タグ:日常 ( 90 ) タグの人気記事

いつもこんな会話

今日の早朝、食卓には私と長男くんの2人だけ。
2人の半分眠っているようなぼんやりした頭に、
つけっぱなしのTVニュースの言葉が、聞いてもいないのに勝手に入ってくる。

そして私が長男くんに言う。
「『ナスダック』と『アフラック』って似てるよね」
長男くん 「あと『ジャスラック』もね」

親子の絶妙な会話なのだ。

More
[PR]
by riro11 | 2006-12-20 22:49 | 痛快

やっぱり気が強い娘

夕食時、突然娘が「あっ~!!」と言って、いきなり口の中に手を入れた。
口から出したその手には、血が・・・。
そう。小学6年の娘の奥歯は、まだ全部生え変わっていない。
ぐらぐらしていた子供の歯が、今夜最後の衝撃で今にも抜けそう・・・、
でも、抜けそうで抜けない。そんな宙ぶらりんな状態になってしまってる。

私「うわあ・・・。」 ごめん、お母さんは手伝えない。
娘は大きく開けた口の中で、人差し指と親指で、臼歯をガシッとつかんで、
どうやら自分で抜く体勢。

私はというと、隣で顔をあさっての方へそむけ、「が・ん・ば・れ~」と
声だけで小さく応援。
申し訳ないけど見ていられない。

娘は「ぬおおおお~~」という声にならない声を発し、数秒後。
「ぬけた!」

すごい、凄すぎるよ。

思わず目の前で食事中の長男くんを見ると、
「信じられない…」という言葉が顔に張り付いたような、ひきつった表情。
また女性恐怖症への道へ、一歩近づいたようだった。
ちなみに言うまでもなく、長男くんの奥歯(子供の歯)は全部歯医者さんで抜いた。

「えらかったね~」と娘の頭をめちゃくちゃ撫でる。本当に偉いよ。
よく考えてみるとこんな調子で、夕食時に奥歯を自力で抜いたのは、これで3本目。
いつも何にもできずにただ傍観している私。
自分の娘だけど、つい引いてしまう、尊敬の眼差しで見てしまいます。はい。

「麻酔をかけて抜く方が痛いよ」と娘。麻酔の注射の、チクッとする方が痛いらしい。
そうか? まあいいけど。

<おまけ>
[PR]
by riro11 | 2006-12-14 22:38 | 痛快

胃に優しいブログ

一週間前に風邪を引いた。少し熱も出て、今流行のお腹にもきた。
一旦風邪は治ったのだけれど、その後、胃のむかむかと気持ち悪さがなかなか取れない。一日中そんな具合で、まるでつわりのようだ。日一日と弱っていく自分。
小学校の「読み聞かせ」も、どうしても声が出ないのでドタキャンした。
もうこうなったら、イヤでイヤでしょうがない病院に行くしかないかと、決心した今日の朝。

先生の前で、病状を説明する。「あ~、今はやっているノロウイルスがくっついた風邪ですね。もともと弱っていた所で、不調が長引いてるんでしょう。じゃあ、この薬をとりあえず二週間飲んでみて・・・」
(あ~あ、これで終わりか、よかった~) しかし無情にも先生の言葉は続いた。
「良くならなかったら、胃カメラ ね~」
「はあ~~」
(やっぱり、きた!!)

こうくると思ったので、病院に行きたくなかった私。死ぬほど検査が嫌いな私。でもとにかく胃カメラは今日はとらない。いいぞ。
「じゃあ、そういうことで」「はい、どうも・・・」
「ダメだったら、胃カメラ ね~」
(ダメ押しか!!)

でもね先生、わざわざ胃カメラ飲むために、よもや私がもういっぺんこの病院に
足を踏み入れるとでも思っているのですか。いな!
二度と来ませんから。この病院には二度と来ませんから。
意地でも直します。
胃カメラ飲むくらいなら、意志の力で、直しますとも!

