タグ:小学生 ( 5 ) タグの人気記事

卒業

昨日、娘は無事小学校を卒業しました。b0033169_23522138.jpg

兄と同時期に小学校に通っていたこともあるせいなのか。
二人目というのは、とにかく「あっ」という間でしたね。
しかも女の子は、1年生でもかなりしっかりしているもので、
学校の様子も話してくれるし、時間割もじきに自分でそろえられるようになるし、
長男くんの時と比べると、もう1.5倍速の成長ぶりで、私も随分手が抜け楽ができました。

6年間は、本当に平穏に過ぎて行き、親の出る幕もほとんどなかったし、
娘は毎日学校へ行くのを楽しみにしていて、
その上幸いにも、給食もとっても楽しみにしていました。

いつからか、女子がおかわりするのは恥ずかしいと言い出す年頃となり、
食べ足りなくても我慢して、「お腹空いたあ」と帰って来る時もありました。
そんな娘も卒業間際には、もういいやと開き直って、
男子と一緒におかわりの列に毎日並んでいたそうです。
給食も、小学校で最後となります。
娘の小学校の思い出に、「給食」は大きなウエイトを占めていることでしょう。

ところで。
卒業式は、泣けませんでした。感傷的になるよりも、これで2人終わったという
肩の荷が下りた安堵感の方が強かったみたいで。
ここまで娘が何事もなく育ってくれたことがただありがたくて泣けません。

本当に悲しくなったのは、翌日のお別れ会でした。
一年間、若い男性担任は、仲間関係が複雑になり、生意気になる六年生に、
実に辛抱強く、冷静に接してくれました。
昨日の卒業式では見せなかった涙。お別れ会で皆の歌を聴きながら、
担任は鼻の頭を真っ赤にしていました。

その先生の涙を見て、私は昨日娘が先生に書いていた手紙の文面を思い出しました。
沢山先生と話をした事、励ましてもらった事、ふざけあった事が綴られ、
最高の一年、最高の先生だったと、娘が思っていることを知りました。
うれしさとともに改めて、先生への感謝の気持ちがこみ上げてきます。
その先生の教師暦はたった3年。良い先生に経験はあまり関係ないのですね。
ただ生徒と本気で向き合おうと腹をくくった教師は、とにかく最強なのかもしれません。

彼岸を過ぎて、今度こそ少しずつ暖かくなってきています。
今年の桜は、中学の入学式にまだ咲いているでしょうか。
[PR]
by riro11 | 2007-03-21 23:55 | 風趣

「今年の目標」」と「アンパンマン体操」の歌

娘の小学校卒表まで、あと二十日とちょっと。
昨日で、最後の学習発表会と懇談会も終わり、もうそろそろカウントダウンに
入ってきた。

プリント類も少しずつ返却されていくそんな時期、娘が『今年の目標』という
表題のあるプリントを持って帰ってきた。
今年の最初の授業に書いたらしい。へえ、どれどれ。
置いたあったプリントを手にとって眺める。

「生活」の欄には、“時間を守る、早寝早起きを守る”と記してある。
うん、本人にも守れてないのは分かっているようだ。

次の「勉強」の欄には、“家でも少しは勉強をする”とか殊勝なことが書いてある。
そして最後になって、「その他」の欄にきた。“忙しくてもピアノの練習をする”と
書いてある。どうやら毎日忙しいらしい。

その次に来て、私の視線は止まった。

そこにはこう書いてあった。

More
[PR]
by riro11 | 2007-02-20 23:06 | 風趣

もうすぐ小学生の母を卒業。

あと数ヶ月で下の娘も小学生を終える。
最近は、6年生ぐらいになると、体も心もかなり大人っぽくなって
「どうみても小学生じゃないでしょう!」と、
恐ろしくランドセルが不似合いで、不憫な子もかなりいる。
そういう子たちは早く中学生になってくれないと、
何だか周りの大人は落ち着かないのだ。

娘も夏休みを過ぎて急に大人びてきたらしく、会う人、会う人に驚かれる。
中学に行けば、環境がそうさせるのか、女の子はどんどん大人へ
まっしぐらなのだろうね。
せめて、TVに出てくる“コギャル?”のようなわけのわからないモノに
ならないことを祈るのみだ。

まあ幸いな事に4、50分かけて歩いていく中学校は、かなり辺鄙な所にあるので、
(近くでホタルが見れる)、寄り道したくてもな~んにもないのである。
コンビニが何軒かあるけれど、それも帰宅途中に寄ってはいけない。
毎日の生活はいたってシンプル。
そして自由な校風で制服もないというのに、女子は“なんちゃって制服”
(制服もどきの服装)で行く子がほとんどで、これまた地味らしい。
いざ、どんな服を着てもよろしいとなると、逆に制服が着たくなるのが人情なのか。
そういえばお兄ちゃんは、中3の一年間は学ランだった・・・。

