タグ:生活 ( 121 ) タグの人気記事

海と葉山と美術館

娘が高校生になって土日とも部活で忙しい ⇒ 親の手を離れる ⇒自由に夫婦で出かけられる
というわけで、健康維持を目的に、「自然に触れる」&「ウォーキング」プロジェクトを
GW明けから実施中の私たち。着々とその成果を積み重ねております。
が、ブログに更新するのを怠けているうちに、あっというまに写真なんかがたまってしまい、
焦っています。とりあえずアップは後にして、記録だけ。

●三渓園散策 ●鎌倉散策 ●金沢自然公園散策 ●箱根湯本散策+温泉(アップ済み)
●城ケ島散策+温泉 この間にホタル観察(三渓園及び秘穴場)

こうして書いてみると、私にしてはちょっと信じられないくらい、
ものすごく活動的に過ごしていますね。

そして今日は、少し疲れ気味なこともあり、まだどうするか決めていませんでした。
ところが朝TVを見ていた夫がいきなり言いだしました。

「これから、葉山の美術館に行こう!」

たった今見ていたTVで紹介されていた美術館は、偶然前々から私が行きたいと言っていたココでした。
夫いわく、今まであまり気が進まなかったけれど、今回やっているのは良さそうだったとのこと。
私はというと、ぶんぶんさんのブログで紹介されたのを見て、
そのロケーションの素晴らしさに惹かれていたのです。

思い立ったが吉日。今日は「ウォーキング」はお休みして、「自然に触れる」だけを遂行!

今の時期、葉山まで道が空いていて快適なドライブ。御用邸を右に曲がれば、すぐ美術館です。
b0033169_23315593.jpg
今回やっているのも、知る人ぞ知るアニメーションの巨匠、ノルシュテインとその妻ヤールブソワの絵及びアニメーション。絵本の原画やアニメーションの原画もたっぷり展示されていました。
なるほど、私が好きそうなものがやっていると夫が思った通り、ヤールブソワのあざやかな色合い、やわらかなタッチのキャラクターがでてくる絵本の原画はとっても素敵でした。
そして評判通りの、繊細で、物悲しいノルシュテインのアニメーションにはうならされました。

山と海に囲まれた美術館。ロケーションも最高です。すぐ下には海が広がっています。海の家が、建設中でした。
b0033169_084126.jpg
美術館に併設されたレストラン(ここに来たかった!)で、昼食をとりました。どの席も海が見える気持のよいレストランです。途中で幸運にもテラスが空いたので、デザートはそちらでいただきました。
b0033169_013024.jpg
曇り空の日差しはまぶしくなくてちょうどよく、風は心地よく、海をながめてぼんやりしていました。
葉山なんてわりと近いのに、なんで今までこれなかったんだろうと夫と話しましたが、
やはり子育てで余裕がなかったんだろうという結論に。
夫は独身のころ美術館めぐりが好きだったけど、結婚してからはあまり行けなかった。
これから、あそこもここも行こうと勢いづいています。
子供が手を離れると、さみしいこともあるけれど、反面いいこともある。
子供連れでは、なかなか行きづらかったところへ、どんどん行ける。
それには元気で長生きしなくては!と、またそこに落ち着くのでした。
[PR]
by riro11 | 2010-06-13 23:45 | 歓喜

がんばったね~。

今日は2回泣けた。

一回目はもちろんオリンピック。
フィギュアスケート男子シングル。フリー。
若干20歳の小塚くんが、初めてとんだ4回転。
国際大会で初めて氷の上に降りたのが、
このオリンピックの場だった!!

