<   2007年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

気分のいい一日

今日は朝から忙しかった。朝一番に、マンションの寄り合いに出席。
今期は役員の年で、今日はその役職決めの日。我が家は今まで3回の役員のうち、
この役職決めで100パーセント長か副になっている。それもすべてくじ引きで・・・。
そう、マンション中でくじ引きに最も弱い家、それはriro家。
朝からこの上ない憂鬱な気持ちを抱えて、寄り合い会場へと向かう。
しかし結果は!! セーフ。
今年は経験者が多く、無事話し合いで平和に決まる。
うれしくて思わず家まで走って帰ってしまう・・・。

さて、その軽くなった心のまま、午後はよこすか芸術劇場に、
上原彩子さんのピアノ・リサイタルを、娘と見にいく。
上原さんは、第12回チャイコフスキー国際コンクールピアノ部門で、
女性としては史上初めての第1位を獲得して、脚光を浴びたピアニスト。
それだけでも大いに興味深々な所、身近なヤマハ音楽教室出身だったり、
TVでその演奏スタイルを見てびっくりしたりで、とにかく一度生で見たかった人。
前に一度チケットを取りそこね、今回は早くからチケットをゲットできて
楽しみにしていました。

小柄なイメージだった上原さん。今日は思ったより大きく見えた。ハイヒールのせいか。
後ろに引きずるほど長い黒のドレス。
席からは、頭のてっぺんから足の先まで、むき出しの腕の筋肉から指先まで、
とてもよく見えます。

演奏が始まる。
しだいに集中していく様子。独特の演奏スタイル。どれも彼女ならのものです。
優しく弾く時は、手をまっすぐに伸ばして、体をイナバウワーのようにぎりぎりまで反って、
顔は天を仰いで。

力強く弾く時は、首をぐっと下げ鍵盤に覆いかぶさるように。もっと力強く弾く時は、
体重を前にかけ、お尻が一瞬イスから浮く。そしてさらに中腰のままで弾く場面も。
小柄な彼女がオーケストラと一緒の場面でも遜色なく弾くために、色々考えた末の
演奏スタイルなのでしょうか。
休憩を挟んで後半からは特に、ステージの上はピアノと一体化している上原さんワールド
一色になりました。
時間が経つうちに、どんどんこの独特の上原さんの世界に皆が吸い込まれていきます。
何だかこういうシーン前に見たことがあると思っていたら、漫画の中の、のだめが
取り付かれたようにピアノを弾くシーンが頭に浮かんできました。

演奏後、何回もアンコールの拍手に応えて挨拶を繰り返す上原さんは、
さすがに少し疲れたようにも見えました。

リサイタルの後には、サイン会が催され、かなりの長蛇の列ができました。
しばらくしてやってきた上原さんは、「えっ、この人だっけ」と思うほど華奢な、
そしてこれ以上ないくらい無防備で無邪気な笑みを満面に浮かばせた、
かわいらしい女性でした。

上原さんワールドでいっぱいに満たされた私達親子。その後夕食を食べるために、
近くのショッピングモールに行くのですが、そこで衝撃の出来事が、
待ち受けていたのでした。
続く。
[PR]
by riro11 | 2007-09-29 23:50 | 歓喜

バンドマン 歌ってよ♪

文化祭のシーズンです。
文化祭は、やっぱり青春という言葉が似合います。

我が家の高校生の息子も、青春まっしぐら。
ロックバンドとアコースティックのインストデュオで出演しました。

昔から、青春といえば何故かギターがつきもの。
やっぱりカッコよさからきているのか・・・。
長年やってきたピアノをあっさり捨てて、憧れのバンドマンに変身した息子。
といってもまだ始めて数ヶ月、さてどうなるのか、お手並み拝見です。

