カテゴリ:歓喜( 49 )

工事の騒音にお困りの方、ご用達耳栓

しとしと雨が降る中、マンション修繕工事は隣の棟に移って行き、今日は久しぶりの小休止。
気がつくとびっくりするほど、昼寝をしていた。騒音は思ったより堪えていたんだなと思う。

先週末にはもうこれ以上耐えられないと、新たな耳栓を探すことにした。
それまでも海外旅行用や普通の雑音排除の耳栓が家にあったのだけど、どれも全く役にたたない。
特に私の耳の穴は小さいらしく、丸めて入れた耳栓がしばらくすると、ポロリと落ちる。
手でずっと耳を押さえていないとだめなのだ。

某通信販売サイトでは、ピンポイントで、工事の騒音(特にドリル)に効くやつにしぼって、
レビューを片っ端から読んでいく。同じ苦しみを味わっている人たちが何と多いことか。
そして、日本製で、値段も手ごろ(ためしてダメでも許せる値段)なものをひとつ見つける。

しかし・・・。それは安すぎて某通信販売サイトでは、単品で売っていない。
こんな貴重なものが、はたして薬局かドラッグストアで、手に入るのか。

いや明日の工事までに是が非でも買わねばと、私は夜の八時過ぎ、自転車で近所の
クリ●イトに走る。そして、そこであっさり購入できた。
わりとどこにでも売ってるようだ。

この耳栓の形状は、他のものがずんどうなのに比べて、おしりの部分が画鋲のように
一回り大きい円になって広がっている。
細く丸めて入った耳栓は耳の中でふくらんで、しかも耳の出口には丸くふたがされる。
入れてみると、ピタッと密着した感じで、これまでにない好感触。
祈るような気持ちで翌日の工事を待つ。

ゴオオオオーオオ。きたー!土曜日なのに朝も八時半にもなると、轟音がすぐそばのベランダを襲う。
手元に置いてあった耳栓、すかさず装着。
な、なんと、轟音はすーっと遠ざかり、ただの生活音の一部となった。
ああ、静かだ。これをつけていれば、この工事の音の中でも眠れる自信あり。

その日は家にいる間、ずっとつけていましたが、本当に静かだった。だけど、会話や
タイマーやケータイの音はちゃんと聞こえる。
私の嫌だった換気扇の音、ドライヤーの音、古くなった給湯器の音が、
ほとんど気にならない程度に緩和された。どうやら、ひびく低い音に効果があるらしい。
以前突発性難聴になった私には、ホント救世主だった。

なので、普通このブログでは宣伝はしないのですが、今回だけは特別にお知らせします。
この優れ物は、「ピップイヤ~ホリデイ ソフトな耳せん」
ワンコインで買え、ケース付き、二組入っている。試してみても損はないと思います。
[PR]
by riro11 | 2014-07-08 00:12 | 歓喜

完治!!

長い夏の終わりとともに、ご心配おかけしました、私の左足のひざ骨折(正確にはひび)も、
おかげさまで、ようやくほぼ完治となりました!

事故当時、ぴくとも動かなかった足が、固定したまま上下に動くようになり、
寝たまま上下に持ち上げる30回ストレッチを経て、
松葉づえから、てすりにつかまって、と歩く支えも少なくなって、
順調に回復。

ただ骨折部分は一カ月ぐらいで痛みもなくなって、動かしても良かったのですが、
長い間固定していたひざの曲げ伸ばしが、最初全然できなくて焦りました。

階段を上るのにひざをかなり曲げなくちゃいけないことに、
初めて気づきました。あと、自転車もかなりひざ曲げます。

最後の難関の「階段両足交互上り降り」も無事にクリアし、
今は、しゃがむことと正座が、ようやくそろりそろりとできるようになって、
ほぼ怪我の前と同じくらいまで足の機能は回復しました。

怪我をしていろいろ感じたことはありましたが、ひとつは、
足の怪我のボスキャラは、何と言っても階段!ということ。
階段は目の前にそびえたつ、山に見えました。
あと、杖を持って電車に乗ると、ソッコーで席を譲ってもらえる!、ということ。
お年寄りよりも優先して、譲ってくれます。

ところで、私が怪我をしたのは、自転車でころんだのですが、
そのことを自転車乗りに話すと、100パーセントの確率で、
みんな一回は、自転車でころんで怪我をしているということが判明。
救急車で運ばれたり、足や手首の骨折、じん帯伸ばしたり。
自転車、思ったより事故率高し!です。

気をつけたいと思いつつ、懲りずにまた、自転車乗ってます。
I LOVE 自転車! 
あっ、雨、雪の時は気をつけます…。
[PR]
by riro11 | 2013-10-04 13:58 | 歓喜

