カテゴリ:嘆息( 24 )

雨の日に自転車は危ない

b0033169_16425977.jpg変な陽気です。日本全国、豪雨も多いです。
晴れていて、いきなり雨も、いきなり土砂降りもあります。

そういう時、自転車は危ないのでした。

いきなり土砂降り、あわてて雨宿りのため猛スピード、車輪とられる、転倒、骨折←今ここ。
転倒して、膝で落ちました。膝、骨折。全治一カ月半。

今ギプスで固めて、松葉杖の生活です。
幸い、子供たちの学校もぼちぼち夏休みに入ったので、家事全般、交代でやってもらいます。

いやあ、足一本ギプスだと、全然動けません。
降ったら乗るな、教訓にしましょう。
[PR]
by riro11 | 2013-08-03 16:47 | 嘆息

地震その後

日に日に、地震被害の恐ろしさが、身にしみていきます。

当地は、もうすぐ、計画停電が始まります。
あたりを消防車が、これからの停電をアナウンスして回っています。
なんか、ものものしい。

近所のスーパーや量販店は、店内の電気をしぼっていて薄暗く、
それがいっそうお客の不安をあおるのか、みんなあおられるように、
買いだめをしていきます。見事にケースやワゴンが、がらがら。
災害常備品だけでなく、パンやお米もないですね。

娘は高校に行ったものの、来ていない人も多く、合唱コンクールの
練習をしただけで、午前で帰ってきました。

朝一でバイトに行った息子は、結局休みになり、だけど
そのおかげで開店から長蛇の列に並ぶことができ、
足りなかった電池や懐中電灯、携帯簡易充電器をゲットできました。

夫は何とか会社に行ったけど、はたして帰ってこれるのか?

b0033169_15224122.jpgところで、今回わかったこと。

●お米やパンは、「お米屋さん」や「パンやさん」だと、比較的手に入りやすい。

●足りないものを手に入れるために、知恵を絞ると、思わぬところから手に入る。かも。

たとえば、大昔用意した避難袋に、品薄の単一の乾電池が入っていた。
すっかり忘れていた…。

ろうそくを探していたが、どこにもなかった。そうしたら思い出した。
大昔、結婚式でもらった、恥ずかしいキャンドルを。
天袋に残っていた。
本当は、毎年結婚記念日に火を灯さなければいけなかったらしいが、一年で飽きたらしい。
サボっていて良かった!

PS,まだ停電にならない。
[PR]
by riro11 | 2011-03-15 15:23 | 嘆息

地震、地震、地震!!!

ついさっき、突然、ぱっと明りがついて電気復旧しました。

私ならび家族は無事でした。

横浜市の私の住んでいる地域は、地震発生いらい、ずっと停電していました。

なので、道路の信号も機能せず、電車もとまりました。
あのどんな時も決して止まらない赤い電車も、今回だけはダメでした。

最初は水道もガスもストップしてました。
TVも暖房も電話もインターネットも、すべてダメ。


携帯が命づなでしたが、メールもこれがなかなか届かず。
電話は、まったくダメ。充電があっという間に切れました。

でも、何とか家族の安否は知れて、ホッとしました。

買い物ができるようになったら、携帯簡易充電器を絶対買わねば!と思いました。

地震発生時、私は、某大型スーパにいました。
いきなり停電し、それから揺れました。
生まれて初めての恐ろしい揺れでした。

自転車で行ったので、帰りは信号がない道路をこわごわ渡って、
帰宅。

高校生の娘は、バスと歩きで何とか帰宅。
研修中の夫は、そのままそこで宿泊。

KみOおかでバイト中の息子は、そこは停電はなく、
どうやらしばらくバイト続行した模様??
しかし電車は動かず、三時間くらい歩いて、さっきやっと帰宅しました。

しかし、停電しているとまったく情報が入りません。
近所の人からぽつぽつ聞いたことだけです。
不安がつのります。

ろうそくの明かりと懐中電灯で、コンビニで何とか調達したおにぎりを食べ、
娘と二人、毛布にくるまって、息子の帰りを待っていました。

とりあえず、電気が復旧して、日常生活が戻りました。
まだ電話は通じませんが。

今さらながら、被害の大きさに改めて驚いているしだいです。

取り急ぎ、ブログにて。
[PR]
by riro11 | 2011-03-11 21:38 | 嘆息

今度は帯状疱疹っ!