4回転を飛び終わった直後の、
紅潮した小塚くんの顔に、

涙がでた。


二回目は、某学習塾HPで、昨日の高校入試後の感想を
受験生がつづったものを読んだとき。

近年、自校で作成している独自入試が増えてきている。
当然問題は難しい。
その難しい独自入試を受けた受験生の感想が、たくさん書いてあった。
つらかったことも書いてあった。

読んだら涙がでてきた。


///数学の途中で震えが止まらなくなった、とか

///問題が難しくてテスト後にどよめきが起きた、とか

///終わったあと教室ではかなり悲鳴が聞こえた、とか

///試験が終わった瞬間泣いている人がいた、とか

///ショックで弁当が食べられなかった、とか


みんな戦っていたんだね。
[PR]
by riro11 | 2010-02-19 23:26 | 感涙

一月もそろそろ終わる

そして今年のブログもやっと二回目。

え~と、このひと月何をしてたかと言いました。
高校受験をひかえている娘のために、
バタバタしていました。

まず合格お菓子をたくさん買いました。
兄の時より、また種類も増え、こじつけも増えていましたね。
(でも食べ過ぎて、にきびが増えたので今は少しお休みです)

それから、健康な成人に急遽接種可能になった、
新型インフルエンザワクチンを接種しました。
(もう私はかかる気がまったくしないのですが、一応気休めのため)

それから、娘が普段履いているスカートが面接には短すぎるので、
近所のお姉さんから長いスカートを借りました。
(娘の話によると、ほとんど子のスカートが短すぎて、皆あわてて
借りたそうです)
ついでにだらんと長いセーターしかないので、これは短いのを買いました。


そして、受験料納付したり、願書書きを見守ったり、
出願に送り出したりしました。
(この願書書きが意外に神経使ってハラハラして、時間もかかります)

ところで、学校から出された受験時に注意することの紙の中に、
出願と受験本番の時に、携帯を持っていってはいけないことと、
必ずマスク着用(赤で書かれた!)の項目があって、
少し驚きました。
高校受験はやはり、いろんな意味で大学受験と違います。

とにかくあと一カ月。無事に終わるのを祈るまでです。
[PR]
by riro11 | 2010-01-28 22:48 | 風趣

年があけました

  あけましておめでとうございます
b0033169_224597.jpg

   <ベイブリッジの上から2010>

短い正月休みでした。
毎年、両方の両親、兄弟に会って会食で、ほとんど終わります。

4日から、夫は会社、娘は冬季講習、長男はバイトと平常に戻りました。

せまってくる娘の高校受験に慌てているのは私ひとり?
すでに四年前の長男の時のことをすっかり忘れている私。
振り込みはちゃんとできるだろうか。
しかし、何で末っ子というのは、いつまでも小さいままの
イメージで、心配しちゃうんだろうね・・・。


何だか落ち着かず、本もここのところ読めず。
そういえば、少し前に買った本でそのまま積ん読
なったものを今日数えたら、6冊だった。

だけど今日、本屋に行ったら、読みたいと思っていた本が全部そろっていたので、
4冊まとめて買ってしまった。
でも受験終わるまでやっぱり落ち着かないから、結局読めないか。


さて、こんな相変わらずのriro一家ですが、

今年もどうぞよろしくお願いします!
[PR]
by riro11 | 2010-01-06 23:05 | 風趣

例年通りの年越し

たとえば。
3年ぶりに単身赴任から戻った夫も交えたクリスマスイブ。
娘は塾の冬季講習があったり、長男くんは友達と(彼女ではないところが悲しい)
出かけたりしていても、夜は家族四人そろった。
そして例年通り、みんな食べ過ぎて苦しむ・・・。
(娘はさすがにうそシャンパンをこぼさなくなった!)

たとえば。
年賀状を作ろうとすると、我が家のプリンターは、
例年通り、調子が悪くなる。
今年は最悪で色が一色ぬけたまま、完全に壊れた・・・。
ここにきて修理も間に合わず、今年の年賀状は絶望的だと思われた。
が、救世主現る。
単身赴任中夫は、自分用のプリンターを買っていた。(グッドジョブ夫!)
その安いプリンターで、年賀状は無事仕上がった。

たとえば。
明日はみんなで大掃除!と予定していると、
例年通り、夫は風邪をひき、大掃除は無期延期となる・・・。

そんな例年通りの年越しも今日は31日。
例年と違うのは、長男くんが本日バイトを入れている。
クリスマスにバイトを入れた人は、自動的に大みそかも
バイトが入る。

これこそ、マーフィーの年越しの法則!?