とにかく疾風怒濤の高校生。走り出したら誰にも止められない。
いったい何をどうやっているのか、それともやっていないのか、
もう親には把握不可能。

文化祭の当日。私の頭の中は白紙の状態で、
怖いもの見たさで、学校に足を運びます。

最初に、アットホームな客の少ない教室で、マイクなしで、
生ギターの音色を聞かす、アコースティックのインストデュオを。
まだ技術が気持ちに追いつかないものの、伝えたい音はしっかり出ていたかな。
たまたま見にきていた知らないおじさんに(フォーク世代?)、
「良かったよ」と褒められたそうですが・・・。

そして一番本人のキャラになかったのがロックバンド。
これこそまったく見るのが楽しみ。
せまい会場は、盛り上がっていました(動員された友達達で)。
う~ん、バンドパフォーマンスしていました。
毎日夜遅くまでやっていたのはこういうことか。
高校生バンド、やっぱり青春ですね。
稚拙ながら、それでも決めどころは、ちゃんと決まっていたし。
自分達のやりたいことを気持ちよくやっているんだ、どうだ聞いてくれ、
という清々しさを感じます。

途中、歌も披露した息子。
へえ~、まったく悪びれず、堂々とのびのび歌うその姿に驚きました。

親のいないところで、子供は日々変わっていくんですね。
今までに身についた余計な殻を、一枚一枚脱ぎ捨てて、
まったく違う自分になって。
身軽になって、遠くまで今度はどこに飛んでいくのでしょう。

会場の後の方に、場違いな感じで、ひっそりとたたずんでいる
中年女性は、そんな息子達の姿をまぶしそうに見ている、
メンバーそれぞれの母親達でした。
[PR]
by riro11 | 2007-09-24 21:52 | 歓喜

アート~静の力

b0033169_22104527.jpg

今日は、“楽に呼吸できる場所”のつつじさんが出展している、ボタニカルアートの展示会へ行って来ました。ご一緒して頂いた方は、ブログ仲間の桜桃さんぶんぶんさん
詳しい顛末は、例のごとく?こちらこちらこちらでどうぞ!

ボタニカルアートというのを私は今回始めて見たのですが、植物を見たとおりにそのまま、細部まで徹底的に書き込んでいくのだそうです。
もうそれは、細かいの細かくないのって! 普通の根気じゃとても描けないものです。
つつじさんの絵は、ご本人のブログで一部載せていらっしゃいますが(こちらこちら)、
ただ細かいだけではなく、明るく、こちらに訴えかけてくるようなエネルギーに満ちた絵です。

ちなみに、この野菜のみょうが一つ描くのに、何と5時間かかったと聞き、私は目を見張りました。ああ、やっぱり努力のたまものなのですね。

5時間もくもくと、みょうがに取り組む姿勢。ただただ感心しました。そして大いに刺激を受けました。もうこれは見習わないといけません。

蛇足となりますが、ブログのイメージだと、どちらかと言うとフットワークが軽く、活動的なつつじさんですが、ご本人いわく、「自分は“動”か“静”かというと、“静”に向いている」そうなんです。
これだけじっくり書き込んだ絵。いつもブログに載せている、一瞬の時間と空間を切り取った写真。そう思ってみれば、どれも"静”というイメージです。納得です。

ボタニカルアートの絵と絵に取り組むつつじさんの姿勢に、元気をもらいました。
もちろん、その後のみなさんとのお食事とおしゃべりにも・・・!
[PR]
by riro11 | 2007-09-18 22:59 | 歓喜

勉強グッズ

やっとテスト週間が終わりました。
まったく中高同時テストは、親にストレスが溜まります。
友人のお母さんで、子供が部屋で勉強せず、リビングにやってくるのが苦痛で、
とっても家にいられずに、夫の事務所に逃げ出したという人も・・・。

さて娘の勉強をみていて、最近本当に便利なグッズがあることに気がつきました。
たとえば娘の使っていたラインマーカー。
まず教科書の重要な部分を、普通に緑のマーカーでひく。
そしてその上から赤い下敷きを当てると、緑の部分が見えなくなるというもの。
これで暗記楽々。しかも覚えたものは、先ほどの緑のその上から、
また白いラインマーカーでひくと、あ~ら不思議。消えてしまいます。
そうやって何回も繰り返して使えるそうです。最後に消える所がミソですね。