東京観光と娘なんて、な、お話

今までブログのお友達とお会いすることは、何回かありましたが、みんな関東周辺の近いところの方ばかり。ところが今回、蟹の美味しい北の地に住む(たくさんの名を持つ)セシルんさんが、上京されるという。
セシルんさんは、私がエキサイトブログを始めた時からの、長いブログ友で、毎年「今年の漢字」をトラバっている仲であります。いつかお会いできたらなあという思いがかなったのでした。
くわしいことは、いつものようにここをご覧ください♪

東京生まれだけど、方向音痴な私が人を案内するって…。すでに珍道中フラグ立ちまくり!
しかも、初対面のセシルんさんと、いきなり東京のど真ん中、原宿駅で待ち合わせって!
でも、無事に会えました。私がつい「お久しぶりです!」と言ってしまったのは、初めてお会いするけど、ブログでは、もうずいぶんと長くお付き合いしてきた思いから、ついうっかりでた言葉なのです。決して私がボケてたわけではありません…。
b0033169_20204971.jpg
ここは、どこかというと、そう東京のど真ん中、明治神宮。確かに、この鳥居の前に立っただけで、どわ~と何だか自然の気オ~ラを感じる、感じる。明治神宮は、富士山から流れている龍脈が集まる場だから、パワースポットなのだそうです。

今日の、お目当ては、「清正の井戸」。虎退治で有名な加藤清正の掘った井戸??
湧水がわきでる井戸。何年か前にパワースポットとして大ブームになった場所です。菖蒲の花が終わり、人けのない明治神宮御苑の片隅にひっそりとたたずむ井戸。透き通った水。確かに気持ちが洗われるような感じでした。
b0033169_21373264.jpg


そこからお茶をはさんで、私たちは新しくなった東京駅を、これまた今年の3月に新しくできたばかりのkitteのビルの屋上庭園から見学してランチ。実は私は、明治神宮参拝も新東京駅も初めてという。セシルんさんにかこつけて、自分もとても東京観光を楽しんだのでした。

ブログのお友達と会うと初対面なのに話がはずみます。セシルんさんともそうでした!
特に下の娘の母親への対応がとっても似ていて、「あなたの娘は、うちの子かいっ!」って思いました。
それに比べて息子は…。ああ、私の前の記事のよう。

娘さんのために上京してきたセシルんさんは、今日お帰りです。この記事を読んで、私は不覚にも泣けました。お母さんはつらいよね~。でもね、いつかわかってくれる日が来るよね~。
その日まで、お互い頑張ろう。全国の娘を持つお母さん達にもエールを送ります。
私も今やっと、自分の母親の気持ちが少しわかってきたから。

おまけ;待ち受けにするといいパワースポット
[PR]
by riro11 | 2013-07-03 22:13 | 歓喜

riro犬と猫に翻弄されるの巻

前回、大予約をしていた、「アジサイ会」メンバーによる北鎌倉散策のこぼれ話です。
詳しい話は、いつものようにここここここをご覧ください!
散策と食事をすませ、私たち一行は、これまた恒例になったつつじ邸を訪問いたしました。

つつじ邸の中に一歩踏み入れると、そこに現れたのは・・・。
つつじさんの愛犬ハニーちゃん。なぜかハニーちゃんは、他のお客二人には目もくれず、
私、riroに猛突進。しっぽをちぎれんばかりに振って、飛びつく、飛びつく。
ああ熱烈歓迎!
しかしその場限りのことではなく、別室に移ってもその歓迎ぶりは衰えず、
にげまどう私を追いかけるハニー。あまりのくすぐったさに私はとうとう、ギブアップ。
つつじさんに助けを求め、ろうかと部屋とに別れさせられてしまった私たち。
「何かもてもてだわ」「何でriroさんばっか」と大いに羨ましがられた私。
(これはやはり人徳か。むふふふ)と悦にいっていた私だったが、謎はすぐ解けた。
それはこれ↓
b0033169_22462295.jpg
Gパンのポケットに入っていた携帯ストラップのオウムが、私が動くたびに揺れて、ハニーが喜ぶ。飛びつかれて驚く私。揺れるストラップ。ますます興奮するハニー。というわけで、別に私の人徳でも何でもなかったのだ。
まあ、そうだろうね…。
私たち一行は、それからつつじ邸で飲んだり食べたりおしゃべりしたりくつろいだりして、楽しいひと時を過ごしたのだった。飲める人にはビール、私にノンアルコールビールを用意してくれたつつじさんは、まさにおもてなしの極意を知ってらっしゃる。私はビールは飲めないが、ビールを飲んだ雰囲気は好きなのだ。

さて、犬は終わって、次は猫。
つつじ邸を後にして寄ったのは、北鎌倉古民家ミュージアムでやっている「ネコ・エキスポ2013」。
ここはもうネコ、ネコ、ネコ。絵、置物、小物、グッズ、もう圧巻のネコづくし。
このミュージアムに飾られてあるのは、何から何までネコだらけで、どんなものにも必ずネコがついている。
格別猫好きを自認しない私も、あまりの愛らしさにもうメロメロ。
北鎌倉の自然も文化もいい。でも、ああ、犬も猫もよかった!