九月です。でも暑いです。
娘の高校はもう始まって一週間たちました。
でも、冷房も扇風機もそして、
端っこの教室なので外に面した窓さえないらしく、
あるのは「手うちわ」だけだそうです。
そんな中、来週には期末テスト……。

ところで、私の話に戻ります。
一週間前から、肩のところに何かに食われたような、
細かいぶつぶつができました。
かゆくてかいていると、だんだん赤くなってきました。

ちょうど大学生の息子が、川遊びに行って盛大に虫にくわれて、
皮膚科に行ってきたばかりです。
ステロイドの塗り薬を拝借して、二、三回塗ってみたけれど変わらず。
だんだん腕にも首のところにも、ぶつぶつが増えていくし、
チクチクと針でつつかれるような、痛かゆい感じが広がっていく。
汗をかくと特にひどくなるので、たまらず近所の名皮膚科へ行きました。

老女医師は一目見て、
「これは帯状疱疹ですね~」と。
「ええ~!!」
帯状疱疹といえば、マサコさまがかかって有名な病気。
非常に痛い病気としか認識してなかった。
「しかも、もう治りかかっているので抗ウイルス薬はいらないわ」
ということで、知らないうちにかかっていて、
でも幸いなことに非常に軽く済みそうな様子でした。
薬は、ビタミン12とかゆみ止めのアレルギー薬。そして軟膏。

帯状疱疹は、体にひそんでいた水ぼうそうウイルスが、後年悪さをして起こるそうで、
原因は……。
またまた肉体的、精神的ストレス、加齢……etcと色々でてきます。
これどっかで聞いたことある!?
そう、突発性難聴の原因と酷似。
一生で一回しかかからないところも(例外もあるそうです)、
末梢神経修復の薬が出るところも。


更年期の年まわりなのか、それともこの暑さのせいなのか。
虚弱体質な私には、今年の夏は、あまりに過酷過ぎ。
一生に一回しかかからない病気に次から次に、かかってます。
こうなったらまとめてここで養生しておけば、この先楽になるのかも。

どう考えても、今は一番ストレスのない時なのに。
やっぱり息するだけでも疲れる今年の夏でした。
[PR]
by riro11 | 2010-09-04 19:33 | 嘆息

闘病風日記(突発性難聴)そのⅤ

※ この日記は、リアルタイムに書いてないの、実際の病状とはタイムラグがあります。
ご了承ください。


★発症日8日目★

○ 左の耳(良い方)を枕につけて、横向けに寝ていた。
明け方、ザザザーと静かに雨が降る音が、右耳(悪い方)に聞こえて、
目が覚める。

この時心底、(あっ、耳が治った!)と実感した瞬間だった。

このまま、また寝入るが、この雨はどんどん強く、降り続く。
娘が起きる時間には、今日の体育祭は延期しかないと確信。
 
奇跡が起きた!
 神様は、私の願いを聞き入れてくれたのだった。
 ありがとう!


○ 朝も大事をとって、家族も送り出さずに、ベッドにいる。
今日がもし体育祭だったら、お弁当も作ってあげられなかった。
本当に助かった。

○ 耳の方は、そのままどんどん違和感が減り、順調に回復を感じる。

○ 一方、ぎっくり腰の方は、一日中あまり変わらず、
 必要最低限の動きしかせずに、ベッドで終日過ごす。

○ 夕飯は、娘に二人分のお弁当を買ってきてもらい、あとの家族は
 外で済ませてもらう。

○ さて、明日の天気予報は晴れだ。私の腰はよちよち歩きから、あまり変わらず。
 今度こそ、もう無理か! と思っていると、
夜、高校のHPにグラウンド整備のため、
体育祭はまたもや順延の通知が入る。

神様、ありがとう~~!!


