タグ:感想 ( 48 ) タグの人気記事

恒例?今年の漢字、我が家の漢字

12月です。師でもないのに、走っている気分です(気持だけ)。
中三の娘の最終成績が出て、三者面談やら志望校決定やら、まあここにきてバタバタとあわただしい日々です。
そんな中、恒例の今年の漢字発表されましたね。
「薬」でも「民」でもなく、「新」でした。

色々新しくなりましたからね、今年は。加えて、後半、猛威をふるった「新」型インフルエンザ。来年はぜひ、この新しい流れが良い方向へ向かって行って欲しいです。

さて、我が家の漢字ですが、まず夫。これはもちろんこれしかない。
「帰」。今年の四月に、予想より半年早く、単身赴任から帰ってきました。2年半なんて終わってみれば、あっという間ですが、その間上の子供は高校を卒業し、下の子は小学生から中学生になり、それももう終わりですからね。そう思うと、やはり長かったのかもしれません。
こちらに帰ってきて、夫はホッとしたのか、食べ過ぎなのか太りすぎています。ダイエット急務!

次に大学生の息子。彼も、もうこれしかないです。「悠」
悠々自適ですね~。まあ、ご勝手にどうぞって感じですか。

そして中三、受験生の娘は、これ、「努」。夏休みから入った、塾の受験クラスは、ものすごくハードでした。でももともとの負けず嫌いにどうやら火がついたようで、いやホントうちの子?と疑うくらい、頑張っています。去年の兄なんかとは、とうてい比較にならないほどに(おいおい!)。まさか自分からTVを消す子が、我が家から出るとは思わなかった!親としては、来年その努力が実ることを祈るだけです。

さて最後に私の漢字になりましたが、なかなか思いつかなかったのですが、しいていえばこれですか。「休」。
なんか色々終わって、ホッとした余韻で一年過ぎて行きましたね。まあ自分の好きなこととか、また始められたり、そんなのんびりした日々でした。ああ、ダイエットも休んだままだァ~。

*毎年、今年の漢字、我が家の漢字を記事にしてくれる「素敵な時間」のerisabettaさんに、今年もTBいたします。
[PR]
by riro11 | 2009-12-13 22:28 | 風趣

のだめとうとう完結!

b0033169_23144940.jpg先月、ちび丸ままさんのところで、のだめの連載が完結すると教えてもらい、びっくりして、すぐ最終回だけ雑誌を買って読みました。それから、まだ一カ月しか経ってないのに、単行本も今回23巻で堂々の完結とは!
最初はマニアックなファン?だけが絶賛していたのだめも、気がつけばすっかりメジャーになりました。今や知らない人がいないほどの人気です。映画、アニメTV、グッズなど関連商品も売れる、売れる!
今回の終わり方は賛否両論、分かれることでしょうが、まあこういう終わり方しかなかったんだよねと自問自答しております。
でも多くの人にクラシックの興味をかきたてたということで、大きな貢献をした漫画です。我が家的にも、音楽やピアノ曲を語る時、いつまでも「のだめにでていたあの曲」という言い方をするんでしょうね。う~ん。
とは言っても、まだまだ番外編で引っ張るみたいですが・・・。
[PR]
by riro11 | 2009-11-29 23:30 | 激奨

ロイヤルクルーズ

b0033169_22184417.jpg
先日、大型客船ロイヤルウイングに乗ってきました。横浜港の大桟橋からベイブリッジをくぐって、東京港にでて戻ってくる約一時間半のクルーズ。そういえば、横浜に長いこと住んでいるのに、こういう観光っぽいのは初めてなんですよね。乗船券をもらったので、せっかくなのでランチをつけて夫と。
b0033169_2221985.jpg

乗船前に大桟橋の展望デッキ、通称「くじらの背中」に行くと、なんとちょうど結婚式が始まるとこでした。美しい新婦が、真っ白い頭の緊張した父親と並んでやってきます。対照的にうれしくてしようがない様子の新郎。何ともほほえましい。
b0033169_2228503.jpg


こんな景色を背景に。横浜にゆかりのある新郎新婦だったのでしょうか。観光客の人々も、温かくこの結婚式を見守っていました。
b0033169_2229205.jpg
飲茶コースのランチを、プチ生演奏を交えたなごやかな雰囲気のもとで終え、まだ時間はたっぷり残っている。デッキに出ました。とても暖かい日でラッキーでした。かもめが次々とやってきて、目の前ぎりぎりに飛んでいきます。
見慣れた景色もまた、船の上からだと臨場感が違いますね。ベイブリッジをくぐるところが圧巻でした。船の旅もこのくらいの時間がいい。世界一周クルーズは私には無理だな。近場で半日の旅気分でした。お土産はくじ引きで当たったロイヤルウイング特製マンゴゼリー。おいしかった!