そういえば本屋には受験用に、至れり尽くせりの参考書類がどっさりありました。
自分が受験した頃に、こういうものがあれば、どんなに・・・(以下略)と
つい思ってしまいます。

たとえば、世界史の穴埋め教科書なんていうのを発見。
最初から重要な箇所が(  )になっていて、書き込めるようになっている教科書。
もう自分でラインマーカーをひくことさえ不要なのです。

英単語集も今進化を遂げています。CDがついているのはもちろんとして、
英単語集にあわせた単語帳も売っているのにびっくり。
単語、意味、例文まで印刷されている単語帳。、あとはリングでとめれば一丁あがり。
苦労して一枚一枚手作りして覚えるなんてのはナンセンス。
もう遠い昔のできごとなんでしょうかね。

しかも極めつけはDS。そう、単語集がDSソフトになってしまっているのです。こちら。
これをある学校で自習時間に使用したら生徒の単語力アップしたというニュースを
新聞やTVで先日みかけましたが、実の所どうなんでしょう。
ゲーム感覚で覚えられるのは確かかも。
う~ん、この時代、私が受験生だったら絶対買っていたかもしれない・・・。残念!
[PR]
by riro11 | 2007-09-15 23:58 | 痛快

台風9号あれこれ

よく眠れない夜を過しましたが、起きてみれば台風9号は予定通り、
神奈川に上陸してました。
昨晩寝る頃よりは、いくぶん風もおさまってはいるものの、
雨、風ともにまだまだ侮れない。

午前7時の段階で、大雨、洪水、暴風、波浪、注意報 警報発令継続中。
中学校の休校決定だ。娘の祈りが効いたのか。
娘の学校は、決められた警報を各家庭で確認し対応するので、
連絡網等は回ってこない。なので、一抹の不安もあるけど、
まあどっちみち登校させられる状況じゃないので・・・。

一方公立高校は、テスト中でもあり、普通にあるらしい・・・。
長男くんの使用している電車も、7割の運行状態。
いつもより1時間近く早めに出て行きました。無事につければいいのだけれど。

ところで、TVが昨日から台風情報をバンバン流しているせいか、
こちらも必要以上にナーバスになってしまいます。
昨日は予報とは異なって、当地ではかなり夜遅くなるまで雨も降らず、
風も強くはならなかったので、かえってまだかまだかと待つ形になってしまいました。
一応停電に備え、懐中電灯やろうそくを用意したものの、いまだかって使ったことは
ありません。

娘にそのことを言うと、こっちの方が便利だよと、取り出したものは・・・。ケータイ!
確かに電灯モードにしたケータイは、懐中電灯よりもずっと明るいくらい。
イヤホンをつければ、ラジオも聞ける。非常のさいには、もちろん電話機能もメール機能も
いつも以上に役にたつでしょう。
娘の言うとおり、「ケータイさえ持っていれば、大丈夫!」というのも一理ある。

台風対策には、何はなくとも枕元にケータイ。これは今後常識になるかも?

追伸;
前日まで休校になるとは思わなかった娘は、ほとんどの教科書を
“置き勉”してきました。そういえば、来週テストだ。
勉強は・・・? どうするどうなる??
思わぬ台風の余波でした。
[PR]
by riro11 | 2007-09-07 07:58 | 風趣

台風襲来

明日の夜には上陸するらしいですね。
その影響か、当地の今日の天候もまったく不安定極まりなく。
あれっ!と思うほどカアッと晴れていたかと思うと、次の瞬間窓の外は
たちまち真っ暗になり、ものすごい音量とともに大雨が降る。
それも長く続かず、またうそのように晴れる。ずっとこんなことの繰り返し。

