<   2009年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

のだめとうとう完結!

b0033169_23144940.jpg先月、ちび丸ままさんのところで、のだめの連載が完結すると教えてもらい、びっくりして、すぐ最終回だけ雑誌を買って読みました。それから、まだ一カ月しか経ってないのに、単行本も今回23巻で堂々の完結とは!
最初はマニアックなファン?だけが絶賛していたのだめも、気がつけばすっかりメジャーになりました。今や知らない人がいないほどの人気です。映画、アニメTV、グッズなど関連商品も売れる、売れる!
今回の終わり方は賛否両論、分かれることでしょうが、まあこういう終わり方しかなかったんだよねと自問自答しております。
でも多くの人にクラシックの興味をかきたてたということで、大きな貢献をした漫画です。我が家的にも、音楽やピアノ曲を語る時、いつまでも「のだめにでていたあの曲」という言い方をするんでしょうね。う~ん。
とは言っても、まだまだ番外編で引っ張るみたいですが・・・。
[PR]
by riro11 | 2009-11-29 23:30 | 激奨

足元ばかり見るな、前を見ろ!

b0033169_12484681.jpg

まったくソフトバ●クのお父さんの言うとおりです。
夫は長い休み中、自宅のPCやメールを使って、多少仕事をしていたものの、大半は休養にあてるしかなく、後半は暇を持て余し、自宅待機中でも何とか仕事ができないか模索していました。結果は上の写真。何だかまんまと夫の思い通りになった?
二か月前、息子に先にiPhoneを買わせ、様子を見ていましたし・・・。
「今回のような場合でも、どこからでも仕事ができるから」
と言い訳をしつつ、のりかえました!

でも”しゃべるお父さんスリッパ”は、我が家ではけっこう好評です。
玄関で待っていて、帰宅した人間に
「ただいまって言ったか!」とか
「どこほっつき歩いてるんだ!」
とか叱ってくれます。

待望のiPhoneを手にした夫は、まるで子供に帰ったようで(そんなにうれしかったのか!)片時も離さず。しかも使い方がイマイチなので、いつもえばっている息子に、猫なで声で聞いています。

さて、↓の記事の続きになりますが、結局他の家族に感染はしませんでした。娘だけが原因不明の熱を、中間テスト前日に出しましたが、それも検査では陰性。なので、翌日からは、無事学校に行けました。

この豚フルは、症状としては旧インフルエンザより軽く済むことも多いのですが、感染防止のため、症状の重い軽いにかかわらず、学校や会社から一定期間自宅待機を命じられます。これがなかなか大変。
息子の大学は一週間は登校禁止。夫の会社も家族等の濃厚接触者がかかった場合、自分は発症しなくても一週間は会社に行けません。
息子は、体はたいして苦しくなかったようでしたが、皆に迷惑がかかって心が苦しかったようです。
妹や夫に、「ホント、ごめん!」を繰り返していました。
まあ、こればっかりは、しかたないんですけどね・・・。

そんな息子。自動車免許の卒検の夜に、発症。そして完治した昨夜、学科試験を受け、見事免許ゲットできました!
それでも、怖い、怖いを連発していた教習所通いだったので、当分誰も一緒に乗りたくない。これでも、最短でとれたと言うので、余計怖い。
受験生の娘は、やはり受験が終わるまで乗らない方がいいかも。
ある意味、豚フルよりも危険だって!
[PR]
by riro11 | 2009-11-25 13:10 | 風趣

逃れられない

とうとう我が家にも豚フル患者がでてしまいました!
大学生の長男です。
昨夜から8℃代の発熱。

彼が発熱するのは、何と小学生以来ということもあり、
この時点で、すでに新型だと覚悟を決めました。
実は昨日は自動車免許の卒業検定の日。
無事合格の報を聞いた後のできごとでした。

今朝一番で病院へ。
融通の利かない厳格すぎる医師なので、
普段は敬遠している病院ですが、一番近いこともあり予約をとりました。

ところで、子供がインフルの疑いがあると、
夫の会社は出社停止となるそうです。
かなり濃厚なので夫も今日は会社を休みました。

融通の利かない厳格すぎる医師のいる病院は、
感染にたいしても徹底予防の構えで、
なんと感染疑い患者は待合室に入れません。
隔離室なるものはあるものの、定員一名で(もちろん)
ほとんど外で待たされます。