おまけ
[PR]
by riro11 | 2009-11-11 22:51 | 痛快

ウーマンズトーク

昨日は、つつじさんぶんぶんさんと久しぶりにお会いして、
楽しい時を過ごしました。
お二人は、本当にブログのご近所さんという感じで、
私はヨガ帰りに合流するという気楽さで、ご一緒させてもらいました。
つつじさんの勝手知ったる街で、お勧めのお店に案内され、
(午前中の運動のせいで?)お腹の空いていた私は、
ぱくぱくとランチをたいらげて、大変満足いたしました。

その後ゆっくりできる場所をと、またまた案内された場所は、
まさに穴場中の穴場でした。
空いている店内。あんまり商売熱心ではない店員。安い飲食物。
そこで私たちはガールズトークならぬ、ウーマンズトークを
満喫しました。

大学生の息子が、よく何時間もファミレスで目的なく時間をつぶすことを、
ぐだると言っていましたが、まさにそれ!

まるで大学の学食にいるかのような気軽さで、
つい何時間もぐだってしまいました。

そういえばこの間中学主催の「子育て講演会」で聞いたことを思い出しました。
講演者は、30年間も病院でお仕事をされ、今はスクールカウンセラーを
なさっている一青窈似の美人カウンセラー。
「私はADHDだから話がとっちからってて」と言いつつ、
マシンガンのように、息継ぎをしないで話し続けるこの方のお話は、
ものすごく面白くて、時間中私はげらげら笑いづくめでした。
下手な漫才師顔負けの面白さ!

笑いながら最後まで聞いたところ、要はこういうことを言っていました。
子供の悩み、日々の生活の悩みなど、
悩みそれ事態は全然解決しないけど、
そうだね大変だね私もそうよと
言いあう人がいて、言い合うことができるから、
それでなんとか私も明日からやっていける。
みなさんもそんな風に力を抜いてやっていきましょう。


この日はまさに、これを実践したかのようでした。
私の最近のmyブームもお二人にお知らせできたり、
おいしいお菓子をお土産にいただいたり、
満足の一日となりました。

ううむ、これから息子のぐだりに、かなく甘くなりそうだなあ・・・。
[PR]
by riro11 | 2009-09-15 23:21 | 痛快

最近はまっているもの

あ~、終わってました、終わってました。夏休み!!
全国に2期制も広まっているこのごろ。
学校によって始まる時期もばらばらだから、
どうもすっきりとは行きませんね。

娘の中学は8月28日から始まりまりました。
そしてすぐに期末試験突入!
なんだか~。

そして、まだまだ夏休みの暇を持て余したチャララ大学生は、
9月1日に自動車教習所へ入校しました。
これもまたなんだか~。
(彼の運転免許取得の様子はまた別の所で・・・)

さて、私がこの夏ハマッテいたものですが、
月並みなのですが、それは「海外ドラマ」です。
(あのシーズンいくつとか延々とあって、TS●TAYAのスペースを
やたら占めているあれね)

これの「HEROES/ヒーローズ」にハマッちゃいましたよ。
まあシリーズⅠ、Ⅱとも8月いっぱい1週間半額という、
TS●TAYAの陰謀サービスにまんまと陥ったわけですが、
とにかくかっこいい登場人物!(これが一番?)
次から次へと謎が浮上し、つながっていくストーリー展開!
多彩な登場人物のどろどろの人間模様(親子、男女、家族)!
止められない止まらない!
初めて韓流ドラマにはまる人たちの気持が理解できました。

1か月で、シーズンⅠ、Ⅱ合わせてDVD17枚34話見ました。
しかも何回も見返したりして。
家にいるから・・・チャララ大学生男子も一緒に、
超忙しい受験生女子も、気がつけば一緒に。

せっかくなので吹き替えなしで見ていましたが、
さすがにこれだけ見れば、少しはセリフも英語で聞き取れるように
なるかなと期待しました。
が・・。
「ピーラー!」の呼び声が「Peter!」だとわかるようになったのが、
一番の収穫かも。
そして私は一念発起し、字幕なしでもすむように、
いきなりDS「英語漬け」を再勉強し始めたのです。
目的があるというのは強いです。今回は最後までやり遂げられそうです。

さて8月も終わって、やっと我が家のTVは正常に使われ始めたと思いきや。
・・・・・・しかし!!
9月18日から、シーズン3の貸出しが始まるのです。
5連休の過ごし方はすでに決定いたしました。
めでたし、めでたし。

More(おまけ)
[PR]
by riro11 | 2009-09-09 18:36 | 痛快

やっぱり買ってしまった!!