おまけ 鎌倉を舞台にしたマンガ
[PR]
by riro11 | 2013-04-21 23:37 | 歓喜

海と葉山と美術館

娘が高校生になって土日とも部活で忙しい ⇒ 親の手を離れる ⇒自由に夫婦で出かけられる
というわけで、健康維持を目的に、「自然に触れる」&「ウォーキング」プロジェクトを
GW明けから実施中の私たち。着々とその成果を積み重ねております。
が、ブログに更新するのを怠けているうちに、あっというまに写真なんかがたまってしまい、
焦っています。とりあえずアップは後にして、記録だけ。

●三渓園散策 ●鎌倉散策 ●金沢自然公園散策 ●箱根湯本散策+温泉(アップ済み)
●城ケ島散策+温泉 この間にホタル観察(三渓園及び秘穴場)

こうして書いてみると、私にしてはちょっと信じられないくらい、
ものすごく活動的に過ごしていますね。

そして今日は、少し疲れ気味なこともあり、まだどうするか決めていませんでした。
ところが朝TVを見ていた夫がいきなり言いだしました。

「これから、葉山の美術館に行こう!」

たった今見ていたTVで紹介されていた美術館は、偶然前々から私が行きたいと言っていたココでした。
夫いわく、今まであまり気が進まなかったけれど、今回やっているのは良さそうだったとのこと。
私はというと、ぶんぶんさんのブログで紹介されたのを見て、
そのロケーションの素晴らしさに惹かれていたのです。

思い立ったが吉日。今日は「ウォーキング」はお休みして、「自然に触れる」だけを遂行!

今の時期、葉山まで道が空いていて快適なドライブ。御用邸を右に曲がれば、すぐ美術館です。
b0033169_23315593.jpg
今回やっているのも、知る人ぞ知るアニメーションの巨匠、ノルシュテインとその妻ヤールブソワの絵及びアニメーション。絵本の原画やアニメーションの原画もたっぷり展示されていました。
なるほど、私が好きそうなものがやっていると夫が思った通り、ヤールブソワのあざやかな色合い、やわらかなタッチのキャラクターがでてくる絵本の原画はとっても素敵でした。
そして評判通りの、繊細で、物悲しいノルシュテインのアニメーションにはうならされました。

山と海に囲まれた美術館。ロケーションも最高です。すぐ下には海が広がっています。海の家が、建設中でした。
b0033169_084126.jpg
美術館に併設されたレストラン(ここに来たかった!)で、昼食をとりました。どの席も海が見える気持のよいレストランです。途中で幸運にもテラスが空いたので、デザートはそちらでいただきました。
b0033169_013024.jpg
曇り空の日差しはまぶしくなくてちょうどよく、風は心地よく、海をながめてぼんやりしていました。
葉山なんてわりと近いのに、なんで今までこれなかったんだろうと夫と話しましたが、
やはり子育てで余裕がなかったんだろうという結論に。
夫は独身のころ美術館めぐりが好きだったけど、結婚してからはあまり行けなかった。
これから、あそこもここも行こうと勢いづいています。
子供が手を離れると、さみしいこともあるけれど、反面いいこともある。
子供連れでは、なかなか行きづらかったところへ、どんどん行ける。
それには元気で長生きしなくては!と、またそこに落ち着くのでした。
[PR]
by riro11 | 2010-06-13 23:45 | 歓喜

娘の入学式 ~花のJKデビュー?~

b0033169_7125442.jpg

ここの所、寒い日が続いていますが、珍しく晴れて暖かい作日、
娘の高校の入学式がありました。
卒業式に続き、雨の谷間の貴重な一日でした。
娘いわく、“私があの学校に行く日は絶対晴れる!”
そう、学校見学も、文化祭見学も、説明会も受験の日も発表の日もいつも晴れていました。
だからきっと学校が自分を呼んでいると思い込んでいましたが、
よく考えると、この学校を受験するほとんどの人が同じなんですけど・・・。
まあ、こういう単純なポジティブシンキングは、楽しく生きられる秘訣かも??

