<   2007年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

だらだらとこうして夏休みは終わっていく。そして宿題エピソード!?

二期制のせいなのか、学校の自由裁量のせいなのか、
日本全国で、夏休みはだらだらと終わっているようですね。
我が家の高校生も学校に行き始め、一方中学生は来週まで夏休み継続。
宿題もそのまま継続・・・。

もう中学生になのだから、夏休みの宿題は自分で何とかするでしょう、
やっと私も今年は楽ができると高をくくった7月。
さすがに気になって旅行から帰ってきた8月半ば。うっかり様子を伺ってみたりした。
進行状態に初めて青くなる私。

それから状況は一変する。
「だって、わかんないんだもん」という娘の暢気な言葉に怒りながら、
数学のプリントをつきっきりで教える。
「バナナとリンゴは足せないでしょう?だから答えは3a+5bでいいの」などと
声高に言っているお盆過ぎ。

そして8月後半。とにかく後は力づくで、ひとつでも多く、とりあえず終わらせていくことに
念頭を置くよう指導。
紙に何行も続く宿題リスト。終わった科目は、片っ端からマジックで黒々と消していくよう進言。(私のストレス解消のため)。
そして長い戦いの末、やっと今、“自由研究の清書、あと半分”までこぎつける。
ここまでくれば、ゴールは見えた。やれやれ。今年も大変だったと思っていたら、
娘が言った。
「でもさあ、去年はもっと大変だったよね。だって学校始まってから、自由研究の実験のまとめ書いていたもんね」
「げっ!!そうだったっけ・・・」
すっかり忘れていた。ついでに言えば、娘が去年の自由研究、何をやったのかすら今となってはまったく覚えていなかった。

毎年、“本当にあった怖い話”よりもスリルを味合わせてくれる“子供の夏休みの宿題”。
毎年夏休みが終わった段階で、その存在すらすっかり忘れる能力がなければ、
母親業は、とてもじゃないけどやっていられない。

<おまけ>(クリック)
[PR]
by riro11 | 2007-08-30 22:16 | 苦笑

九州旅行番外編<お土産>

本来は、湯布院の名物として創作されたデザートだそうです。
長崎に行く途中、佐賀のサービスエリアで見つけました。
外側はドラ焼きの皮。そして中には、あんこの代わりに、なんとプリンがそのまま入っている。その名もずばり、「ぷりんどら」

b0033169_23512195.jpg
b0033169_23514182.jpg

ものすごいものを発見したと、わくわくしました。
普通は冷凍してあって、解凍して食べるように売られていました。が、その場で冷蔵庫の中にあった1個を興味半分で食べてみると・・・。
これが思いの外、ものすごく美味しい!! どら焼きの、もさもさ感の間にプリンの冷たくて、なめらかな食感がミスマッチで、それがなぜかすごくいい!!
1個食べて、やみつきになった私。帰りに絶対買って行こうと思いながらも、結局その後売っている場所を見つけられずに、帰ることに…。
ところが、神は私を見放さなかった。これから帰路につくちょうどその時、北九州空港の土産物店で偶然これを発見。ここ最近、空港でとても売れている商品だということでした! 冷凍したまま持って帰りました。

*******
b0033169_2352757.jpgb0033169_23522699.jpg話は変わって。知る人ぞ知る「博多通りもん」。これも空港の土産物店で、子供達が発見。
そう、のだめが初めて、パリのオクレール先生のレッスンに持っていった故郷の手土産です。
本当にあったのですね~。長男が喜んで友達に買っていました。
味は、洋風のおまんじゅうという感じ。「もういっこ、もういっこ」とオクレール先生が欲しがったのも、うなづけました。


<おまけ>
のだめの故郷、「大川」の文字がここに! 行ってみたかったなあ・・・。
b0033169_23525110.jpg


[PR]
by riro11 | 2007-08-23 23:58 | 風趣

九州旅行番外編<食べ物;味>

結局一週間、九州にいました。
旅行前後の数日は、北九州の(単身赴任の)夫の家で過しました。
一週間も九州にいると、やはり関東との食べ物の味の違いは、気になってきます。
一番に気になったのは、甘み。ラーメンのスープにしろ、さしみ醤油にしろ、
当然しょっぱいものを期待していると、あっさり裏切られる。
だって、とうぜんのごとくあま~いのだから。

ラーメン屋に行くと、ラーメンにおにぎりを頼む人が多いです。
一度お昼に行ったら、おにぎりがサービスでついてきました。
のりがついていない白いおにぎり。それにたくあんがついています。
一口食べてびっくり。味がない!
そう、当然塩むすびだと思ったら、塩がついてない!!
慌ててたくあんを食べると、あま~いたくあん!

