<   2008年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

鎌倉日記Ⅱ

<続き>

さて、ぶんぶん隊員のリードと、偶然との相乗効果のおかげで?、
我々は、アートスペース、店舗、個人宅の展示場を、次々と発見する。
そこで待望の地図もゲット。
実は地図を片手にココへ行こうと目指すも、なぜか見えてくるのは違う場所。
「まっ、いっかっ!」
我々は、結果オーライを楽しむ。

この鎌倉で道に迷った時、目印は路地裏の御宅の庭の花々。
モッコウバラやハナミズキが、ここは一度歩いた場所だと教えてくれる。

お昼に石釜ピザを食べ、苔むした階段のあるお寺に参拝する。
オープンカフェでやわらかい春の日差しの元、お茶とおしゃべり。
鶴岡八幡宮で今年初めて藤を見る。

路地裏のひっそりしたスペースに、地元アーチストたちの確かな息吹を感じる。
鎌倉住人の潜在アーチスト人口の多さに、ちょっと驚く。
あちらこちらの路地裏に、創作活動の根が潜んでいた。

ここまで来たのだからと、足を伸ばして北鎌倉へ。
北鎌倉は駅がいい。素朴でローカルな駅。
鎌倉に比べ、自然がずいぶん残っている感じがする。
ホトトギスの鳴き声を聞きながら少し歩けば、竹林や夏には蛍の見える川、
そしてもちろんあちこちに風趣あふれるお寺が点在する。

閉館ま近の古陶美術館に行く。趣のある美術館に、しわの数だけ人生の苦労を刻んだ、
お人形が飾ってあった。

古都鎌倉散策で、すっかり俗世間の垢を落とし、いい気持ちで北鎌倉駅で電車を待つ。
すると、つつじ隊長が一言。
「riroさん、こっちでいいの?」

そうだ! 私はお2人とは反対方向だった・・・。
あわてて反対側のホームへと走る。最後まで気が抜けない。

心地よい疲れのまま家路についた私は、さっそく今日撮った数々の
思い出の写真を見てみることに。
しかし!oh! マイガッ! 何と!

More
[PR]
by riro11 | 2008-04-30 23:58 | 風趣

鎌倉日記

昨日は、“横浜支部鎌倉探検隊”の隊員であるつつじさんぶんぶんさんに連れられて?、
鎌倉路地フェスタに行く。(なお正式記事は例のごとくお2人のをどうぞ!)
鎌倉路地フェスタとは、“鎌倉の路地に点在する22の拠点を巡り、アートや食を楽しもう”という催し。
今回のミッションのキーワードは、「路地」。
我々3人は以前も鎌倉探検隊と称し鎌倉探索を行ったが、
今回は「路地」の意義を探すべき鎌倉へのりこんだ。

冬の体調不良を脱したものの、ここ何日か喉風邪で家にこもっていた私は、
この日爽やかな朝を迎え、意気揚々とJRで鎌倉に向かう。

異変は、まさに鎌倉駅のまもなくつくという、JRの車内で起きた。
突然、何の前触れも無く私の上着のボタンの一つがはじけ、宙を飛んだ。
唖然とする周りの乗客。
一人のやさしそうな、鎌倉夫人らしき方が「あらあら」と言いながら、
そのボタンを拾ってくれた。
その時前途多難の文字が私の脳裏によぎったのは、言うまでもない。
この一件はまさしくこれから訪れる災難の予兆に過ぎなかった・・・。

無事鎌倉駅に到着し、お2人と合流。いざ歩き始めるも、我が隊員たち。
誰も地図を持っていなかった。探検には地図は必須である。

私; 「ネットの地図、印刷しようとして忘れてきちゃった!」
ぶんぶん隊員; 「ネットの地図、印刷したけど、持ってくるのを忘れてきちゃった!」
つつじ隊長; 「大丈夫。どこかにきっと地図がおいてあるわよ!」
まさに我々らしい始まりだった。

とりあえず、雰囲気で適当に歩き始める。
鎌倉の路地裏は思ったより人通りが少なかった。というより、まったくいなかった。
私達以外は。
よって我々は思う存分、おしゃべりに専念できたのだった。

我々は、古都鎌倉に建つ、素晴らしい他人の家を、「ああだこうだ」と絶賛批評し、
古都鎌倉に建つ、素晴らしい他人の家の庭や草木を、「ああだこうだ」と絶賛批評し、
行き着くあてがはっきりしないまま、どんどん進んでいくのだった。

そして一度など、あまりに会話が白熱し、知らず知らずに大声をだしていたらしく、
どこかの民家のおばあさんが、家から出て見にきてしまった・・・。
失敗、失敗!(笑)

そして昨日のつつじ隊長は、どうも調子が悪く(眠かったのか?)、
道案内の情熱を失っていた。
もちろん私は論外。
もはやここまでか。道に迷ったかと思う時だった。
ここで、まさかのぶんぶん隊員が、隠れていた才能を開化させた。
先頭に立ち、我々隊員をどしどし導いていったのだった!

疲れたので、とりあえず終わり。
続く(一応)
[PR]
by riro11 | 2008-04-29 22:21 | 風趣

もしかしてこれはかなりイイかも!?