b0033169_227241.jpg3月発売が延期になった時点で、ガクッとモチベーションが下がったのと、DSの小さい画面でDQっていうのがいまいち不安だったし。逆にⅧの時はやけに大画面で、しかも3Dに酔ってやりづらさ感が残って。だいたいね、私たちのようなⅠからのゲーマーは、今やもう当然中高年になっているわけだから、見やすさ、操作しやすさを最優先して欲しいのよ。(切実な願い!)
加えてama●onの価格設定が高すぎる! しかも予約の値段、値上がってるし! ・・・で、まあ当日になってから買うの考えようかなあ、なんてちょっとひねくれていました。
今日、一応(一応ね)K百貨店内のヨド●シに、とりあえずって感じで行ってみると・・・。
超大々的に売り出してる~! しかも予想外の長蛇の列! 人間とは悲しいもので、煽られました。行列って、そそられる。気が付いていたら、私、並んでいました。まあポイントで買えるし、ama●onよりも安かったし、ね。(別に言い訳しなくても・・・)
写真は、おまけのうちわ。これかわいいよ~!
で、実際やってみると、やっぱり老眼気味の私にはかなり見づらい。この先、どこまで続くか分からないが、今後、DQ高齢者バージョンの発売を切に望む!
後日談。
夜、大学から帰宅した長男くん。うちわを目ざとく発見して一言。「あっ、買ったんだ。オレの友達、オレが午後に学校に行ったら、もうレベル8になってたよ」
それはね、若いからよ。若さってホントいいね。もう第二世代なのかDQも・・・。
[PR]
by riro11 | 2009-07-11 22:38 | DQⅨ

お月さま おねがい あのこかえして

夜中にとったTVの録画を見ている。
N■Kが放送した追悼番組。
 
キヨシローの唄は、
もうちょっとで思い出しそうなのに、
だけどどうしても思い出せなくて、
でもせつない気持ちだけを覚えている。
そんな夢に、よく似ている。

キヨシローの唄は、
ずっと会えなかった懐かしい人に、やっと会えたのに、
なぜか悲しい気持ちでいっぱいの、
明け方に見るそんな夢に、よく似ていた。


あの細くて小さい体のどこから、
エネルギーに満ちた独特の哀愁の唄声が
湧き出てくるのか、ずっと不思議だった。

たぶんあれは喉からではなく、魂から出ていたのだ。

彼のバラードが好きだった。
バラードの中に出てくる、夜とお月様が好きだった。

自由を憧れさせてくれた、彼のロックが好きだった。

青春時代を彩ってくれた、数々の唄とメッセージをありがとう。


合掌
[PR]
by riro11 | 2009-05-11 16:18 | 感涙

卒業式終わりました

前日まで降り続いた雨が、朝にはすっかり晴れ上がり、
その日長男の卒業式が行われました。

高校の卒業式は初めてでしたが,
今まで列席した小中のどれに比べても、
一番簡素でしたが、一番心のこもった式に感じました。

受験の結果を待つ子供がまだ多いことからか、
どちらかといえば地味すぎるほど地味な式でしたが、
ただ親や先生方の静かな喜びと安堵が、式の随所に伝わってきました。

在校生、卒業生の送辞や答辞には、うならせられました。
自分の気持ちを、こんな風な言葉で表す事ができる生徒達。
ただただ感心するばかりでした。

PTA会長の祝辞は、会長の前にただ一母の思いが感じられ、
ここで多くの母たちは涙しましたね。
(一番祝辞がへただったのは校長という噂も・・・)

最後に、音楽選択の生徒達が作詞・作曲をした卒業の歌を
卒業生全員が混声合唱で見事に歌い上げました。
これって確か、練習は前日しかなかったはず。
昨日の今日でここまで素晴らしいできばえで、披露してくれるなんて。

色々な面で、この学校の生徒でいることの大変さを、
今更のように感じながら、ちょっと複雑な思いではありましたが、
それでも何とか立派に卒業のこの日を迎えたわが子のことを思うと、
また泣けてくるのでした。

卒業生を送り出した後、学年の先生が仰っていた事が、
心に沁みました。
この学年は何一つ問題行動のない学年でした。
受験間近になっても、先生方の心配をよそに、
みんな毎日明るく学校に来て、一日過していました。
その姿に先生方は逆に生徒達から色々教わりましたと。
そう仰って頂きました。

長男の様子を見ていても確かに、それはわかります。
彼がどんなに遅刻が多くても、3年間に学校を欠席した日が
ほとんどなかったのは、きっと友達達のおかげでしょう。
おだやかで気持ちの良い子が多かった。

式の帰り、どうしても行って見たい所がありました。
乗り換え駅の近くにある、長男がいつも学校帰りに
寄ると言っていたうどん屋です。
学校へ行くのが嫌な時も、帰りにあのうどん屋に寄るのだけを楽しみに
何とか重い足を引きずって出かけていったと、
いつか話してくれました。