制服のない中学で、おしゃれに〝なんちゃって制服″を着こなしていた娘は、
高校の制服は大いに不満。確かにこれは何というか、いまどき珍しいくらい、
イケてない。
でも今さらどうしたって手遅れだし、みんな同じなんだから我慢するしかありません。
ちなみに他の高校に行った中学の友人は、他の中学出身の人から、
「●●中はギャルが多いね」と言われたらしい・・・。
そういうイメージだったんだあ。今ごろ気づいた。

同じ中学から一緒に行く子が誰もいないので、母は少し心配でした。
クラス分けを見ても、塾の知り合いも同じクラスにいない。
でも式で隣に座っていた子と話をしていたので一安心。

娘と違って私は、慣れた場所、慣れた雰囲気だったのでリラックスして、
落ち着いてのぞめました。
担任が兄の事を知っていて、ちょっとびっくり。悪いことはできません。

帰りの校門の所で、小学生の時にピアノのグループレッスンで
一緒だった子のお母さんに再会。縁があったのですね。
一緒に帰ったのですが、彼女もそのお友達も口々に、
「良い式だった、良い雰囲気」だったとほめていたので、うんうんとうなづきながら
改めて私もこれからの娘の高校生活が楽しみになってきました。

ゆるすぎた自由すぎた中学とのギャップをどう埋めていくのか、
今後の課題の娘!とりあえず気の合いそうなゆるい人と友達作りに励むそうな。
ところでさっそく今日は新入生テストだったんだけど、結果は・・・・。
まさに、ゼロからの高校デビューだ。頑張れ我が家のJK!?
[PR]
by riro11 | 2010-04-07 22:18 | 歓喜

急転直下・・・

昨晩は当地も夕方から、みぞれが降り続き寒い日となりました。
しかし我が家には、思いがけずホットなニュースが舞い込みました。

受験する機会が一回でも増えるからという理由で、
昨年の12月に急遽受験を決めた、公立高校の前期入試。
兄の時から、宝くじが当たるようなものと言われていたこの入試方法。
娘の受験する高校は、内申、面接の他に論述作文が大きなウエイトを占めていて、
しかもこれが例年くそ難しいきわめて難解な設問ときている。
ほとんど対策もできず、本当にその時の運しだい一発勝負なのだ。

しかし。
今年は新型インフルエンザなど不安要素もあるので、
単純に入試の機会が増えるのはありがたい。
ということで当たって砕けろとばかり、受験を決めました。
それからが大変。
まったく出遅れた感のある娘は、冬休みから一月いっぱい、
PR書書きやら面接の練習に追われ、もうぎりぎりの状態で、
ようやく先日受験の日を迎えました・・・。


そして、
昨日の発表で、合格をいただけました!


ホントにもうほとんど期待していなかっただけに、うれしいというより
ただただびっくりしました。


何しろ当日、試験を終えた娘は疲労困憊の様子でぐったりして帰宅。
頭痛がすると言って、そのまま数時間寝てしまいました。
よっぽど普段使わない脳みそをフル回転させて頑張ったんだなあと
その寝顔を見てしみじみ思いました。

昨日の発表結果を待つ間も、私は「娘をどうやってなぐさめるか」と
何度も何度も脳内シュミレーションをくりかえしていました。
(あんまり繰り返し過ぎて、気持悪くなった)

あとで聞くと娘自身は(小心者のこの親と違って)、
どうしても受かって喜んでいる自分しか、
脳内シュミレーションできなかったそうです。

もしかして、本当に本当にポジティブシンキングは、
受験を制するのかもしれない!?


今回うれしかったことは、前期を受けない友人が、
娘を気持ちよく応援してくれたことです。
前日に、ポストにキットカットを入れてくれた友人。
メールで暖かい言葉を贈ってくれた友人。
みんな自分も受験勉強が忙しい身なのに…。

合格がわかった後も、みな我が事のように喜んでくれたそうです。
この時期、なかなかできることではありません。
娘は良い友達に恵まれたなあと、それがとてもうれしかったです。


***********
このブログを見てくださっている、これから受験をひかえている皆さんにも、

どうか良い運を分かちあえますように!
皆が合格されることを祈っています!

More
[PR]
by riro11 | 2010-02-02 21:40 | 歓喜

バス、バス、バス!!