メンテナンスが入る事も知らないほど、ここの所ブログ放置してましたが!
やっとバタバタが終わったので、
この事だけは書いておかねばと思い、ご報告。

体にいいよ、しょうが紅茶!!

そもそもの発端は、この冬の頑固な肩こり。首痛、頭痛。
寒さがいけないのか、更年期の症状なのか、疲労なのかストレスなのか、
よくわからないまま、冬の間中、けっこうつらい時機が続きました。

苦し紛れに、ビタミンやらなにやらのサプリメントや
漢方もちょっと、そしてお灸に針も試してみたけれど、
どれもその場しのぎって感じで、これって手ごたえはないまま。

そしてそんな時、この本に出会いました。
確かに私の体は冷えてました。平熱35.5~36度。
血圧も低かった。下が55~65、上が85~95.
朝に弱くて、寒がりで、疲れやすくて・・・。

こんな私に特有の症状すべてが、
しょうが紅茶を飲むだけで改善すると書かれてありました。

そしてこの紅茶が超シンプル。
紅茶+しょうが+黒砂糖。 
これを一日に3杯。

これだけでいいそうです。

さっそく試しました。もともと朝は紅茶を飲んでいたので、
自然な感じで毎朝続けられました。
そして一週間後・・・。

More
[PR]
by riro11 | 2008-04-24 23:56 | 歓喜

春の嵐よりも大変なこと!

つづきです。
娘から、その大変なことを聞いた所・・・。

春の嵐の一日。
午後にはようやく雨は小降りになったものの、相変わらず風は強く、
傘の意味があまり感じられないまま。

その日は部活も早く終わり、娘と友人たち数人が一緒に、学校から家へと向かう。
そんな帰宅途中の出来事でした。

隣の友人とおしゃべりに夢中だった娘は、
前を歩いている友人達が急に立ち止まり、「キャー!」という悲鳴を上げたのを聞き、
何かが起こっていることにようやく気付く。
そして彼女達は、いきなり走り出した。慌てて追いかける娘と友人。
さっぱり状況はつかめないまま。

ひとしきり走り続ける中学女子の一群。しばらくしてようやく止まる。
そして後を振りかえり、あたりの様子を伺っている。

そしていったい何が起こったのかと聞くと・・・!

実は・・・。
[PR]
by riro11 | 2008-04-10 23:58 | 苦笑

春の嵐が吹き荒れた!

昨晩から続く雨は、朝になっても降りやまず、ますますその強さを増してきた。
朝TVを見ていたら、いきなりテロップが流れる。
午前7時45分の時点で、横浜、川崎に大雨洪水警報が発令。

ちょうど今日は、県立高校の入学式
悪運強いうちの高校3年生は、今日は学校はお休み。
この時点で、まだグーグー寝ていた・・・。
午後には、一部電車がストップして、まさに忘れられない入学式になりそう。

そして市立小学校、中学校は、昨日入学式だった。今日が登校初日。
まさかこんな日に警報が出るなんて!

中学2年生になった娘は、1年通って鍛えられ、
今では30分前後で行く通学路も、最初は50分かけて通っていた。
今日もまあしかたないといった感じで家を出て行く。
こんな、大雨、雷、強風の三重苦の中を登校初日から、
1時間近く、歩かなければならない一年生。 
がんばれ~!この試練を乗り越えて、一人前の中学生になるんだよ。

                     ★

さて案の定、びしょびしょになって帰宅した娘。
登下校の嵐の様子を聞くと、いやそれよりももっと大変な事があったと、言った。
こんな嵐の日に、いったいこれ以上何が起こったの~!?

つづく・・・。
[PR]
by riro11 | 2008-04-08 23:54 | 苦笑

隅田川~花祭り

b0033169_2149158.jpg

b0033169_21472087.jpg 春休みも残り少なくなった昨日、娘を連れて浅草の実家に行ってきました。
暖かい天気の一日で、この週末がお花見のピークのせいか、浅草はものすごく混んでいました。久々に、こんな混雑した浅草に来ました。
人力車もフル活動しているし、水上バス乗り場も大勢人が並んでいました。

いつの間にか“浅草観光センター”なるものができていました!全然知りませんでした。
人形が出てくるからくり時計、こんなものもできていたのですね!
ちょうどいいタイミングで、御輿をかつぐ人形を見物できました。さて浅草の新しいプチ名所?になるのでしょうか。
b0033169_21492950.jpg
桜の花びらが、風に吹かれてどんどん散っていきます。腰を据えて飲み食いする花見客の、体の上を、食べ物の上を、覆いつくすように、次々と花びらが舞い落ちていきました。
b0033169_21495122.jpg
b0033169_21501193.jpg



おまけ
[PR]
by riro11 | 2008-04-06 22:37 | 風趣

北九州ぶらり旅<その1>

春休みになる直前、突然旅にでたくなって(それも一人旅!)、
一人用のキャリースーツケースを買い、ネットで航空券をゲットし、
さっそうと九州に飛び立ったのです。
とはいえども、行く先は夫(単身赴任)の家までですが・・・。

