タグ:健康 ( 39 ) タグの人気記事

胃カメラを飲む!(続き2)

実はこの後の事は、自分ではっきり感じていたことなのか、
それとも想像だったのか、よくわからない。
きっと“頭がぼおっとなる注射”が絶妙のバランスで、私をぼおっとさせていたらしい。

*******
初めに、何かが喉の奥にガンガン入ってくる感触はわかったが、不思議と、
「怖いなあ」とか「止めてくれえ」とは思わなかった。ただ、その感触だけ感じていた。

そのうち、そのままの状態でいるのが我慢できなくて、「オエッ」という喉の反射が
何回か起きたが、それは単純に反射のみで、気持ち悪いという感じではなかった。
ただ、こんなに反射して(異物を撥ね返して)胃カメラは押し戻されはしないか、
ちゃんと中に入っているのかと、そんなことを心配していた。

ぐいぐいっと奥までカメラが行き着いたという感じの後、フ~ッと胃の中が
膨らんだ感じがして、ちょっとホッとした。その後も1、2回反射は起きたが、
カメラは今どこにあるんだろう、まだ奥に進むのかなあと思っていたら、
もう抜かれているところだった。

「はい、おしまいです」という看護士さんの言葉とともに、ベッドから下ろされた私。
両脇に1人ずつ看護士さんがいて、手を貸してくれた。
だけど自分では、まったく正気だったし、舌の痺れもその時はもう直っていた。
まだ喉が痺れているかもしれないので、つばを呑みこまないようにと言われ、
どちらかというと、それに神経を使った。

別室で1時間休む。特に眠いわけでも、気分が悪いわけでもなかった。
「ああ~、やっと終わった~」と安堵の気持ちを、じっくり噛みしめていた。
実際に胃カメラが入っていたのは、3分ぐらいだったかもしれない。
あっという間の出来事という感じだった。
いったい、いつ頭がぼおっとしたのか、半信半疑だったが、
胃カメラを飲んでいる最中に、必要以上の恐怖心や苦しみを感じなかったのが、
効いている証拠だったのかもしれないと、後になって思った。

(3に続く)
[PR]
by riro11 | 2007-01-20 17:43 | 風趣

胃カメラを飲む!(続き1)

去年の終わりから続いている胃のあたりの不快感が、完全には消えぬまま
新年を迎える。
約一ヶ月近く飲み続けた薬が切れるので病院に行き、そしてそこでとうとう
胃カメラの予約を入れた。
胃じたいの不快感は、薬を飲むうちになくなってはいたものの、
時々感じる胸(心臓)の痛みと、のどのつかえ感が気になっていた。
どれも初めて感じるものだけに不安なのだ。

医者はそれなら胃カメラが一番はっきりわかると言うので、
(わかりました。受けますよ。でもだったら最大限苦しまないようにやってくださいね)と
口には出さず、態度と目力で脅してアピールして、泣く泣く承諾して帰ってきたのだ。
しかも、帰る前に突然採血もされた。

*******
さて当日の朝は、誰がどうみても憂鬱そうな顔をしていたのだろう。
娘が「ママ、本当にいやなんだね~」と心の底からそう言った。

だから、いやだって何度も言ってるじゃない!

逃げ出したい気持ちをどうにか押しとどめ足を運び、気がつけば時間通りに、
病院の待合室にいた。
看護士さんは美人で優しそうだった。だから?つい思ったままの事を打ち明けた。
「あの、一番苦しくない方法で…お願いします。できれば麻酔とかあれば・・・」
「ああ、はい、わかりました。少し頭がぼおっとなる注射をしますけど、終わった後、
休んでいく時間はありますか」
「はい、大丈夫です。全然、それはまったく大丈夫です!!」ここぞと強調する私。
(しかし後から考えれば、その事は病院側は事前に折込み済みのことだったのかも
しれない...)