*******
ところで。胃が必要以上にダメージを受けたのは、ひとえに長男くんの試験期間と
風邪を引いた時期が一致したためと思われる。
勉強をしろと言いたいが、それを言っちゃおしまいだから決して口に出さずにじっと堪えている人間と、勉強をしなくちゃいけないのは山々なのだが、どうしても机に近よれない人間が、一つ屋根の下にいればお互いに果てしないプレッシャーを感じるのは必然だった。

たとえば昨晩。夕飯後机に向かうも、ふと気がつけば私の隣に立っていて、
話しかけてくる長男くん。
「おれ、明日のテスト、『応用問題』は捨てるよ。だいたい応用問題はあんまり出ないって言っていたからさ」
「はい、はい」 (どうでもいいから好きにして~)←心の声

一時間後。ふと気がつけば私の隣に立っていて、話しかけてくる長男くん。
「おれ、明日のテスト、『補充問題』は捨てるよ。だって、補充はさ、しょせん補充だもん」
「はい、はい」 (どうでもいいから好きにして~)←心の声

そして寝る前に、長男くんの部屋に挨拶に行くと、話しかけてくる長男くん。
「おれ、明日のテスト、『基本問題』  (またかっ。えっ、基本問題?)
・・・・・・
・・・は捨てないけど、あとどれだけ残っているかというと」
ペラペラと残った問題をめくるページが作り出す風は冷たく、何時までも続いて、
思わず震える私。
「どうしよう、おれ、ハハハ」と力なく笑う長男くん。
時すでに夜中の12時。
「あっ、お母さんはまた胃がちょっと・・・具合が悪くなりそうだから。いけない。
すぐ寝なくっちゃ。あとは、どうぞあなたのお好きなように!」
こういう時は、逃げるに限る!!

*******
そういうわけで、せめてブログだけは、胃の調子をなだめるために、
しばらくは面白おかしい事だけ書こうと思うのだ。
幸い薬が効いているのか、この記事を書いているうちに、なんだか楽になってきた感じ。
まさに題名のごとく。
[PR]
by riro11 | 2006-12-11 18:15 | 苦笑

いつのまにか秋になっていました。

b0033169_2341911.jpgb0033169_23412489.jpg

先週ぐらいから急に黄葉や紅葉が進んで、周りの景色が一変してきました。少し前に地域の公園清掃に行きましたが、掃いても掃いても、掃いている先からどんどん落ち葉を落ちてくる。やる気が失せました・・・。
秋と言えば、昨日から我が家は「新米」を食べているのですが、これがもう美味しくて美味しくて! やわらかくて甘くて、本当に「新米」にはおかずは入りません。ご飯だけでなんばいも食べれる。でも子供達には、イマイチこの美味しさがわからないらしい。昨日はお釜に少し残ったご飯を子供達が「もう食べられない!」と言ったので、私が塩むすびにして食べてしまった。ああ、まったく色々な秋があっても、当分の間は食欲の秋・・・になりそう。 
[PR]
by riro11 | 2006-11-29 23:57 | 風趣

悩むのは現在の事だけ

いつも行くヨガプログラム。ヨガのポーズを始める前の、講師から一言講話、今日のテーマは、『悩みは今の事を悩む』でした。

悩み事は、あんまり深刻に悩まない方がいい、気にしないでほっておけばそのうち何とかなるといういいかたもありますが、そんなことはありません。大いに悩んでください。ただ、過去と未来の事では悩まない事。
過去の事を思い悩むと怒りがわいてきます。あの時ああだったとか、あの時もこうだったとか。そして、未来の事を思い悩むと不安がわいてきます。こうなったらどうしよう、ああなったらどうしようとか。
だから悩むのは、今の事だけにしましょう。

ここの所、喪中の葉書きが毎日のように届く。私の関係だけで、もう5枚。自分の親、もしくは伴侶の親の。そういう年回りになったってことです。
知人、友人から聞こえてくる話も、あんまり愉快な話はない。
父親が倒れた、母親が入院している。
高三の息子の三者面談の後に、そのお母さんが倒れてしまった、なんて話も聞いたばかり。そうかと思うと、せっかく家を買って引越そうとした矢先に、ご主人が海外転勤になったとか。

