<   2006年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

近況

暑いですね。ここ最近、めっきり暑くなってバテバテです。
我慢できなくなって、我が家の人口が増える夜だけ、冷房のドライをかけてます。
そんな所に「熱い」話で恐縮ですが。

友人に誘われて、「米ぬか酵素風呂」なるものを体験してきました。
今週は雑事に忙殺されていたのですが、このものすごくそそられる名前に、
ついふらふらと・・・。
巷には、変わり風呂が次々と出現しています。岩盤浴はもう古い。
溶岩浴なんてものもあるそうです。そして、今度は「米ぬか酵素風呂」。

「米ぬか酵素風呂」とは一口にいえば、指宿温泉の砂蒸し風呂の砂の代わりに、
自然発酵した温かい米ぬかを、体にかけると思ってください。
岩盤浴で自分が石焼いもになったような気分になるのなら、
これはさしづめヌカ付けのキュウリの気分でしょうか。
効能は、体を暖め、新陳代謝を活発にし、美容と健康促進だそうです。

広めの棺おけ?のようなヒノキの箱風呂にぎっしりつまった米ぬか。
そこに顔だけだして、米ぬかの中に埋められるように入ります。
体験だったので短めで、十分間入りました。
米ぬかをかけ始めてすぐ体中ほっかほか。暖まったなあなんて思っているうちに、
そのうち暑くて暑くて、ふぅ~ふぅ~・・・。
あっという間の十分でしたが、シャワーで洗い流してからも、全然汗がひかない。
確かに暑い日だったけれど、二十分は休んでいましたが、普段あまり汗のかかない
私が、その後も長いことじんわり汗ばんでいました。
友人と、今度はもう少し涼しい時に来ようねと話したぐらい。

さて、この「米ぬか酵素風呂」。完全個室で、米ぬかの中には裸で入ります。
最初誰もいないところで、箱風呂の中に横になり、自分で米ぬかを体に
少しかけたところで、係りの者を呼び、本格的に埋めてもらいます。
係りの人は当然女性です。女性でも、初めての私は少し、いや相当気後れしました。

ところが友人の担当はなんと・・・!
直前まで、説明してくれた人は女性だったので安心していた所、
入ってきたのが男性だったそうです!もちろんびっくり仰天したらしい。
でも、もうまな板の鯉状態ですからね。どうする事もできなくて、そのままで
なすがまま。ただただ、米ぬかをかけられていたそうです。

そういえば昔の銭湯って、番台には男性が座っていたし、確か三助さんは
女性の背中も流していたんですよね。恥ずかしくなかったのかなあ。
それともそういうものだと思って、疑問に感じなかったのでしょうか。

「米ぬか酵素風呂」、いろんな意味でかなり刺激的でしたよ。
[PR]
by riro11 | 2006-06-30 23:57 | 風趣

我輩は・・・。

b0033169_23382621.jpg我輩はDSライトである。ソフトはまだない。買い主はriro。運のいい人間である。我輩の仲間たちは本日店頭に並ぶやいなや、あっという間に買われていった。我輩1個だけがなぜか奇跡的に残っておったのだ。売り場の前を何気なく通りかかったriroは我輩の存在を知ると、信じられないという顔をして近づいてきた。店員に今日入荷したことを聞くと、我輩を愛おしそうに手にとり、そしてもう二度と離すことはなかった。

こうして我輩はriroの元にやってきた。しかし我輩を買うつもりでなかったriroは、ソフトを購入するお金がなかったようで我輩はまだひとりぼっちだ。優秀な我輩も一人では我輩の真価をまったく発揮できずに、今はただ置物のように飾られている。まあ、よい。riroはそれでもすこぶる満足そうだ。
[PR]
by riro11 | 2006-06-24 23:37 | 超個人的

記事アップのお知らせ

「普通の専業主婦だって、文句があるさ!」のサイトに、
「子育てに負けないために」の記事をアップしました。
[PR]
by riro11 | 2006-06-23 12:45 | 通知

紫陽花の季節なので・・・。

紫陽花の穴場に連れて行ってもらいました。以前に、梅を見に鎌倉へ行った時は、
学生時代に「鎌倉同好会」に入っていたという友人に連れて行ってもらい、
今回も・・・。(相変わらず人任せ)
行き先は、鎌倉の浄妙寺。人が少なく静かな広い庭に、ただうぐいすの「ホーホケキョ」という、はっきりした鳴き声が響き渡っていました。時々吹く涼しげな風が、とても心地よかった。
b0033169_23191425.jpg

白い紫陽花の花は、生まれて初めて見ました。
b0033169_23202938.jpg

紫陽花っていろんな種類があったんですね。
ここには、かわいい紫陽花がいっぱいありました。
思わず「かわいい!」と口に出しながら写真を撮りました。
b0033169_23373768.jpg
b0033169_23375560.jpg


そしてメジャーといえば・・・。
[PR]
by riro11 | 2006-06-21 00:12 | 風趣

超絶技

成長期なのか疲れているのか、高一の長男は最近全然、朝起きられない。
おとといはとうとう、いつも乗っている電車の次の次の電車にしか間に合わなかった。
あいにく彼の教室は五階。もちろんエレベーターなどあるはずもなく。
当然遅刻かと思ったら、それが何と間に合ったと涼しい顔で言っていた。