先週末に、中学の入学説明会に行ってきた。二人目だとさすがに余裕である。
小学校の大半はここの中学に来るうえ、お兄ちゃんとも同級生という人も多く、
お母さん達のほとんどが顔見知りで、早くも何だかリラックスかつアットホーム
なムードが漂っているのである。

子供達は歩きでしか通えないが、お母さん達はバイクや自転車でやってくる人も多い。
私はもちろん自転車で。
帰りは同じ方向の人が5、6人、一緒にツーリング状態で帰った。
坂の上の住人が全員、電動アシスト付きの自転車だったのが笑えた。
しかもこれからの中学校生活に備えたのか、昨日買ったばかりの人もいた。
よろよろと乗っている友人に「大丈夫?」と声を掛けながら、
私の子育て最後の“中学生の母”生活も、こうしてゆっくりとスタートを切った。
そして、ここである重大な事を思い出し、急に青ざめた私。

「そうだ、春からお弁当二人分だ!」
新たな戦い?が始まるよ・・・。
[PR]
by riro11 | 2007-02-13 23:00 | 風趣

今日は小学生、夏休み最後の日なり。

b0033169_2271565.jpg
これは私の心の叫び(歓喜)ではなく、昨日行われた地元の花火大会のひとコマです。小学生は明日から学校が始まります。長かったような、短かったような。実際は例年より数日短かったかもしれません。そのせいか(違うかもしれないが)、今年は宿題がまさに追いこみ状態。自由研究は明日に間に合いそうもないので、あっさり諦めました。この写真の花火のように、美しく燃え尽きました・・・。やっぱり、子どもも二人目となると万事いい加減、大きな心で見守る事ができるようになりますね。いいことです!(たぶん)
b0033169_22192551.jpg
b0033169_22161014.jpg今年も色々な変わり花火があがりました。ドラえもん風やキティちゃん風。
これは、土星でしょうか。珍しくシャッターチャンスがばっちりあった、貴重な一枚でした。
家で留守番の長男が、花火の音がうるさかったと言っていたが、振動で窓ガラスが揺れたというのは、どうも嘘くさいと思った。
[PR]
by riro11 | 2006-08-27 22:30 | 風趣

娘と読書感想文

夏休みも終盤。もうすでに学校が始まっている地域もあるそうですが、まだの所は、お子さんの宿題も佳境に入っていることと、お見舞い申し上げます、お察しいたします。

というわけで、我が家も先週後半は、小学生の娘が読書感想文に取り組む。
さて課題の本ですが、今まで読む本を私が薦めるという事はほとんどなく、子どもに勝手に好きな本を選ばせていた。いくら人に薦められても自分の興味のない本って、絶対読めないからね(これは経験談)。

ところで少し前に私が森絵都さんの本に興味を持って、色々探していたところ、彼女のデビュー作の『リズム』という本を、娘が友達に「いい本だから読んでみて!」といわれ借りて読んでいたという事が判明。
この偶然にびっくりして、私もさっそく読もうと思い、青い鳥文庫で出ていたその本を購入。本の題名じゃないけど、この人の文章は本当にテンポとリズムがいい。デビュー作からそれは変わらない。
そして珍しく「この人の本をもっと読みたい!」と娘が言う。
なんと、私が好きな本を娘と共有する日がくるとは。感無量。

で次に『宇宙のみなしご』(フォア文庫)を購入。娘は「こっちの方がよかった!」と感激して、感想文はこれにすると言い出す。主人公は中学二年生の女の子。学校生活、友人関係に傷つき悩みながらも、成長していくお話だ。
私もさっそく読んでみたが、なるほど。私もこっちの方が気にいった。娘も感想を漏らしていたが「主人公が強い」。しかも前向き。決してあきらめない。魅力的で、勇気づけられる。
のちの『つきのふね』に通じるところがあちこちに垣間見えた作品だった。

さて、書きあがったばかりの娘の下書きを読んだ。中学生の人間関係が、けっこう複雑で大変そうで心配だと感じたそうだ。この本は、そういった点で勉強になるとも。
こういう現実的な感想もあるんだ、とちょっと私も勉強になりました。

ところで、森絵都さんの大人向けの作品『永遠の出口』(集英社文庫)も読んだのですが、その中にある「第二章 黒い魔法とコッペパン」は、あのTVで大ヒットした『女王の教室』のモチーフ、はたまた原型だと確信しました。ディテールがそっくり。脚本家の人は、きっとあの本を読んでインスパイアされたのかなあ、とちょっとかんぐりました。
[PR]
by riro11 | 2006-08-26 12:32 | 風趣


花が咲こうと咲くまいと、生きていることが花なんだ      (by イノキ)


by riro11

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

通知
爆笑
激奨
風趣
歓喜
嘆息
苦笑
痛快
感涙
DQⅨ
超個人的

以前の記事

2014年 12月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2013年 12月
more...

PROFILE

大学院生男子、大学生女子の母
首都圏在住  

MY SITE
壱番館:
「普通の専業主婦だって、文句があるさ!」

タグ

検索

その他のジャンル

画像一覧