受験生の娘は、大掃除もせずに机に向かっている。
それでも、夜にはみんなで年越しのそばを食べよう。
いつものように! 
いつもが少しずつ変わっていって、いつもがなくなるその日まで。
我が家のいつもは続く・・・。

さて、今年も当ブログを見に来て下さった方、ありがとうございます。
来年もポツポツと忘れたころに更新したいと思います。
またどうぞよろしくお願いします。

皆さん、どうぞよいお年を!
[PR]
by riro11 | 2009-12-31 17:45 | 風趣

足元ばかり見るな、前を見ろ!

b0033169_12484681.jpg

まったくソフトバ●クのお父さんの言うとおりです。
夫は長い休み中、自宅のPCやメールを使って、多少仕事をしていたものの、大半は休養にあてるしかなく、後半は暇を持て余し、自宅待機中でも何とか仕事ができないか模索していました。結果は上の写真。何だかまんまと夫の思い通りになった?
二か月前、息子に先にiPhoneを買わせ、様子を見ていましたし・・・。
「今回のような場合でも、どこからでも仕事ができるから」
と言い訳をしつつ、のりかえました!

でも”しゃべるお父さんスリッパ”は、我が家ではけっこう好評です。
玄関で待っていて、帰宅した人間に
「ただいまって言ったか!」とか
「どこほっつき歩いてるんだ!」
とか叱ってくれます。

待望のiPhoneを手にした夫は、まるで子供に帰ったようで(そんなにうれしかったのか!)片時も離さず。しかも使い方がイマイチなので、いつもえばっている息子に、猫なで声で聞いています。

さて、↓の記事の続きになりますが、結局他の家族に感染はしませんでした。娘だけが原因不明の熱を、中間テスト前日に出しましたが、それも検査では陰性。なので、翌日からは、無事学校に行けました。

この豚フルは、症状としては旧インフルエンザより軽く済むことも多いのですが、感染防止のため、症状の重い軽いにかかわらず、学校や会社から一定期間自宅待機を命じられます。これがなかなか大変。
息子の大学は一週間は登校禁止。夫の会社も家族等の濃厚接触者がかかった場合、自分は発症しなくても一週間は会社に行けません。
息子は、体はたいして苦しくなかったようでしたが、皆に迷惑がかかって心が苦しかったようです。
妹や夫に、「ホント、ごめん!」を繰り返していました。
まあ、こればっかりは、しかたないんですけどね・・・。

そんな息子。自動車免許の卒検の夜に、発症。そして完治した昨夜、学科試験を受け、見事免許ゲットできました!
それでも、怖い、怖いを連発していた教習所通いだったので、当分誰も一緒に乗りたくない。これでも、最短でとれたと言うので、余計怖い。
受験生の娘は、やはり受験が終わるまで乗らない方がいいかも。
ある意味、豚フルよりも危険だって!
[PR]
by riro11 | 2009-11-25 13:10 | 風趣

逃れられない

とうとう我が家にも豚フル患者がでてしまいました!
大学生の長男です。
昨夜から8℃代の発熱。

彼が発熱するのは、何と小学生以来ということもあり、
この時点で、すでに新型だと覚悟を決めました。
実は昨日は自動車免許の卒業検定の日。
無事合格の報を聞いた後のできごとでした。

今朝一番で病院へ。
融通の利かない厳格すぎる医師なので、
普段は敬遠している病院ですが、一番近いこともあり予約をとりました。

ところで、子供がインフルの疑いがあると、
夫の会社は出社停止となるそうです。
かなり濃厚なので夫も今日は会社を休みました。

融通の利かない厳格すぎる医師のいる病院は、
感染にたいしても徹底予防の構えで、
なんと感染疑い患者は待合室に入れません。
隔離室なるものはあるものの、定員一名で(もちろん)
ほとんど外で待たされます。