その後、準備が始まる。まず着替えてから、黄色い液体を少し飲む。
(美味しくないがこれは全然OK)
次に水飴のような液体を、喉の奥に5分間飲まずに留めておく。
(けっこう難しい。終わりの方は辛くなる。)
これは喉の奥を痺れさすらしいが、最初に舌の上にこぼれて、舌が一番先に痺れた。

その後、痺れて回らぬ口のまま、ベッドの上に横向きに寝る。
胃カメラ専任の医師がやってきて挨拶し、約束通り?静脈注射(たぶんこれが
頭がぼおっとする注射)をする。
そして口にマウスピースみたいのを噛めば、さあ、いよいよ胃カメラだ・・・!

(2へと続く)
[PR]
by riro11 | 2007-01-19 22:23 | 風趣

胃カメラを飲む!

こんなことも言ってられないと思い、予約をとり、
決死の覚悟で行ってきました。

終わってみれば・・・・・・、

More
[PR]
by riro11 | 2007-01-18 14:28 | 風趣

中間報告そして~納豆はいずこ

これの中間報告をします。

まず体重は、誤差範囲内で、あまり変化なし。
変化があったといえば、
便通が快調になったことと、お肌がつるつるになっていること。
この二つは、わりとすぐ効果あり。日々実感できてます。
今までの感想は。
納豆は20分放置すると、食べづらくなりますね…。
あと、時間をおいて2回に分けて食べるのも、案外と大変です。
まあ、納豆ってそんなに毎日食べられないものだという事が、判明。
(大好き!という人以外は・・・)

*******
ところで。
先週の月曜日以来、納豆の流通が厳しくなっています。
週の前半は、まだそうでもなかったのですが、中盤から後半はすごい!
土、日は大手のスーパーの、かなり広い納豆コーナーにも、1個もありませんでした。
(北九州市でもそうだったと夫から報告あり。全国的な広がりか)。

近所の小さなスーパーには、いつも残っていたというのに、
今日は、コーナー自体消滅してました。
レジのおばさんに「納豆はいつ入りますか?」と聞いたら、
「明日には入るけど、数が少なくって、しかもすぐ売り切れるから・・・」と言っていました。
しかも、「TVで2回もやったからね」と。
「『あるある』でやってましたよね」と私。するとおばさんは、
そこで重大なヒントを告げた。
「そのあと、お昼の番組でもやったのよ。ほら、み●●●たで!」

あっ!そうだったのかっ!! それじゃあ、ダメだ。当分納豆は全滅の予感。

「でも、すぐみんな飽きるから。少し待てば大丈夫よ」
レジのおばさんの意見は正しい。しかし、我が家の納豆の買いだめは明日の分まで。
明日買えなかったら、この体験レポートは中止だ!

うらめしや、み●●●た!!
[PR]
by riro11 | 2007-01-14 22:17 | 風趣

2週間で3キロ!

皆さん、昨日の『あるある…』見ましたか?
もちろん、私は見ました。

お正月が終わった今現在、怖くて体重計に乗れません。
いや乗りたくありません。それは、私だけ?・・・。

今年は例年に増して、ご馳走三昧というか、食べに食べていたお正月でした。
さあ、だから今日から気持ちを引き締めなくちゃ。さっそくジムにも行ってきましたが、
なんかヨロヨロする。帰る頃には腰が痛いし。

昨日の『あるある・・・』は、まさにタイムリー。
いつもながら、視聴者のニーズをしっかり掴んでいる。
しかも、これなら、今度は、きっとできると思わせる。確かに思いました。

忘れないように書いておきます。簡単です。
運動はしない。いつもと食べる量は変わらない。

あるものを毎日食べ続けるだけで、痩せるそうです。
2週間で3キロも!
(被験者は皆3キロ前後痩せていた)

そのあるものとは、納豆 納豆を食べるだけ。

これならできるぞ~♪
さあ、さっそく皆で今日からトライ!!