夫に聞くとこのへんの(北九州市)のどのラーメン屋で出てくるおにぎりといえば、
味のついていない、ただの白飯。半ライスならぬ半おにぎりなんだそうです。

*******
ある日は、夕食に“もつ鍋”を食べに行きました。お店お勧めの特製味噌味にしたら・・・。
この味噌も、かなりあま~い とんこつラーメンのスープのような感じ!?
それでも最初は、そんなに気にならず美味しくいただいていましたが、
煮詰まってくるとますます甘くなってくる。
最後にちゃんぽん麺を投入という頃には、私はギブアップ! もう甘すぎてダメでした。

もしやこの地では、単純にしょっぱいものは、存在しないのか??
そんな思いにとりつかれた私。

その後の旅行中の旅館やホテルでの食事は、そんなに気になりませんでしたが、
一週間後横浜に帰って食べるものは、無意識にも当然しょっぱいものづくし。

醤油は、甘くないのがいい。
たくあんは、しょっぱいものなのだ。
ラーメンのスープは、醤油味がほっとする。

やっぱり“食は文化”だと思ったものの、そういえば連日のこの猛暑。
もしかしたら単に塩分が不足していただけなのかも??と思ったり。
さてさて真相はいかに!
[PR]
by riro11 | 2007-08-21 22:35 | 苦笑

九州旅行記④ <長崎ハウステンボス>

翌日は一転。阿蘇の山を後にして、長崎のハウステンボスで、オランダの街並を歩いていました。しかし下界は暑いです。周りを水と木に囲まれているものの、日差しも強烈。この強烈な暑さが幸いしたのか、街中もアトラクションも混雑がなく、思ったよりのんびり散策できたのが、嬉しい誤算でした。

ハウステンボスの象徴のような風車と花畑。
b0033169_144075.jpg

展望台の窓越しに見た街並み。まさにオランダの街です。
b0033169_0532755.jpg

二日いるうちに、本物のこの街の住人のように、運河を周航するカナルクルーザーが、必要不可欠な移動の足になっていました。
b0033169_0543668.jpg

日影もたくさんありましたが、午後の一番暑い時は、まさに焼け石に水。
b0033169_0534486.jpg

でも、水辺は涼を感じます。
b0033169_0551216.jpg

[PR]
by riro11 | 2007-08-18 23:58 | 風趣

九州旅行記③ <~阿蘇中岳火口>

b0033169_22352041.jpgくじゅうの乗馬牧場で家族四人、乗馬体験をしました。アップダウンの激しい丘を一キロ歩きました。乗り手に似るのか?夫の馬は途中でそそうをするやら、草を食べるやら!娘の馬もちょろちょろ寄り道をしてまっすぐ歩かない。比較的まともな長男の馬。私?私の馬は「こらっ!ダメっ!歩いて!」と人間語で叱られていました。
阿蘇中岳に向かう途中、中1の娘が、
三好達治の“大阿蘇”という詩を国語の授業で習ったばかりだと教えてくれました。三好達治も、この阿蘇の雄大な自然に圧倒され、感慨にふけったのでしょうか。確かに百年たっても、きっと阿蘇はこのまま何も変わりはしない、そんな感じがしてきます。今も豊富な牧草に恵まれたこの場所で、放牧されている馬や牛たちをあちこちで見ました。

こちらが、詩の中にもでてきた“草千里ガ浜”を上から望んだ写真。下っていくと、快晴のこの日も、馬達が草原でのんびりと草を食べていました。
b0033169_22173595.jpg
b0033169_22364645.jpg
こちらは、“米塚”と呼ばれる真ん中がくぼんでいるかわいい火山。上の写真を撮った反対側の方向に見えます。

この時ちょうど最高に視界が開けていて、周りの景色はどれも、絵葉書にしたいくらい美しく見えました。
ロープウェーに乗って、いよいよ地獄の入り口?噴火口へ向かいます。小さい頃から想像をしていた火山火口ですが。想像以上の恐ろしさを感じました!自然は美しいばかりでなく、強大で恐ろしい。そんな自然の一面をしっかと見届けてきたという感じ。
b0033169_2219193.jpg

b0033169_22371017.jpg左の写真は、なんとシェルターなのです。いくつもありました。
登ってくる前に、噴煙の方向や強さによっては避難も必要だと知り、かなりびびりました。そして各自、濡れハンカチを用意するよう、掲示に書いてありました。
幸い当日は、そんな心配もなく安全に見学できましたが・・・。
[PR]
by riro11 | 2007-08-16 23:36 | 風趣

九州旅行記② <くじゅう・阿蘇へ>

旅行の二日めは、湯布院から、くじゅう・阿蘇のドライブを楽しみ、
阿蘇山の中岳火口をめざしました。
この日も最初から最後まで、山と草原。自然を120%堪能。

くじゅうの草原の中を走りながら、「この風景をスケッチブックに描くとしたら、
どれだけきみどり色のクレヨンを使うだろうか」
そんなことを考えていました。
b0033169_21555678.jpg

大観望という展望台から望んだ阿蘇山。
b0033169_21562177.jpg

阿蘇外輪山。今回の旅行で、本当にこの阿蘇は、火山噴火でできた場所だということを実感。阿蘇カルデラの迫力に圧倒されつつ、まだまだ私にも行ってみたい場所がたくさんあることに改めて気付きました。
b0033169_220239.jpg

