<   2007年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

楽しい調べ物

ここの所、年度末のせいか、各方面の色んな行事や用事を、
一日ずつつぶして行く日々で、なかなか忙しい。
加えて調べ物に、かなりの時間を割いている。
何を調べているかというと・・・。

それは「新幹線で行き、飛行機で帰る北九州の旅」の計画。

そう。春休みに子供達と一緒に、再び夫のいる北九州へ行こうと思っているのだ。
しかし短い短い春休みに、子供達には未定の予定がごちゃごちゃあって、
全然計画が立たない。
旅行一ヶ月前を切り、飛行機の安いチケットも、新幹線の指定席も
取れないとアウトなので、もう強引に私がすべてを決めた。

その結果、行きは「新幹線」で行く事にも、決めたのだ。

初めは新幹線で九州へ、なんて、はなから考えもしなかった。、
ところが夫の、「今は、のぞみだと4時間半で着くんだってさ」というつぶやきを聞き、
目からうろこの私だったのである。

「のぞみ」。何じゃそれ? 知らなかった・・・。

私が新幹線に乗ったのは高校の修学旅行以来、ない。あれからン十年。
その間に新幹線は、ものすごく進化していたのだ。
物心ついた頃に、「大阪までシンカンセンで3時間半かかる」と覚えこんでいた世代だ。
なんと北九州まで、4時間半とは!

さっそくネットで調べる。これだ! のぞみ500系 
最高速度、何と300キロ。
もう昔のシンカンセンの記憶に残る面影は、どこにもない。
正面から見れば、それは怪しく目が光るコブラの顔。
走る姿は、まるで線路の上を地上に降り立ったジェット機が進むがごとく。

もうこうなったら、子供達の「え~、時間がかかるよ~、飛行機で行こうよ」
というブーイングも、飛行機の格安チケットよりもはるかに高い料金も何のその。
もう気持ちは、東海道、山陽新幹線の線路上にあったのだった。

こうして無事、「新幹線のぞみ500系」のチケットも手に入れた私が、
今またネットで真剣に調べているものといえば・・・・。
実はこれ。

More
[PR]
by riro11 | 2007-02-26 23:31 | 歓喜

「今年の目標」」と「アンパンマン体操」の歌

娘の小学校卒表まで、あと二十日とちょっと。
昨日で、最後の学習発表会と懇談会も終わり、もうそろそろカウントダウンに
入ってきた。

プリント類も少しずつ返却されていくそんな時期、娘が『今年の目標』という
表題のあるプリントを持って帰ってきた。
今年の最初の授業に書いたらしい。へえ、どれどれ。
置いたあったプリントを手にとって眺める。

「生活」の欄には、“時間を守る、早寝早起きを守る”と記してある。
うん、本人にも守れてないのは分かっているようだ。

次の「勉強」の欄には、“家でも少しは勉強をする”とか殊勝なことが書いてある。
そして最後になって、「その他」の欄にきた。“忙しくてもピアノの練習をする”と
書いてある。どうやら毎日忙しいらしい。

その次に来て、私の視線は止まった。

そこにはこう書いてあった。

More
[PR]
by riro11 | 2007-02-20 23:06 | 風趣

バレンタインデーは、疲れるでえー

今やバレンタインデーも、昔とすっかり様変わりの模様です。
小学生だって、手作りは当たり前。今年はマフィン系が人気です。
チョコをあげる意味も「男子にチョコを上げて告白」という儀式を
マジで行う子は、まずいないでしょう。
今やこの日は、仲良しの友達たち(男女)への、「これよろチョコ」
(これからもよろしくチョコの意;命名riro)を配る日になっています。

小学校も寛容です。娘の担任は若い男性教師。おおっぴらなチョコの交換も黙認。
もちろん自分も喜んで受け取るしね。
中学受験の結果も出揃って、小学校の教室はあま~い空気が流れているようです。

一方、高校生はどうかというと。
長男くんの高校は、小学校に輪をかけて、「これよろチョコ」全盛らしい。
実は数日後に、グループ研究のレポートの提出を控えている生徒達。
なのに高校生女子は、大量の「これよろチョコ」を前日の夜遅くまでかかって
作ってきます。
「まったく、何でこんな時にバレンタインデーなのよォ」とぼやきながら。

いつも数学を教えてもらうクラス一の秀才くんには、いの一番に貢ぎます。
部活の部員にも、もちろん全員分作ってもっていきます。
頭の柔らかそうな教師にも、こぞって渡します。先生達ももちろん満更ではないのです。

ところで、今年の長男くんは?
当日、レポート作成のために、クラスの大半は残っていたそうです。
そして同じく残っている女子に、「チョコあげるね。こっから取って!」と言われ、
まだ沢山残っているチョコの山から頂いたそうです。
これは、つまり「残り物チョコ」
しかし、とりあえず複数の心優しき女子からチョコは頂けた。
文句はないでしょう。

かわいそうなのは夫。虚礼廃止なのか、「義理チョコ」ムードも廃れたのか、
1個も貰えなかったらしい。
しかたがない。バレンタインデーは終わったけど、数日遅れで、娘と作った手作りチョコを送ってあげよう。
[PR]
by riro11 | 2007-02-15 23:58 | 風趣

もうすぐ小学生の母を卒業。

あと数ヶ月で下の娘も小学生を終える。
最近は、6年生ぐらいになると、体も心もかなり大人っぽくなって
「どうみても小学生じゃないでしょう!」と、
恐ろしくランドセルが不似合いで、不憫な子もかなりいる。
そういう子たちは早く中学生になってくれないと、
何だか周りの大人は落ち着かないのだ。