しまったっ!またまた久しぶりになってしまった! 
こんなはずじゃなかったんだけどォ・・・。

さて、もうめっきり秋です。秋の長雨に突入した模様。
とりあえず近況を備忘録として書いておこう。

この秋の我が家の一番のニュースは、家の周りにバスが通ったこと。
この山の上に引っ越してきて、はや二十年を越しましたが、
やっと今頃バスが通るとは。
街自体が老年化してきたってことですかね。
もっとも駅から一周する循環バスで、バス自体もかわいいミニサイズ。
二十人も乗ればいっぱいになってしまいます。

だいたいいくら坂道だって、歩いたところでそんなに時間は変わらない
そんな近いところを、今さらバスが通ったって、わざわざお金を払って乗るか?
しかも一時間に3本という本数。

ーーという皆の疑問を見事に裏切って、なぜかバスは大盛況!
   いつも満員御礼で、日に日に並んで待つ姿も増えてきた。

教訓そのⅠ、人は楽な方、楽な方へと流される


で、私は?というと。実は我が家のまん前にバス停ができたこともあり、
自転車でない時は、時間が合えばつい使ってしまう。

ちなみに下りにはまだ乗っていない。
知った人に会うとすごく恥ずかしいから。近すぎて。

我が家の家族は、珍しいもの好きの夫が、
バス路線開通初日に乗りました。
(子供かっ!)
その後は節約して、なるべく乗らないようにしているらしい。

娘は、塾帰りにちょうどバスの時間が合うので乗せている。
お迎えの手間が省けてラッキー。

息子は・・意地でも乗らない。

More(しかし違うバスには乗る息子)
[PR]
by riro11 | 2009-10-02 18:47 | 歓喜

箱根旅行続き~元祖王子さまの館

私の知らないうちに箱根に"星の王子さまミュージアム”なんてものができていました。
b0033169_1437944.jpg


b0033169_14364958.jpg観光地にある”~館”は、けっこうがっかりさせられるものが多いので、正直それほど期待しませんでした。しかし、ここは一味も二味も違いました。ここなら星の王子さまマニアにもじゅうぶん満足できます。そんな場所です。
館内、屋外、いたるところに、星の王子さま&サン=テグジュペリの世界が広がっていました。

b0033169_14385897.jpg

b0033169_15224067.jpgサン=テ グジュペリのすべてが、写真と自筆の書簡などとともに詳細に表された展示スペース。彼の一生が映像で流される映像ホール。細かい所の演出が行き届いて、ファンにはうれしい。
では、そしてやはり一番心を奪われたのは、彼の故郷のプロヴァバンスの街並みが再現され、彼の生きていた時代の風景を味わえた事。建物の街並みのあちらこちらに、星の王子さまゆかりの物や登場人物が配置され、うれしい演出でした。

b0033169_14391523.jpg 私はもちろん長年のファンです。解説本も何冊か読みました。でもけっきょくこの本の意味するところは、未だにはっきりとはわからない。読む人それぞれ、読む年代それぞれに、色々なことを考えさせられる本です。それでも今回このミュージアムを訪れて分かった事は、星の王子さまという本は、サン=テグジュペリの経験した色々な事柄が基になって作られたという事。それがわかっただけで収穫でした。
ちなみに夫も日本語版と英語版(高校の副読本)で2回読んで、2回とも最後で泣いた人です。
私と違って、最後の場面がすっと心に入ってきたそうです。ウウム・・・。

[PR]
by riro11 | 2008-08-16 15:29 | 歓喜

今日の・・・。

b0033169_231027.jpg

b0033169_23123758.jpg

収穫? 花束は例のごとく、息子ではない夫から・・・・!
今年も、ものすごくデカイ箱を宅急便の人が運んできました。配達のおじいさんが、
「いったいこれは誰からだい?なんなのかい?」と好奇心むき出しの顔をしていたので、かなりきまりが悪かったのでした。

カーネーション仕様のチョコレートはCMに感化された娘から。あと私の大好物のアッップルパイも買ってきてくれました。(しかしなぜかお金はこっちもち・・・!)
本当のプレゼントは今度一緒に買いにいくそうです。今は休みも部活で忙しくて買いにいけないのだそうです。

さて息子がくれたものは、気持ちです(汗)。気持ちは目に見えないので、ここにはのせられません。あしからず。
[PR]
by riro11 | 2008-05-11 23:33 | 歓喜


花が咲こうと咲くまいと、生きていることが花なんだ      (by イノキ)


by riro11

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

通知
爆笑
激奨
風趣
歓喜
嘆息
苦笑
痛快
感涙
DQⅨ
超個人的

以前の記事

2014年 12月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2013年 12月
more...

PROFILE

大学院生男子、大学生女子の母
首都圏在住  

MY SITE
壱番館:
「普通の専業主婦だって、文句があるさ!」

タグ

検索

その他のジャンル

画像一覧