☆納豆で痩せる3原則☆

   ●毎日、2パック食べる (一日70g)

   ●朝、晩、2回に分けて食べる (一回、1パック)

   ●よく混ぜて、20分放置する (その後、食べる)


[PR]
by riro11 | 2007-01-08 22:45 | 激奨

胃に優しいブログ

一週間前に風邪を引いた。少し熱も出て、今流行のお腹にもきた。
一旦風邪は治ったのだけれど、その後、胃のむかむかと気持ち悪さがなかなか取れない。一日中そんな具合で、まるでつわりのようだ。日一日と弱っていく自分。
小学校の「読み聞かせ」も、どうしても声が出ないのでドタキャンした。
もうこうなったら、イヤでイヤでしょうがない病院に行くしかないかと、決心した今日の朝。

先生の前で、病状を説明する。「あ~、今はやっているノロウイルスがくっついた風邪ですね。もともと弱っていた所で、不調が長引いてるんでしょう。じゃあ、この薬をとりあえず二週間飲んでみて・・・」
(あ~あ、これで終わりか、よかった~) しかし無情にも先生の言葉は続いた。
「良くならなかったら、胃カメラ ね~」
「はあ~~」
(やっぱり、きた!!)

こうくると思ったので、病院に行きたくなかった私。死ぬほど検査が嫌いな私。でもとにかく胃カメラは今日はとらない。いいぞ。
「じゃあ、そういうことで」「はい、どうも・・・」
「ダメだったら、胃カメラ ね~」
(ダメ押しか!!)

でもね先生、わざわざ胃カメラ飲むために、よもや私がもういっぺんこの病院に
足を踏み入れるとでも思っているのですか。いな!
二度と来ませんから。この病院には二度と来ませんから。
意地でも直します。
胃カメラ飲むくらいなら、意志の力で、直しますとも!

*******
ところで。胃が必要以上にダメージを受けたのは、ひとえに長男くんの試験期間と
風邪を引いた時期が一致したためと思われる。
勉強をしろと言いたいが、それを言っちゃおしまいだから決して口に出さずにじっと堪えている人間と、勉強をしなくちゃいけないのは山々なのだが、どうしても机に近よれない人間が、一つ屋根の下にいればお互いに果てしないプレッシャーを感じるのは必然だった。

たとえば昨晩。夕飯後机に向かうも、ふと気がつけば私の隣に立っていて、
話しかけてくる長男くん。
「おれ、明日のテスト、『応用問題』は捨てるよ。だいたい応用問題はあんまり出ないって言っていたからさ」
「はい、はい」 (どうでもいいから好きにして~)←心の声

一時間後。ふと気がつけば私の隣に立っていて、話しかけてくる長男くん。
「おれ、明日のテスト、『補充問題』は捨てるよ。だって、補充はさ、しょせん補充だもん」
「はい、はい」 (どうでもいいから好きにして~)←心の声

そして寝る前に、長男くんの部屋に挨拶に行くと、話しかけてくる長男くん。
「おれ、明日のテスト、『基本問題』  (またかっ。えっ、基本問題?)
・・・・・・
・・・は捨てないけど、あとどれだけ残っているかというと」
ペラペラと残った問題をめくるページが作り出す風は冷たく、何時までも続いて、
思わず震える私。
「どうしよう、おれ、ハハハ」と力なく笑う長男くん。
時すでに夜中の12時。
「あっ、お母さんはまた胃がちょっと・・・具合が悪くなりそうだから。いけない。
すぐ寝なくっちゃ。あとは、どうぞあなたのお好きなように!」
こういう時は、逃げるに限る!!

*******
そういうわけで、せめてブログだけは、胃の調子をなだめるために、
しばらくは面白おかしい事だけ書こうと思うのだ。
幸い薬が効いているのか、この記事を書いているうちに、なんだか楽になってきた感じ。
まさに題名のごとく。
[PR]
by riro11 | 2006-12-11 18:15 | 苦笑

ダイエットの良きコーチング

事の発端は、先日の小学校の参観・懇談会の日でした。
帰り際に知り合いに会い、十キロダイエットに成功したという話を聞く。
今年度は子供のクラスが違うので、そういえば会うのも久しぶりだったけど、
よくよく見ると確かに痩せている!(しかし見た目、激やせというほどでもない)。
「えっ、どうやって痩せたの?」と聞いているうちに、
一人、二人とギャラリーは増えていき、校門前は軽い人だかりができる。
お金は一円もかかっていないという事で、皆、よけいに興味深々。
なんとまあ、有意義な参観日になりましたことよ。
「ダイエット本は、シロウトの体験談でも売れる!」と私は確信しましたね。

ところで、その彼女のダイエット法とは?