今日は夫がいたので車で行き、その中で待てましたが、
雨の降る寒い日でも、外にいかなければならないのでしょうかね。
実際ビニールシートをしいて、
小学生のお穣さんと母親が外で座っていました。
(今日は比較的暖かかったので良かったですが・・・)

そして付き添いの私だけが、待合室から診察室へ。
話を聞いた頑固な厳格な医師は、
息子の待機中の車の中で、検査を実施。
十五分後、息子は隔離室へ、私は診察室へ。
診察も隔離室で行われるという徹底ぶり。
予防注射も熱のある患者も、一つの待合室で待たせられる
某病院とは、まったく対照的です。
でも、今は絶対うつりたくない私は、ここで良かったですが。

診察室で見事A型の判定を見せられ、
未成年にタミフルは使用しないということで、
私が、リレンザか漢方(麻黄湯)かを選ばされました。
効き目はほとんど同じそうです。でもまあ普通はリレンザですよね。

幸い息子は、7℃代に熱も落ち着き、
ひどい咳もだんだん良くなってきました。
未成年のリレンザ使用の異常行動も見られず、こちらは一安心。

さて、問題は他の家族!
夫は息子のインフル確定で、めでたく一週間出社停止となりました。
このあと、自分がかかったり、他の家族がかかると、
エンドレスに会社に行けないことになるらしい・・・。

そして今週半ばから、最後の定期テストが始まる受験生の娘。
もう厳戒態勢です。
とにかく今週が終わるまでは、うつれない!!

かくして我が家の隔離生活が始まった。
各所にアルコール、マスクを配置。私は使い捨て手袋まで買った。
ものすごくものものしいよ。
[PR]
by riro11 | 2009-11-16 21:45 | 嘆息

やはり例外というのは起こらない

前回記事の続きとなりました。

やっぱり、インフルエンザはどこででも平等なんですね、
娘の中学校は3年生の半分のクラスが、とうとう学級閉鎖となりました。
娘のクラスも逃れられず。

週初めの朝、学校に行ったらいきなり半数近くの生徒が休みですって。
その日の女子はクラスで数えるほど。
しかし、娘は、元気です・・・。

結局、その日も午前授業で早く帰ってきた娘は、
私にばんざい!と報告してくれました。

半分のクラスが、一週間の学級閉鎖。でも残りのクラスは、
普通に学校がある。
何だかとっても変則的です。休めないクラスは、恨めしいですよね。

まあ、普段やってもやっても終わらない塾の宿題を、
この期間に余裕で仕上げればいいね~、という最初のもくろみは、
もちろん挫折するのでした。

毎朝決められた時間に起きるということは、
かなりの意志力を必要とすることだと、
私は改めて思い知らされました。

学級閉鎖初日、娘と仲の良い友達は、朝から近くの図書館で
勉強するという計画を立てました。
しかし、その日娘が起きたのは、待ち合わせの時間の30分後
(いや一応私は起こしたのよ。起こしても起こしても、起きないわけだ)

あわてて友達に電話をすると、なぜかその友達もまだ家にいた。
二人はとっても似たものどおしです。
結局その日の勉強会はお流れに。そして二度と再開されず。

まあ、学級閉鎖っていうのは、家でしっかり寝て、寝て、寝て、
体を休めて、体力をつけようという趣旨でいいのでしょう。

ちなみに娘は、悠々と昼ごろに起きて、撮りだめたTVドラマを
ゆっくり見たり、久しぶりにTVゲームをやったりしていました。

さすがに出かけるのは止めましたが。
そういえば、なんだか学校から課題もでていたようだけど・・・・。
さて~??
[PR]
by riro11 | 2009-10-23 11:38 | 風趣

中学校最近の様子

春にはあんなにびくびくししていたというのに、
今ではもう当たり前のように新型インフルエンザが、
全国各地の学校に、猛威をふるっていますね。

娘の中学校にもとうとう来ました。
先日の台風の日は、全校休校になったのですが、
その前から1、2年生は学級閉鎖がちらほらでてました。

3年生だけ妙に元気だねと言っていたら、やっぱり来ました!!
二クラスが学級閉鎖。しかし娘のクラスはまだ大丈夫。
でも今日は学年全部で午前帰りでした。
ちなみに塾では両隣の子と後ろの子が次々と休む中(これぞ四面楚歌)
娘だけは一人持ちこたえている。
なんで~!?(ザブングル風)