娘も夏休みを過ぎて急に大人びてきたらしく、会う人、会う人に驚かれる。
中学に行けば、環境がそうさせるのか、女の子はどんどん大人へ
まっしぐらなのだろうね。
せめて、TVに出てくる“コギャル?”のようなわけのわからないモノに
ならないことを祈るのみだ。

まあ幸いな事に4、50分かけて歩いていく中学校は、かなり辺鄙な所にあるので、
(近くでホタルが見れる)、寄り道したくてもな~んにもないのである。
コンビニが何軒かあるけれど、それも帰宅途中に寄ってはいけない。
毎日の生活はいたってシンプル。
そして自由な校風で制服もないというのに、女子は“なんちゃって制服”
(制服もどきの服装)で行く子がほとんどで、これまた地味らしい。
いざ、どんな服を着てもよろしいとなると、逆に制服が着たくなるのが人情なのか。
そういえばお兄ちゃんは、中3の一年間は学ランだった・・・。

先週末に、中学の入学説明会に行ってきた。二人目だとさすがに余裕である。
小学校の大半はここの中学に来るうえ、お兄ちゃんとも同級生という人も多く、
お母さん達のほとんどが顔見知りで、早くも何だかリラックスかつアットホーム
なムードが漂っているのである。

子供達は歩きでしか通えないが、お母さん達はバイクや自転車でやってくる人も多い。
私はもちろん自転車で。
帰りは同じ方向の人が5、6人、一緒にツーリング状態で帰った。
坂の上の住人が全員、電動アシスト付きの自転車だったのが笑えた。
しかもこれからの中学校生活に備えたのか、昨日買ったばかりの人もいた。
よろよろと乗っている友人に「大丈夫?」と声を掛けながら、
私の子育て最後の“中学生の母”生活も、こうしてゆっくりとスタートを切った。
そして、ここである重大な事を思い出し、急に青ざめた私。

「そうだ、春からお弁当二人分だ!」
新たな戦い?が始まるよ・・・。
[PR]
by riro11 | 2007-02-13 23:00 | 風趣

うそ日記NO3

前々回前回に引き続き、久しぶりに“うそ日記”。

******
2月5日 晴れ

子供達を玄関で見送るのももどかしく、朝からPCの電源を入れる。
目的はピクロス。夕べ寝る前に、明日の予定の一番に『ピクロス』を入れた。
ここ一週間ほどピクロスにはまっている。ほとんど中毒だ。
PC内で拾ってきたお試し版を、何回も何回もやっている。
一通り全部終わってからもう一回やってみると、すっかり忘れていて、
またもや全然出来なくなっているので、いつまでも楽しめる。
ゲームはほどほどにできない方が絶対楽しい。そして確実に安上がり。

今ピクロスDSソフトは品切れなのだ。入荷未定の札のついたソフトケースが、
店先に山ほど並んでいる。
本体もそうだが、買いたい人が大勢いるのがわかっている物に限って、
安々と買えないしくみになっている。
苦労して手に入れるのも、ゲームの快感度を高めるために必要な儀式らしい。
お試し版で十分楽しめる私には、どっちみち関係ないが。

今日の予定の二番目、『気功をやりに行く』。
手袋、耳当てに花粉除けメガネ。準備を整えて自転車に乗る。
自転車の前かごには、ビニールの黄色の背景に「●●小学校PTA安全パトロール」
という黒い文字がでかでかと張り付いている。
この格好で近所を走れば、天下無敵。もう怖いものなし。

近隣のママチャリも、その大半が各自それぞれの小中学校の
「PTA安全パトロール」マークをつけて走っている。
そしてスーパー、スポーツジム、喫茶店、本屋、ありとあらゆる駐輪場に止まっている。
カラオケや居酒屋の前にも止まっている。
ママさん達は日夜、あらゆる場所で子供達のあらゆる安全をパトロールしているのだ。

しかもこの「PTA安全パトロール」マークは、本当に安全なのだ。
うっかり鍵をつけっぱなしで大型スーパーの駐輪場に止めてしまっても、
数時間後戻ってきた時には、自転車は無事だった。
さすがに「PTAの安全マーク」をつけた自転車を盗もうと考える、
度胸のある人は、いないらしい。

自転車で近道を飛ばす。今まで分かりやすい国道沿いを走っていた私に、
友人は近道を教えてくれた。
友人の教えてくれた道で行くと、確かに10分は時間を短縮できたが、
家と家に挟まれた、ほとんど私道といってもいいくらいのすごく狭い道や、
人一人しか通れない細い橋を渡らなくてはならない。
しかし驚いた事に、この近道に変えてから、次から次へと何人もの知り合いに会う。
今までこの近道を知らなかったのは、私だけだったのかもしれないと思うと、
すごく不安になった。
[PR]
by riro11 | 2007-02-05 23:40 | 痛快

記事アップのお知らせ

「普通の専業主婦だって、文句があるさ!」のサイトに、
「『ものごとは努力によって解決しない』」 の記事をアップしました。
[PR]
by riro11 | 2007-02-01 23:27 | 通知


花が咲こうと咲くまいと、生きていることが花なんだ      (by イノキ)


by riro11

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

カテゴリ

通知
爆笑
激奨
風趣
歓喜
嘆息
苦笑
痛快
感涙
DQⅨ
超個人的

以前の記事

2014年 12月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2013年 12月
more...

PROFILE

大学院生男子、大学生女子の母
首都圏在住  

MY SITE
壱番館:
「普通の専業主婦だって、文句があるさ!」

タグ

検索

人気ジャンル

画像一覧