でも、道中一人旅は生まれて初めてで、楽しかったです。
一人も気楽でけっこういいものでした。また行きたいなあ・・・。

今回は北九州付近の近場で、まだ行っていない穴場スポットに行きました。
あんまり世間的には有名じゃない?けれど、面白い場所が色々ありました。

最初の日は、平尾台へ。平尾台は日本有数のカルスト台地で、天然記念物・国定公園・県立自然公園に指定されています。
ピナクル(石灰岩が溶け残って地表にでてきた岩の柱)が羊の群れのように見える、羊群原(ようぐんばる)。初めて見ました。羊?そんなかわいいものには見えませんでしたよ。荒涼とした様子がまるで地獄の光景?なんて。最初見た時はちょっと怖い感じがしました。
b0033169_2213930.jpg

b0033169_22201855.jpg
b0033169_22183534.jpg

そして平尾台の地下にある千仏鍾乳洞へ。地下深いところにある鍾乳洞なので、下る、下る。どこまでも続いている坂道。階段付きの坂道をとにかく降りていきました。登ってくる人達が、皆一様に「ふうふう」言っているので、「こりゃ相当長い坂道だぞ!」と覚悟をしました・・・。
上と下の二箇所で、杖が貸し出してありました。使っている人はあまりいませんでしたが。
b0033169_22411971.jpg
千仏鍾乳洞は、中に地下水が流れていて、途中からはじゃぶじゃぶ水の中を歩いていくという珍しいところ。入り口でサンダルに履き替えます。でもその日は、あいにく前の晩の大雨で水量が増し、途中からは、膝ぐらいまで水が来ていたのです。
チケット販売のお姉さんが、「最初はちょっと冷たいですけど、すぐ慣れますよ」と言っていたけれど、入ってみたら氷のように冷たくて、速攻でリタイアしました。心臓麻痺を起こしそうな冷たさですってば!
残念でしたが、途中から引き返してきたので、半分しか見れませんでした。それでも石灰岩の迫力は十分堪能できました。今度は、ぜひ夏に来たいと思います。
[PR]
by riro11 | 2008-04-04 22:55 | 風趣

四月一日の日記

久しぶりにヨガに行った。
旅行とか用事とかダウンとかでバタバタしていて、長い間行けなかったのでうれしい。
今日は、明るい太陽が元気に輝いている、春のお手本のような日だったので、
これまた久しぶりに自転車で出かける。

年度が替わって、ゴミ収集車の来る時間が遅くなったのか、
ゴミ置き場にたまっているゴミを狙ってカラスが自転車置き場の屋根に待機していた。
私が自転車を出すと、いっせいに飛び立つも、戦ったら絶対にこっちの方が負けそうな形勢。
カラスは大きく、くちばしは鋭く長かった。
なるべくカラスの邪魔にならないように小さくなって、自転車を出す。
カラスは電線の上で、獲得した獲物を堂々とそしゃくしていた。

年度が替わったためか、駅前の道路もやけに混んでいた。
あの狭い道路で、前から生協のトラックがやってくる。一台、二台、三台。
やけにそろってくるなあと思っていると、その後も続々続いている。四台、五台、六台・・・。
おい、何かあるのか!と思っていいたら、その後からまた一台。
祭りか!いや新人さんのルート説明か。それにしても幼稚園じゃないんだから、
なにもこんなにそろってこなくてもいいじゃない。

年度が替わったためか、スポーツクラブも混んでいた。知らない人がめだつ。
久しぶりのヨガ。男性インストラクターは、以前より愛想がよくなっていた。

始まってすぐ、ポーズをとっている間、いつものようにインストラクターがカウントをとる。
「いち、にー、さん!」
はりのある大きい声で、ためながらカウントをとるその声が、
最近活躍中のお笑い芸人「世界のナベアツ」にとっても似ていることに気付き、弱った。
かなり自分的には無理なポーズをとっている時に、3と3の倍数の数字で
あの真面目なインストラクターがアホになるところを想像して笑いそうになる。
こんな体勢で笑うと命の危険が起こるので、頑張って堪えた。
その後インストラクターは何回もカウントしたが、その都度私も頑張った。
しばらくは、この戦いが続くのだろうか。まったく大変なことになったものだ。

帰りにマックに寄って、娘の所望する、てりたまバーガーを購入。
何だかやたら笑顔の店員が応対するも、いちいちミスをしてぼろぼろで、
なかなか注文が終わらない。
そうか新人さんだったのか、と思ったのは、彼女の後にフォローする人間が
二人立った時だった。

四月の街は、何だか新鮮だ。
[PR]
by riro11 | 2008-04-01 23:00 | 苦笑


花が咲こうと咲くまいと、生きていることが花なんだ      (by イノキ)


by riro11

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

カテゴリ

通知
爆笑
激奨
風趣
歓喜
嘆息
苦笑
痛快
感涙
DQⅨ
超個人的

以前の記事

2014年 12月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2013年 12月
more...

PROFILE

大学院生男子、大学生女子の母
首都圏在住  

MY SITE
壱番館:
「普通の専業主婦だって、文句があるさ!」

タグ

検索

人気ジャンル

画像一覧