたしたちの別荘(大違い!)で、みんなゆるりと、ごちそうとワンちゃんと自然たっぷりのお庭と
おしゃべりを、満喫したのでした。

キョンキョんが、ドラマの最初にナレーションで、つぶやきます。

「さびしくない大人なんて、いるだろうか」

ああ、思えば私は、この言葉でこのドラマの虜になったのです。
仕事があっても、結婚していても、子供がいても、家族がいても、大人でも、いや大人だから、
さびしいんだなあ。
お母さんでもさびしいんだ。
そのことを、子供たちにも、夫たちにも、知ってもらいたい。
すべての大人たちがさびしいんだってことを、みんながちゃんとわかればいい。
でも大人たちは、大人だから、「淋しすぎると笑っちゃう」んだってことを。

アジサイ会は、そんな大人たちのための、鎌倉ヒーリングの場でした。
そんな場所をいつも提供して下さるつつじさんに、大感謝。
そしていっしょに笑ってくれるメンバーにも感謝、感謝です。
さあ次回を楽しみに、日常を頑張ろう。
だって、それが大人クオリティーだもの!

(おまけ)
[PR]
by riro11 | 2012-06-05 13:34 | 風趣

紫陽花オフ会と同人誌

急に蒸し暑くなりました。節電の夏、先が思いやられますね~。
ここの所三日間出ずっぱりで、くらくらしてました。

いち日は、高校生の娘の体育祭でした。雨乞いをしたら逆に晴れすぎた~!
いや最近の高校は、ものすごい進化をとげて、体育祭はまさにお祭りですね。
クラスTシャツにペイントして、もっとすごい人は、切りさいたりして、
頭もカラースプレーは当たり前、ツートンカラーもありの、全身装飾!
ダンスのキャラクターもこりすぎで、即営業できそうなできばえ。
各色の看板も、「ここは美術学校かっ!」っていうほど、クオリティー高いし。

メインのダンスの練習にも、二週間朝連、昼連、土日連と、がんばりました。
恒例の打ち上げは、焼き肉食べ放題と、11時近く帰宅のイマドキの高校生に、
夫もにが笑いの容認です。やれやれ時代ですね~。

b0033169_17344633.jpg

話は、変わりタイトルの紫陽花オフ会です。
先日横浜のオフ友、つつじさんぶんぶんさんさん♪さんと紫陽花を愛でつつ、
北鎌倉のつつじ邸に乗り込もうというオフ会を開きました。
例のごとく、詳細は、ここここここをご覧ください。

b0033169_1739021.jpg


上は古民家ミュージアムのお庭の紫陽花です。色とりどりの紫陽花が盛りでした。

b0033169_17413635.jpg
青の紫陽花で有名な明月院。青一色なのが、潔いです。
そうそう、今回私が長らく携わっていた趣味の同人誌が完成したのです。それで、いつもお世話になっているオフ友だちに、お礼にお渡ししようと思いたちました。

長い間ブログにちょこちょことあることないこと書いているうちに、
「けっこう自分って、かくこと好きなんだなあ」と気づき始めました。
そして同好の士と出会い、いつからだってやりたいこと始められるってことが、わかりました。
紆余曲折、空中分解の危機を何とか回避しつつ、子供たちに心配されながらも、
ちゃんと形に残すところまでいったので、「おばさんだって、すてたもんじゃない!まだまだ若い者には負けません!」という感じでうれしかったのです。(←でももうこの発言じたいが、古くさい^^;)
同人誌は、公のフリマという所に出店して、けっこう反応よかったので、気を良くして毎年頑張ろうと思います。これから、やっと自分の時間だなあと、老後に期待を持っています。

b0033169_1801180.jpg
明月院をぬけて、恒例のつつじ邸へ。私より先の皆さんのブログを見ていただいた方が、よくわかります。
お庭をながめ、手作りカレーをいただき、お茶やお菓子、デザートを前に話もはずみ、
まるで別荘に行ったかのようにのんびりくつろいできました。
家からすぐ近くの場所なのですが、本当に避暑にきたみたいな別世界を堪能しました。

さぼりがちなブログですが、私にとってブログは、秘密の隠れ家なので、いつまでも大切にしたい場所です。もちろん、そこで知り合った人々とも!