More
[PR]
by riro11 | 2006-07-06 22:53 | 風趣

近況

暑いですね。ここ最近、めっきり暑くなってバテバテです。
我慢できなくなって、我が家の人口が増える夜だけ、冷房のドライをかけてます。
そんな所に「熱い」話で恐縮ですが。

友人に誘われて、「米ぬか酵素風呂」なるものを体験してきました。
今週は雑事に忙殺されていたのですが、このものすごくそそられる名前に、
ついふらふらと・・・。
巷には、変わり風呂が次々と出現しています。岩盤浴はもう古い。
溶岩浴なんてものもあるそうです。そして、今度は「米ぬか酵素風呂」。

「米ぬか酵素風呂」とは一口にいえば、指宿温泉の砂蒸し風呂の砂の代わりに、
自然発酵した温かい米ぬかを、体にかけると思ってください。
岩盤浴で自分が石焼いもになったような気分になるのなら、
これはさしづめヌカ付けのキュウリの気分でしょうか。
効能は、体を暖め、新陳代謝を活発にし、美容と健康促進だそうです。

広めの棺おけ?のようなヒノキの箱風呂にぎっしりつまった米ぬか。
そこに顔だけだして、米ぬかの中に埋められるように入ります。
体験だったので短めで、十分間入りました。
米ぬかをかけ始めてすぐ体中ほっかほか。暖まったなあなんて思っているうちに、
そのうち暑くて暑くて、ふぅ~ふぅ~・・・。
あっという間の十分でしたが、シャワーで洗い流してからも、全然汗がひかない。
確かに暑い日だったけれど、二十分は休んでいましたが、普段あまり汗のかかない
私が、その後も長いことじんわり汗ばんでいました。
友人と、今度はもう少し涼しい時に来ようねと話したぐらい。

さて、この「米ぬか酵素風呂」。完全個室で、米ぬかの中には裸で入ります。
最初誰もいないところで、箱風呂の中に横になり、自分で米ぬかを体に
少しかけたところで、係りの者を呼び、本格的に埋めてもらいます。
係りの人は当然女性です。女性でも、初めての私は少し、いや相当気後れしました。

ところが友人の担当はなんと・・・!
直前まで、説明してくれた人は女性だったので安心していた所、
入ってきたのが男性だったそうです!もちろんびっくり仰天したらしい。
でも、もうまな板の鯉状態ですからね。どうする事もできなくて、そのままで
なすがまま。ただただ、米ぬかをかけられていたそうです。

そういえば昔の銭湯って、番台には男性が座っていたし、確か三助さんは
女性の背中も流していたんですよね。恥ずかしくなかったのかなあ。
それともそういうものだと思って、疑問に感じなかったのでしょうか。

「米ぬか酵素風呂」、いろんな意味でかなり刺激的でしたよ。
[PR]
by riro11 | 2006-06-30 23:57 | 風趣

危険がいっぱい!

ヨガの時間中でした。「瞑想型の腕の運動」というのをやっていた時です。
立ったまま目をつむり、左手のつま先をゆっくりゆっくり頭の上まで上げていく動作の
途中、突然、鉄の塊が天井から落っこちてきたようなものすごい音がしました。
皆がびっくりして、目を開き音のする方向を見ると。
部屋の隅のほうで、女性がまるで一本の棒みたいにまっすぐの姿勢のまま、
仰向けに倒れていたのです。

More
[PR]
by riro11 | 2006-06-06 23:41 | 苦笑


花が咲こうと咲くまいと、生きていることが花なんだ      (by イノキ)


by riro11

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

通知
爆笑
激奨
風趣
歓喜
嘆息
苦笑
痛快
感涙
DQⅨ
超個人的

以前の記事

2014年 12月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2013年 12月
more...

PROFILE

大学院生男子、大学生女子の母
首都圏在住  

MY SITE
壱番館:
「普通の専業主婦だって、文句があるさ!」

タグ

検索

その他のジャンル

画像一覧