******
今日は、小学生の娘の帰りが遅かった。理由を聞くと、学校の友達関係でトラブルがあったそうだ。クラスに今トラブルメーカーになっている友人がいて、些細な事で泣いたり、誰彼構わず悪口を言ったり、ケンカを売ったりして、何かと情緒不安定らしい。色んな子との間で、毎日なにかしら揉め事があって、今日は娘ともめたらしい。

担任が、別々に2人の話を聞いてくれた。娘は、以前は仲が良かった時もあったけれど、最近はもうその子にはついていけないので、距離を置きたいという。話を聞いていると、もっともな事。私もそう思う。
コタツの中でみかんを食べながら、そんな話を延々と聞く。
娘は相手に泣かれて、自分が悪者にされかけたけれど、先生や友人が分かってくれたのでもう平気だと、今はけろっとしている。若い男の先生だけど、どうしてなかなか人間が出来ている。女の子どうしの揉め事の相談にのるのはさぞや大変な事だろう。

彼女の悩みは、どうやら放課後数十分で解消されたようだ。

そう、まあ、皆だれもが何かしら色々あるのだ。
さて、当面の私の悩みはといえば・・・。
今朝、寝坊したことか。何と間の悪いことに、昨日遅刻した息子に、もう遅刻はするなとお説教をした矢先。7時半に目を覚ますと、息子は幸い起きていて、もう出かける間近。こちらは小さくなって見送るだけです。

目の前の悩みを一つずつ片付ければ、何かが見えてくるでしょう。
さあ、とりあえず明日は、時間通りに起きるぞ!(当たり前か)
[PR]
by riro11 | 2006-11-21 22:50 | 風趣

夫の「エアボ」ならぬ「エア会話」

単身赴任先の夫の家に、やっとインターネットがつながって、待望のSkypeが出来るようになった。私がいない時でも、子供たちだけで立ち上げてつなげ、容易に話すことができる。思った以上に便利で簡単。

ところがこの間、Webカメラも接続し、いざSkypeで話そうとしたところ、姿は見えるが声が聞こえない。で、「聞こえない、聞こえない」と騒いでいると、画面上の夫は、今はやりのエアボーカルさながら、一生懸命口パクをしだす。あいにくこちらには読唇術ができる人間はいないので、何言っているのかさっぱりわからない。

で、通じないとみた夫は、次に、何やら大げさな身振り手振りでジェスチャーをやりだした。その姿はまるで『のだめ』にでてくるミルヒーそっくり。画面の前でみんなで大笑いする。

これもダメとわかると、今度は最後の手段とばかりに、紙に文字を書いてそれをカメラの前に差し出す。まるでTV放送中に差し出すカンペのように。
ええと、なになに・・・。『そっちの声は聞こえている』。あっそっ!

で、しばらくそんな不毛なやり取りを続けた後、いったん切ってもう一度Skypeを最初から立ち上げることにする。しかし再度トライするも、またもや画面上には、口パク夫&ミルヒー&カンペ・・・。
結局最後には、夫のマイクの音が入ってなかったことが判明した。
やれやれ、結局何を話すつもりだったのか。そのままうやむやになったのでした。

******
さて、おまけ。
昨日の『のだめカンタービレ』の放送が始まる直前に手が放せなかった私は、
TVの前の長男くんに台所から、
「のだめ撮っといて!」と叫んだ。もちろん『のだめ』をHDDに録画しておいてという意味だ。しかし「OK!」といい返事をした長男くんは、何と台所に土鍋を持ってきた。
はあ?何で?

「だって、土鍋取ってきて! って言ったでしょ」
・・・。のだめと土鍋…。ギャボー!

何だか、最近の我が家は、皆『のだめ』化している。

注)エアボーカル;アーチストになりきって、曲に合わせて口パクで歌う事。通称「エアボ」
[PR]
by riro11 | 2006-11-07 23:10 | 爆笑

夏風邪

夏風邪をひきました。お腹にくる風邪です。
何年間かぶりに、熱までだして寝込みました。
たぶんブログ始めて以来の事でしょう。

三連休に地域の夏祭りがありました。
我が家は今年役員だったので、前々から準備、当日はもちろん一日中、
そして後片付けと、終わった時はかなり疲れたなあとは、思ったのですが・・・。