今日は夫がいたので車で行き、その中で待てましたが、
雨の降る寒い日でも、外にいかなければならないのでしょうかね。
実際ビニールシートをしいて、
小学生のお穣さんと母親が外で座っていました。
(今日は比較的暖かかったので良かったですが・・・)

そして付き添いの私だけが、待合室から診察室へ。
話を聞いた頑固な厳格な医師は、
息子の待機中の車の中で、検査を実施。
十五分後、息子は隔離室へ、私は診察室へ。
診察も隔離室で行われるという徹底ぶり。
予防注射も熱のある患者も、一つの待合室で待たせられる
某病院とは、まったく対照的です。
でも、今は絶対うつりたくない私は、ここで良かったですが。

診察室で見事A型の判定を見せられ、
未成年にタミフルは使用しないということで、
私が、リレンザか漢方(麻黄湯)かを選ばされました。
効き目はほとんど同じそうです。でもまあ普通はリレンザですよね。

幸い息子は、7℃代に熱も落ち着き、
ひどい咳もだんだん良くなってきました。
未成年のリレンザ使用の異常行動も見られず、こちらは一安心。

さて、問題は他の家族!
夫は息子のインフル確定で、めでたく一週間出社停止となりました。
このあと、自分がかかったり、他の家族がかかると、
エンドレスに会社に行けないことになるらしい・・・。

そして今週半ばから、最後の定期テストが始まる受験生の娘。
もう厳戒態勢です。
とにかく今週が終わるまでは、うつれない!!

かくして我が家の隔離生活が始まった。
各所にアルコール、マスクを配置。私は使い捨て手袋まで買った。
ものすごくものものしいよ。
[PR]
by riro11 | 2009-11-16 21:45 | 嘆息

ロイヤルクルーズ

b0033169_22184417.jpg
先日、大型客船ロイヤルウイングに乗ってきました。横浜港の大桟橋からベイブリッジをくぐって、東京港にでて戻ってくる約一時間半のクルーズ。そういえば、横浜に長いこと住んでいるのに、こういう観光っぽいのは初めてなんですよね。乗船券をもらったので、せっかくなのでランチをつけて夫と。
b0033169_2221985.jpg

乗船前に大桟橋の展望デッキ、通称「くじらの背中」に行くと、なんとちょうど結婚式が始まるとこでした。美しい新婦が、真っ白い頭の緊張した父親と並んでやってきます。対照的にうれしくてしようがない様子の新郎。何ともほほえましい。
b0033169_2228503.jpg


こんな景色を背景に。横浜にゆかりのある新郎新婦だったのでしょうか。観光客の人々も、温かくこの結婚式を見守っていました。
b0033169_2229205.jpg
飲茶コースのランチを、プチ生演奏を交えたなごやかな雰囲気のもとで終え、まだ時間はたっぷり残っている。デッキに出ました。とても暖かい日でラッキーでした。かもめが次々とやってきて、目の前ぎりぎりに飛んでいきます。
見慣れた景色もまた、船の上からだと臨場感が違いますね。ベイブリッジをくぐるところが圧巻でした。船の旅もこのくらいの時間がいい。世界一周クルーズは私には無理だな。近場で半日の旅気分でした。お土産はくじ引きで当たったロイヤルウイング特製マンゴゼリー。おいしかった!

おまけ
[PR]
by riro11 | 2009-11-11 22:51 | 痛快


花が咲こうと咲くまいと、生きていることが花なんだ      (by イノキ)


by riro11

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ

通知
爆笑
激奨
風趣
歓喜
嘆息
苦笑
痛快
感涙
DQⅨ
超個人的

以前の記事

2014年 12月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2013年 12月
more...

PROFILE

大学院生男子、大学生女子の母
首都圏在住  

MY SITE
壱番館:
「普通の専業主婦だって、文句があるさ!」

タグ

検索

人気ジャンル

画像一覧