More おまけのかわいいもの
[PR]
by riro11 | 2011-06-23 18:17 | 痛快

四月になれば・・・・・・

b0033169_23592894.jpg

暖かくなって、桜も咲いて。
何もかも今までどおりに、ついそんな気がしてしまう春です。

娘の高校は、先週に始業式がありました。
入学式も行われたそうです。
GW明けに始まる大学も多いそうですが、息子の大学は今週から始まります。

やっと落ち着いてくると、また大きな余震が。
そんな繰り返しの中、まだまだ何もかもが落ち着かない中、
春は黙ってやってきてくれました。

b0033169_06737.jpg

体調をくずした父を見舞いに、実家へ。
思ったより元気そうで安心した帰り道。隅田川の桜は、満開でした。
スカイツリーも着々と伸びていました。

b0033169_084922.jpg

[PR]
by riro11 | 2011-04-12 00:29 | 風趣

雪とバレンタインデーと夫

b0033169_2317178.jpg二月ですね。ついこの間までお正月だと思ったら、あっという間に二月です。雪も降るし、寒いです。ブログ久しぶりです。
ああ、でも寒いのでこたつにもぐっってばかりいたので、ネット落ちしていたというわけではありません。
ありませんたらっ^^;

ところで、突然ふってわいたような昨日の雪は、本当に虚を突かれた感じでした。
日ごろの悪行がたたったのか、それともとことん運が悪いのか、夫は翌日の朝、珍しく山形に出張という予定が入っていました。
会社を出たらもう東京にいながらにして、雪がふりしきるという状況。家の周りだっていつの間にか雪だるまが作れるような雪景色になっています。

明日の早朝の便の飛行機がはたして出るのか、それよりもまず最寄りの駅まで坂道を無事降りていけるのか、向こうで雪はどれだけ積っているのか寒いのか、色々心配はつきず。
そんな夫の憂いを顧みず、娘は袋いっぱいの友チョコを交換しもらい、積り始めた雪に、はしゃいでいる……。


しかしあんなに大騒ぎした心配したのに、今朝四時半に起きて夫を送り出した時は、雪はもう止んでいました。
そして日帰りの夫が先ほど帰宅した時は、もう街に雪の痕跡はほとんど消え去っていたのでした。
まるで我が家にいやがらせにきたような、突然の雪の一夜でした。


b0033169_2318524.jpg
ホッとしたのかお土産をかかえて帰宅した夫の前で、娘は昨日もらってきたチョコを持て余して、皆に分けて食べるように誘っています。
うれしそうな夫。(いやただの余り物処理ですから)
どれどれと見たら。ロールケーキあり、トリュフあり、クッキーあり、スイートポテトあり、ガトーショコラあり、エトセトラ。
中には、電子レンジであっためて食べるよう指示されたものあり。
「あなたたち、いったい高校に何しに行っているの?
もしや将来、パティシエになるため??」


と思わず聞きたくなりました。
味見するがごとく、はじから一口ずつ食べていく途中、思わす叫びました。

「このプリンタルト、甘くない!!」
娘「本当だ!!」

やはり、パティシエの道は、そんなに甘くないのでした。

ジャンジャン。
[PR]
by riro11 | 2011-02-15 23:14 | 風趣

そしてまたしても、いつのまにか冬

まさにタイトルのごとく、もう12月ですね(焦)
寒い、寒いとさんざん驚かされていた今年の冬ですが、
何だか足踏み状態の毎日で、
子供たちや夫は、せっかく出したコートを
着たくても着られない中途半端な状態で、
せめてものマフラー着用で乗り切っています。