こんな日はさっさと諦めればいいのに、未練たらしく洗濯物を取りこんだり、出したり、
また取り込んだりする私も私だ・・・。疲れた。

夕方、雨がやんだ隙に急いで買い物に出かけようと、自転車に乗って走り出すも。
数秒後、ポツポツと雨が体に当たる。
(こ、これは・・・、く、来る!)
すぐさまUターンして引き返すが、雨足は信じられないほど、どんどん強くなり、
屋根のある駐輪場についた時には、すでに土砂ぶりになっていた。
これじゃあ、いくら近くても一歩もでられぬ。ずぶぬれ必至。
仕方なく目と鼻の先の我が家にケータイで電話をして、娘に傘を届けてもらう。
まったく今日は何をしているやら・・・。

さてさて話は変わって、二学期制の我が家の中高生たち。
2人とも前後して、近々期末テストが行われる。ただいまそろって試験勉強期間に突入。
中学生の娘は、定期テストにまだ不慣れ。しかも夏休み後、すぐ試験モードで
調子も出ず、ここのところピリピリしてます。
高校生の兄の方は毎度のごとく、試験前といえど超マイペースな様子に
私の方がピリピリ。

我が家の外から内から、当分台風は吹き荒れそうです。
[PR]
by riro11 | 2007-09-05 23:15 | 苦笑

上には上がいた

9月1日土曜の朝、電話が鳴りました。
電話の相手は、中学の娘と同じクラスの男子のお母さん
小学生の時、子供が何回か同じクラスになったことがあり、私とは会えば話をする
顔見知り程度の仲。

(わざわざ電話をしてくるなんて、いったい何の用かな)と思いながら受話器を握るも、
なかなか用件を言わない。とりあえず連絡網ではないことだけはわかった。
そしてようやく重い口を開く。
「あの、あのね、・・・夏休みの宿題のことなんだけど」
やはり~!
「あのね、宿題が、その、あの・・・」
「ああ。ええと私じゃわからないから、娘に代わるね」
「いい? じゃあお願い」

娘はしばらくそのお母さんと話をし、途中、部屋に問題集を取りに行き、
再び電話を続け、そしてやっと受話器を置いた。

「何だって?●●くんのお母さん!」興味津々の私。
「うん、それがね~」と笑い出す娘。
「英語の宿題が何だったか教えてって。それでワークブック20ページって言ったら、
そんなワークブック見たことないって。え~!うそ~!ってびっくりしちゃった。
●●くんのお母さんもすごく焦って、どんなの?いつもらったの?とか聞くから、
黄色い表紙の“××ワークブック”、新学期から使ってるやつだって教えたんだけど…」

私「・・・・。」 唖然。言葉もなし。
娘「探してみるって。また電話かけるかもって。でもあと2日で間に合うかな~。
けっこう大変だったんだよこれ」

察するに●●くんのお母さんは、宿題に関して、息子に聞いても、その友達男子に聞いても、らちがあかなかったので、最後の手段、同じ小学校出身の娘に聞いてきたらしい。とすると、●●くんレベルの男子は、まだまだ大勢いるのだろうか?
ああ、夏休みの宿題。こんなにも奥が深いとは。
そして、中学生男子の母親の苦労もどこまでも果てしない。

宿題を終えた娘のいる平和な我が家には、「●●くん大変だね~」「●●くんのお母さんの方がもっと大変だよ」などと口々に言い合う母娘が、そこにいるのだった。
[PR]
by riro11 | 2007-09-01 23:19 | 苦笑


花が咲こうと咲くまいと、生きていることが花なんだ      (by イノキ)


by riro11

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

通知
爆笑
激奨
風趣
歓喜
嘆息
苦笑
痛快
感涙
DQⅨ
超個人的

以前の記事

2014年 12月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2013年 12月
more...

PROFILE

大学院生男子、大学生女子の母
首都圏在住  

MY SITE
壱番館:
「普通の専業主婦だって、文句があるさ!」

タグ

検索

その他のジャンル

画像一覧