*偶然にも同じ所に出かけた星子さんの「南阿蘇~九住」にTBします。
[PR]
by riro11 | 2007-08-15 22:56 | 風趣

九州旅行記① <北九州から湯布院へ>

九州旅行記、といっても細かい所はどんどん忘れている今日この頃。
写真を整理しながら、思い出しつつ記していくことにします。

高速道路を車で移動した旅。毎日かなりの距離をドライブしました。
普段、車であまり遠出をしない我が家です。こんな長距離を走るのは、
初めてといってもいいくらい。新鮮かつちょっとドキドキ。
決して車の運転が得意というわけではない夫ですが、
この九州の豊かな自然を満喫しようと、張り切って出かけました。
b0033169_23561149.jpg

                                           <車中にて>
そしていきなりびっくりするのは、周りの雄大な山、山、山。大分に向かう高速道路は、
日本昔話に出てくるような、なぐり書きしたような山の中を通っていた・・・。
この先も、いやっというほど近くにせまってくる山に、私は最後まで圧倒されっぱなしに
なるのでした。
b0033169_2328588.jpg湯布院で泊まった宿は、部屋に露天風呂がついている離れ(の部屋)
一度は泊まってみたかった、憧れの露天風呂付き部屋!やっと実現!湯布院は、部屋に露天風呂がついているという宿が、けっこう沢山ありました。今回は離れの部屋といっても、それぞれがコテージのように一軒屋になっています。
左は、<部屋の露天風呂から由布岳方面を望む写真>。湯布院は、女性客をターゲットにしているせいか、今回泊まった宿には女性向きの気配り満載で、とても満足でした。人気の温泉地。さすがにいいお湯です。いつも熱い湯が流れているので、好きな時間に出たり入ったり、贅沢な温泉ざんまいです。


b0033169_2354159.jpg

<由布展望台より由布岳方面と湯布院町を望んだ景色>。肉眼で見た景色は、もっと圧巻でした。写真で切り取るとその迫力は、何分の一かになってしまいます。この後の旅でもそれは痛感させられました。
[PR]
by riro11 | 2007-08-14 23:43 | 歓喜

暑いよ~、九州!

b0033169_21343763.jpg

九州の上半分を車で移動しています。しかし、九州は半端じゃなく暑い!!
車に乗っていただけで、真っ赤に日焼けしました。
午後の日差しは、暑いというよりむしろ痛い!
b0033169_21343784.jpg

[PR]
by riro11 | 2007-08-10 21:34

九州旅行に出発しました!

b0033169_1237238.jpg
b0033169_1237249.jpgさすが夏休み!羽田空港には、ちびっ子のためにキャラクターが用意されていました。”たまごっち”。
そういえば"たまごっち”が描かれたJ●●の機体がありましたよ。

ちなみにこの着ぐるみはキッズランドにいるそうです。

b0033169_18304216.jpg

実際に乗ったのは、これSFJ。初めてタラップから乗りました。
案外と小さかったんだなあ、というのが感想。
[PR]
by riro11 | 2007-08-05 12:37 | 痛快

台風と洗濯機と旅行と

朝いつものように洗濯機のスイッチを入れたら・・・。
ブオオオオン。音だけ鳴って、作動せず。イキナリ、洗濯機が壊れました。
新婚当時から使っている我が家の洗濯機。かれこれ18年間酷使されているもの。
もう限界かと思いました。

ところで、この夏の時期、一日でも洗濯機が使えないとなると大変なことです。
その上、我が家は日曜日から家族全員で九州に旅立つ予定。
夫の家を基点に、“九州旅行”へ出かけてきます。

となると、旅行の前に洗濯が出来ないのは致命的だ!
こうなったら急いで買うしかない、ドラム式!

ああ、急に大騒ぎです。

ところで、洗濯機が壊れたその日の夜、夫が研修のため我が家に帰宅。
夫のいない北九州は台風5号が暴れまくっていました。
向こうにいたら、かなり大変だった様子。
夫は涼しい顔で、当地に一時避難の様相。まったく暢気です。

こっちはカタログを集め、ネットで調べ、お店に出向いて、掘り出し物?の
ドラム式洗濯機を何とか手配しました。

さあ、無事明日には洗濯機が届き、旅行前の洗濯も済ませ、
家族皆で九州へ行けるのか??


旅の様子は、モブログできたら載せます♪
[PR]
by riro11 | 2007-08-03 16:45 | 風趣


花が咲こうと咲くまいと、生きていることが花なんだ      (by イノキ)


by riro11

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

通知
爆笑
激奨
風趣
歓喜
嘆息
苦笑
痛快
感涙
DQⅨ
超個人的

以前の記事

2014年 12月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2013年 12月
more...

PROFILE

大学院生男子、大学生女子の母
首都圏在住  

MY SITE
壱番館:
「普通の専業主婦だって、文句があるさ!」

タグ

検索

その他のジャンル

画像一覧