さて、12月だといっても、もう焦るのはやめました。
今年は子供たちの受験もないし、とりあえずみんな元気だし。
あんまり、がんばらずジタバタせずに、
最低限度の浮世の義理を果たしつつ、
ゆるりと今月を乗り切りたいと、思っています。
まあ、明日コレ発売されちゃうしね。ジブリだし、久石譲だし。ドラクエの代りになるかわからないけど、期待値マックス振り切れです!大掃除って、なにそれ?………って感じ。)

いつもどおりのスポーツクラブで、体組成なんとかを調べたら・・・。
前よりも、腹部の脂肪が数キロ落ち、その分下半身についていることが判明。
ヨガでひねっているより、歩けと、最新機械さまはおっしゃっているのです。
先月あたりイベント続きで、甘いものが我が家に散乱していたからなあ。
内臓脂肪のアップはあれが原因か…。
b0033169_13224843.jpg

というわけで、久しぶりに夫と散歩をかねて、紅葉狩りへ行ってきました。
お気に入りの三渓園です。ここのお蕎麦がまたおいしいのです。
前に食べ損ねたおだんご目当てでもあります。
内苑が見ごろだと受付のおじさんの言った通りでした。
b0033169_13124421.jpg

石段を上っているときに、上から着物を着た女性が数人、小走りで降りてきました。
(上にお茶室がある)
「わたし、これでも89歳なんだから、やんなっちゃうわよねえ」
と一人の女性が声高で言い、隣の女性が、
「そうよ、そうよ、まったく、たいしたもんよ」と相槌をうつ。
b0033169_13131317.jpg

よいしょ、よいしょと登っていた私のかたわらを、
89歳の方は、さっそうと降りて行きました。
「本当にたいしたものだ!」と私が心の底から感心したのは言うまでもありません。
着物がとてもお似合いでした。
b0033169_13134891.jpg

ここのイチョウの落ち葉は圧巻。思わず息をのみました。
ここの一角だけ、違う世界に迷い込んだようです。
訪れる人たちも、皆感心していました。

そして、俳句結社のメンバーと思われる、またもや年配の数人が、
あまりの美しさに即興で俳句を作っていました。
「ねえ、ねえ、これはどう? 紅葉の海で泳ぎける
「そうね、紅葉の海で泳ぎける、うんうん」
「どれ、どれ、紅葉の海で泳ぎける、あら、いいかも」

頭の横で、紅葉の海で泳ぎけるが連呼される中、
その続きがとっても気になっていましたが、
なぜか上の句は一向に考えてくれないのでした。
思わず、「こんなのどう?」と私が言いそうになりました。

紅葉狩りも、今年は近場しか行きませんでしたが、でも十分満足でした。
久しぶりにたくさん歩いたので、足の裏が痛くなったし。
実は自分のカメラが壊れたので、息子のを借りましたが、これがとても使いやすい。
データーをパソコンに入れるのも、息子に教えてもらって、なんか立場逆転?
と思いながらも、
それが妙にうれしかったのかもしれません。

おまけ 今年のイチョウ
[PR]
by riro11 | 2010-12-08 13:29 | 風趣

北鎌倉へ避暑

b0033169_20283116.jpg

                <明月院前の紫陽花>

体調をくずす前から、お邪魔させていただく約束をしていた北鎌倉のつつじ邸。
あじさいの咲く時期を楽しみにしていました。
何とか出かけられるまでに回復して、当日は、
北鎌倉の自然とつつじ邸での、つつじさんぶんぶんさんや、
新たに友達の輪が広がった、さん♪さんたちとの
おしゃべりに、いやされた一日でした。

b0033169_20362587.jpg

                  <葉祥明美術館の庭の紫陽花>

行こう行こうと思っていたのに、なぜか機会がなかった葉祥明美術館。
今回初めて行けたのは、そういうめぐりあわせだったのかも。
館内のメッセージが、すとんと胸に落ちました。
ポストカードに書かれた言葉も。
b0033169_202691.jpg