いったいどんな技を使ったのか。謎だ。

で、今日は作戦会議を開く。題目は「どうやったら起きれるか」
何しろ最近は、目覚まし時計が鳴り始めてから30分後に、私が脅しに起こしに行かなきゃならない。
「アンタ、学校行く気あんの!!」

長男の使っている目覚まし時計は、頭の所を押すといったん音が止まるが、
しばらくするとまた鳴り出す。延々と、鳴っては止め鳴っては止めているらしいのだが、
お弁当を作っている時、その音は聞こえない。

で、聞いてみた。
「目覚まし、元を止めてるでしょ?」
「いいや」
「音聞こえないよ」
「ピッと鳴ったら、即押しているから」
「うんと遠くに置こうよ。机の端っことか」
「置いている」
「へっ? じゃあ何で起きられないの?」
「ピッって鳴った瞬間、起き上がって机の上の目覚まし時計に飛びつき、次の瞬間ふとんに入っているのさ」

「・・・・・・。」

そこまでするなら、何故起きない??

これから君を「目覚まし時計の達人」と呼ぼう。(それでいいのか・・・)
[PR]
by riro11 | 2006-06-15 23:58 | 苦笑

気分転換

b0033169_21301440.jpg今回の、のだめの新刊についてきた限定版特典、マングースのぬいぐるみ。
受注生産品で予約しないと手に入らない、と聞いていたんだけど。発売日の数日前に、普通に書店で「マングース付き」が並んでいました!なので、もちろん普通に買いましたとも。
ピアニカの部分がちゃちいのと「ギャボッ!」の声がまんま電子音っぽいのがちょっと気になったけど、ぬいぐるみは文句なくかわいいから許す。
[PR]
by riro11 | 2006-06-14 22:15 | 超個人的

紙ヒコーキ、飛ばしました。

桜桃さんに声をかけられたので、ついつい前回に引き続き
今回も参加してしまいました。
今回は未来へのメッセージを紙ヒコーキに書いて飛ばします。

実は私、紙ヒコーキと聞いて、すぐ「赤い鳥」の「紙風船」という歌を
思い出しました。(作詞:黒田三郎 作曲:後藤悦冶郎)

高校生の時、文化祭で皆で演奏した曲です(当時でも古い曲でしたが)。
短いけれど、大好きな歌詞でした。
高校生の時よりも今の方が、
歌詞の意味が分かるようになったのかもしれません。

そして数年前に小学校の廊下に貼られていた「私の好きな詩」の一つに、
黒田三郎氏の「紙風船」の詩があったのを見ました。
随分懐かしく、そして嬉しく思ったものです。 

この詩を、私の未来のメッセージに替える事にします。

   「紙風船」 黒田三郎

   落ちてきたら
   今度は
   もっと高く
   もっともっと高く
   何度でも
   打ち上げよう
   美しい
   願いごとのように
 

<参考>「赤い鳥」の「紙風船」の歌詞は、黒田三郎氏の「紙風船」の詩を少し変えています。

[追記] つかまえた!
[PR]
by riro11 | 2006-06-07 16:13 | 風趣

危険がいっぱい!

ヨガの時間中でした。「瞑想型の腕の運動」というのをやっていた時です。
立ったまま目をつむり、左手のつま先をゆっくりゆっくり頭の上まで上げていく動作の
途中、突然、鉄の塊が天井から落っこちてきたようなものすごい音がしました。
皆がびっくりして、目を開き音のする方向を見ると。
部屋の隅のほうで、女性がまるで一本の棒みたいにまっすぐの姿勢のまま、
仰向けに倒れていたのです。

More
[PR]
by riro11 | 2006-06-06 23:41 | 苦笑

ディズニーランドで気になった事・・・

●修学旅行の中高生が大勢来ていました。制服姿の子達も多かったです。
その中に、胸に「ネームプレート」をつけている女子学生がいました。
これって結構危険なんですよね。人は、全然知らない人からでも
名前で呼びかけられると、つい気を許してしまうものらしいです。

名札をつけて登校している近所の小学一年生も、いつも心配でしょうがないです。

More
[PR]
by riro11 | 2006-06-03 23:58 | 痛快

行列のできないディズニーランド

b0033169_22345929.jpg

昨日娘の小学校が休みだったので、夫にも会社を休んでもらって、“夢の国”に行ってきました。昨日はいい天気でした。いい天気過ぎました。かなり暑かったです。帽子が手放せなかった・・・。

More
[PR]
by riro11 | 2006-06-02 23:59 | 痛快


花が咲こうと咲くまいと、生きていることが花なんだ      (by イノキ)


by riro11

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

通知
爆笑
激奨
風趣
歓喜
嘆息
苦笑
痛快
感涙
DQⅨ
超個人的

以前の記事

2014年 12月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2013年 12月
more...

PROFILE

大学院生男子、大学生女子の母
首都圏在住  

MY SITE
壱番館:
「普通の専業主婦だって、文句があるさ!」

タグ

検索

その他のジャンル

画像一覧