翌日の深夜から大変な事になりまして。

それから、三日間。
何といっても気分が悪くて、起き上がれないのです。


そんなこんなで、気がついた時にはいつの間にか、夏休みに突入していました。

今日はようやく起き上がれるようになりました。
いやあ、元気って本当にありがたい。
[PR]
by riro11 | 2006-07-21 22:48 | 風趣

小さな幸せ

小学生の娘は、今朝一泊二日の修学旅行に旅立っていった。

せっかくなので、今日は一日出かけようと目論んでいたら、
朝になって、夫が具合が悪いと言い出した。
まったく、なんて間の悪いこと!
娘が出発する前なので、とりあえず皆で娘を笑顔で送り出す。

その後、夫は会社に連絡して、ふとんにもぐりこんだ。
重病というわけでもなく、ただの風邪か暑気あたりかも。
一日寝ていればよくなる様子なので、私も一旦出かける。
が、予定より早めに帰宅。途中、ツタヤに寄って夫が見たがっていた、
『ALWAYS 三丁目の夕日』のDVDを借りてきた。

夕方から少し調子が良くなった夫と、二人で映画を見る。
舞台は昭和三十年代前半、東京。登場する少年達は、私の長兄とほぼ同世代。
話や写真で見たり聞いたりし、またかすかに記憶に残っている世界。
また夫も少し年少ながら、その時代を覚えている世代だ。

映画の内容もさることながら、二人してその時代を懐かしむ方につい傾く。
「ああ、あんなのあったよね」「そうそう、あの頃はああいう感じだったんだよ」
しばしノスタルジー一色に包まれた。
映画を見終わって、夫が言う。

「あの頃人々は、大きな不幸の中でも、小さな幸せを沢山見つけられたんだな」
うん、うん。夫にしては珍しくいい事を言う。

すると、さしずめ今は、「大きな幸せの中にいるのに人々は気付かず、
わざわざ小さな不幸をひたすら作り出している時代」
なのかもしれない。

最近、毎日のようにニュースで流れる、家族の悲惨な事件。
今と昔、比較してもしかたがないとわかっていながら、ふと考えてしまう。

さて今宵。
いつもにぎやかな娘が一日いないだけで、我が家は何だか不自然でぎこちない。
娘の顔や声が、残像や残響となって家のあちらこちらに漂っている気がする。
恐らく明日には、いっぱいの思い出話をかかえて、娘は元気に帰ってくるし、
夫も会社に行けるだろう。

小さな幸せは、いつも身近なところにあるんだね。
わかっているのだけれど、私達はしょっちゅう忘れてしまうんだ。
[PR]
by riro11 | 2006-07-10 23:57 | 風趣

危険がいっぱい!

ヨガの時間中でした。「瞑想型の腕の運動」というのをやっていた時です。
立ったまま目をつむり、左手のつま先をゆっくりゆっくり頭の上まで上げていく動作の
途中、突然、鉄の塊が天井から落っこちてきたようなものすごい音がしました。
皆がびっくりして、目を開き音のする方向を見ると。
部屋の隅のほうで、女性がまるで一本の棒みたいにまっすぐの姿勢のまま、
仰向けに倒れていたのです。

More
[PR]
by riro11 | 2006-06-06 23:41 | 苦笑

癖がつく

今日借りてきたレンタルDVD(Mr.&Mrs.スミス)を見ていたら、
急に春野菜サラダが食べたくなった。
最近、なぜかアスパラガスが食べたくて食べたくてしょうがない。
アスパラガスと新たまねぎとキャベツとベーコンのサラダを作り、もりもり食べ、
血液をサラサラにしながら続きを見始める。

More
[PR]
by riro11 | 2006-05-13 22:23 | 苦笑


花が咲こうと咲くまいと、生きていることが花なんだ      (by イノキ)


by riro11

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

通知
爆笑
激奨
風趣
歓喜
嘆息
苦笑
痛快
感涙
DQⅨ
超個人的

以前の記事

2014年 12月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2013年 12月
more...

PROFILE

大学院生男子、大学生女子の母
首都圏在住  

MY SITE
壱番館:
「普通の専業主婦だって、文句があるさ!」

タグ

検索

人気ジャンル

画像一覧