More(おまけ)
[PR]
by riro11 | 2010-06-30 20:40 | 風趣

海と葉山と美術館

娘が高校生になって土日とも部活で忙しい ⇒ 親の手を離れる ⇒自由に夫婦で出かけられる
というわけで、健康維持を目的に、「自然に触れる」&「ウォーキング」プロジェクトを
GW明けから実施中の私たち。着々とその成果を積み重ねております。
が、ブログに更新するのを怠けているうちに、あっというまに写真なんかがたまってしまい、
焦っています。とりあえずアップは後にして、記録だけ。

●三渓園散策 ●鎌倉散策 ●金沢自然公園散策 ●箱根湯本散策+温泉(アップ済み)
●城ケ島散策+温泉 この間にホタル観察(三渓園及び秘穴場)

こうして書いてみると、私にしてはちょっと信じられないくらい、
ものすごく活動的に過ごしていますね。

そして今日は、少し疲れ気味なこともあり、まだどうするか決めていませんでした。
ところが朝TVを見ていた夫がいきなり言いだしました。

「これから、葉山の美術館に行こう!」

たった今見ていたTVで紹介されていた美術館は、偶然前々から私が行きたいと言っていたココでした。
夫いわく、今まであまり気が進まなかったけれど、今回やっているのは良さそうだったとのこと。
私はというと、ぶんぶんさんのブログで紹介されたのを見て、
そのロケーションの素晴らしさに惹かれていたのです。

思い立ったが吉日。今日は「ウォーキング」はお休みして、「自然に触れる」だけを遂行!

今の時期、葉山まで道が空いていて快適なドライブ。御用邸を右に曲がれば、すぐ美術館です。
b0033169_23315593.jpg
今回やっているのも、知る人ぞ知るアニメーションの巨匠、ノルシュテインとその妻ヤールブソワの絵及びアニメーション。絵本の原画やアニメーションの原画もたっぷり展示されていました。
なるほど、私が好きそうなものがやっていると夫が思った通り、ヤールブソワのあざやかな色合い、やわらかなタッチのキャラクターがでてくる絵本の原画はとっても素敵でした。
そして評判通りの、繊細で、物悲しいノルシュテインのアニメーションにはうならされました。

山と海に囲まれた美術館。ロケーションも最高です。すぐ下には海が広がっています。海の家が、建設中でした。
b0033169_084126.jpg
美術館に併設されたレストラン(ここに来たかった!)で、昼食をとりました。どの席も海が見える気持のよいレストランです。途中で幸運にもテラスが空いたので、デザートはそちらでいただきました。
b0033169_013024.jpg
曇り空の日差しはまぶしくなくてちょうどよく、風は心地よく、海をながめてぼんやりしていました。
葉山なんてわりと近いのに、なんで今までこれなかったんだろうと夫と話しましたが、
やはり子育てで余裕がなかったんだろうという結論に。
夫は独身のころ美術館めぐりが好きだったけど、結婚してからはあまり行けなかった。
これから、あそこもここも行こうと勢いづいています。
子供が手を離れると、さみしいこともあるけれど、反面いいこともある。
子供連れでは、なかなか行きづらかったところへ、どんどん行ける。
それには元気で長生きしなくては!と、またそこに落ち着くのでした。
[PR]
by riro11 | 2010-06-13 23:45 | 歓喜


花が咲こうと咲くまいと、生きていることが花なんだ      (by イノキ)


by riro11

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

通知
爆笑
激奨
風趣
歓喜
嘆息
苦笑
痛快
感涙
DQⅨ
超個人的

以前の記事

2014年 12月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2013年 12月
more...

PROFILE

大学院生男子、大学生女子の母
首都圏在住  

MY SITE
壱番館:
「普通の専業主婦だって、文句があるさ!」

タグ

検索

その他のジャンル

画像一覧