どんな可愛い子が働いているのかと思いきや、
中にいたのは、私ぐらいの年配の女性ばかりでした。
格安だけど、あつあつのうどんは、
確かに心と体を暖めてくれました。
[PR]
by riro11 | 2009-03-08 23:57 | 風趣

箱根旅行続き~元祖王子さまの館

私の知らないうちに箱根に"星の王子さまミュージアム”なんてものができていました。
b0033169_1437944.jpg


b0033169_14364958.jpg観光地にある”~館”は、けっこうがっかりさせられるものが多いので、正直それほど期待しませんでした。しかし、ここは一味も二味も違いました。ここなら星の王子さまマニアにもじゅうぶん満足できます。そんな場所です。
館内、屋外、いたるところに、星の王子さま&サン=テグジュペリの世界が広がっていました。

b0033169_14385897.jpg

b0033169_15224067.jpgサン=テ グジュペリのすべてが、写真と自筆の書簡などとともに詳細に表された展示スペース。彼の一生が映像で流される映像ホール。細かい所の演出が行き届いて、ファンにはうれしい。
では、そしてやはり一番心を奪われたのは、彼の故郷のプロヴァバンスの街並みが再現され、彼の生きていた時代の風景を味わえた事。建物の街並みのあちらこちらに、星の王子さまゆかりの物や登場人物が配置され、うれしい演出でした。

b0033169_14391523.jpg 私はもちろん長年のファンです。解説本も何冊か読みました。でもけっきょくこの本の意味するところは、未だにはっきりとはわからない。読む人それぞれ、読む年代それぞれに、色々なことを考えさせられる本です。それでも今回このミュージアムを訪れて分かった事は、星の王子さまという本は、サン=テグジュペリの経験した色々な事柄が基になって作られたという事。それがわかっただけで収穫でした。
ちなみに夫も日本語版と英語版(高校の副読本)で2回読んで、2回とも最後で泣いた人です。
私と違って、最後の場面がすっと心に入ってきたそうです。ウウム・・・。

[PR]
by riro11 | 2008-08-16 15:29 | 歓喜

同窓会、同窓会!!

やっぱり年代なのでしょうか。同窓会づいています。
子供の手が離れる時は、同年代だとやっぱり同時期なわけです。
それがひょっとして今年??

ちなみに下の子が小学校高学年以上、上に兄、姉がいる。
↑この条件で、母親の夜遊びほぼ99㌫クリアですね。

そんなわけで昨日は、大学時代の某サークル仲間と、
またもや二十ウン年ぶりの再会となりました。

久しぶりの東京の街は、何しろ色々変わってるし、
人が波打つほど多いし。
待ち合わせ場所に行くまでで、エネルギーをかなり消費しました。

久々に会うメンバーは、またもや女性は変わらず、男性は少々くたびれ…。
で、あっという間に無礼講。
このメンバーでは私も飲めないお酒を飲んでも、全然大丈夫なわけで。
例のカシス系を片手に、飲み放題の酒席で善戦しましたとも!

同年代というわけで、子供の年齢もほぼ同年齢。
それぞれに、それぞれの子育ての苦労は、
昼間真面目に話せばもしかしたらかなりシビアな話も、
酒の肴にし、明るく笑い飛ばしていけば、結果オーライ。
あんな話もこんな話も、どうってことなく思えてくるから、
あ~ら不思議。

二十ウン年前の女子学生が、一見、涼しい顔でさらりと乗り越えた年月、
もしかしてけっこう頑張ったかも。
それなりにみんなを大人にしていました。
でも核の所は全然変わっていないし、丸くもならない所がさすが!?

あっというまに時間が経っていましたね。
生きているだけで、丸儲け。
さんまの言葉じゃないけど、そんな言葉が実感です。
今年あたりから、人生折り返し地点なのかな。

これからはきっともっと頻繁に会えるでしょう。そろそろ肩の力を抜いてもいい。
そんな時間が来たっていうことですね。

全然酔った気がしなかった私も、家までの時間が異様に早く感じたのは、
かなり酔っ払っていたようで。家についても久々の酔い=ハイテンションでした。

翌朝、胃が微妙に痛んだし・・・。でもまあいっか。

(この文章も微妙に変なテンション?酔っ払いの影響か…)
[PR]
by riro11 | 2008-07-17 22:50 | 痛快


花が咲こうと咲くまいと、生きていることが花なんだ      (by イノキ)


by riro11

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

通知
爆笑
激奨
風趣
歓喜
嘆息
苦笑
痛快
感涙
DQⅨ
超個人的

以前の記事

2014年 12月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2013年 12月
more...

PROFILE

大学院生男子、大学生女子の母
首都圏在住  

MY SITE
壱番館:
「普通の専業主婦だって、文句があるさ!」

タグ

検索

その他のジャンル

画像一覧