合唱コンクールの練習の最中なので、特に心配です。
考えてみれば、あんな大口を開けて歌の練習をしていれば、
一発でうつります。
案の定、合唱コンは延期になりました。
時期が時期だけにしょうがありませんが・・・。

昨日、季節風インフルエンザの予防注射の予約をしていた病院から、
電話がありました。
「品薄なのでなくならないうちに、早めにきてください」
まさかの十月に予防接種!!
しかし今学校でインフルエンザA型と診断される人は、新型か季節風かは、
特定していないようなので、
とりあえず早めに打っといて損はないのでしょう。

ここの所、毎週のようにある高校の文化祭見学、説明会には、
ウワッっというくらい人が集まっています。
入口にアルコールやマスクが用意されていたりしますが、
どこに行ってもうつる時はうつるなあと、最近はもうやけくそ達観です。

じたばたしてもしょうがないか。
とりあえず我が家のクローゼットには買いだめしたマスクが山ほどある。
家、学校、人ごみの外出と、場所によって値段(防御の度合い)が
違うマスクを使い分けているのです。

ちなみに娘と私は、子供用か女性用の小さいやつしか使えないので、
見つけたら即買うことにしてある。
この間は、おひとり様3箱限りと書いてあったので、
友人にもう3箱買わせて、譲ってもらった。
受験生の母はこういうところで、けっこう必死なのです。
[PR]
by riro11 | 2009-10-16 23:54 | 苦笑

バス、バス、バス!!

しまったっ!またまた久しぶりになってしまった! 
こんなはずじゃなかったんだけどォ・・・。

さて、もうめっきり秋です。秋の長雨に突入した模様。
とりあえず近況を備忘録として書いておこう。

この秋の我が家の一番のニュースは、家の周りにバスが通ったこと。
この山の上に引っ越してきて、はや二十年を越しましたが、
やっと今頃バスが通るとは。
街自体が老年化してきたってことですかね。
もっとも駅から一周する循環バスで、バス自体もかわいいミニサイズ。
二十人も乗ればいっぱいになってしまいます。

だいたいいくら坂道だって、歩いたところでそんなに時間は変わらない
そんな近いところを、今さらバスが通ったって、わざわざお金を払って乗るか?
しかも一時間に3本という本数。

ーーという皆の疑問を見事に裏切って、なぜかバスは大盛況!
   いつも満員御礼で、日に日に並んで待つ姿も増えてきた。

教訓そのⅠ、人は楽な方、楽な方へと流される


で、私は?というと。実は我が家のまん前にバス停ができたこともあり、
自転車でない時は、時間が合えばつい使ってしまう。

ちなみに下りにはまだ乗っていない。
知った人に会うとすごく恥ずかしいから。近すぎて。

我が家の家族は、珍しいもの好きの夫が、
バス路線開通初日に乗りました。
(子供かっ!)
その後は節約して、なるべく乗らないようにしているらしい。

娘は、塾帰りにちょうどバスの時間が合うので乗せている。
お迎えの手間が省けてラッキー。

息子は・・意地でも乗らない。

More(しかし違うバスには乗る息子)
[PR]
by riro11 | 2009-10-02 18:47 | 歓喜


花が咲こうと咲くまいと、生きていることが花なんだ      (by イノキ)


by riro11

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

通知
爆笑
激奨
風趣
歓喜
嘆息
苦笑
痛快
感涙
DQⅨ
超個人的

以前の記事

2014年 12月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2013年 12月
more...

PROFILE

大学院生男子、大学生女子の母
首都圏在住  

MY SITE
壱番館:
「普通の専業主婦だって、文句があるさ!」

タグ

検索

その他のジャンル

画像一覧