★発症日9日目★

○ 耳の状態は、もう違和感なし。病気になる以前の状態に
 戻っていると感じる。

○ ぎっくり腰も、今日あたりから両足が交互にスムーズにでるようになる。

★発症日10日目★

○ とうとう、体育祭の当日になった。
無事、お弁当も作り、娘を送り出せた。

○ ものすごく天気が良く、暑い。娘の出場するところだけを見て、早めに退散。
 娘の元気で、楽しそうな様子に、苦労して来たかいがあったと感じる。
 帰り道、スタバに寄ってフローズンドリンクを飲み、心からホッとする。

○ 電車の乗り降りにも、特に耳の違和感は感じず。

★発症日11日目、4回目の受診★

<診察結果>
○ 聴力検査の結果、聴力回復。正常。

○ 名医が完治宣言。「治らない人もいるので、本当に良かった」
と喜んでくれる。

○ 薬は残りを飲みきって、終了。

「完治」という言葉の響きが、ものすごく心地よかった。
突発性難聴は、3割完治、3割後遺症が残り、3割そのまま治らないという。
自分が運よく完治したのは、とにかく早い受診につきると思った。
気がついて、半日後には服薬できたことが、本当に良かったと思う。
それに加えて、めまい、耳鳴りがほとんどなかったこと、
年齢的にも、まだそれほど年がいっていなかったということ、
安静にできる環境に恵まれていたこと、
が有利に働いたのだと思う。

それにしても、また一つ世界が変わる体験をしたなあと、
長い長いため息をついたのだった。

<おわり>
[PR]
by riro11 | 2010-06-29 22:17 | 嘆息

闘病風日記(突発性難聴)そのⅣ

※ この日記は、リアルタイムに書いてないの、実際の病状とはタイムラグがあります。
ご了承ください。

★発症日7日目★

○ 耳のつまり感、ゲップの時の耳鳴り感は残るものの、
昨日の検査結果に少しづつ元気になる。

○ 自転車で駅前まで買い物に行き、家族と積極的に会話し、
安静にしつつも、普通の生活にもどりつつあったが・・・・。

夕食づくりのさいに、冷蔵庫下段より野菜をとろうとかがんで、
立ち上がったその時。

ギックリいった~!!

ちょっと前かがみのその姿勢で、制止のまま。動けない。
ここにきて、なんでぎっくり腰~~~!
(ちなみに私はこれがぎっくり腰初体験)

運よく、その場に娘がいたので、助けを借りながら何とか夕飯をしまいまでつくる。
そしてその後、椅子に腰かけたままの状態でフリーズ。

実は明日は、高一の娘の体育祭だった。
耳の方がよくなったら、少しだけでも見に行こうと思っていた。

個人競技?出場は、男女ペアの借り物競走だけだが(これはこれで見もの?)、
一カ月以上前から、朝連、放課後連、休日連を重ねた、応援競技のダンスがある。
これは体育祭の一番の目玉なのだ。その娘の晴れ姿を一目でも見たかった。

ああ、何て運のない私。明日、もしもし良くなったらそっと行くかと自問自答したが、
ぎっくり腰持ちの夫に、

「どんなことがあっても、明日は出かけるな!絶対動いてはいかん!」

と本気で怒られたので、諦めた。実際、よちよち歩きしか今現在できないし・・・。

しかし未練たらしい私は、神様に(どうぞ明日雨にしてください)と祈りながら、
床についたのだった。

そのⅤにつづく(たぶんこれで最後)
[PR]
by riro11 | 2010-06-28 23:06 | 嘆息

闘病日記風(突発性難聴)そのⅢ

※ この日記は、リアルタイムに書いてないの、実際の病状とはタイムラグがあります。
ご了承ください。

★発症日4日目~5日目★

<自覚症状>
○とにかく眠くて、だるい。鉛のように体が重いという言葉の意味を実感。
ステロイド等薬の副作用か?

○できるだけ、頭を枕につけてひたすら休む。

○眠りの合間、目覚めるたびに、
右耳の感覚が少しづつよみがえるような感覚あり。
(少しくすぐったいような、風がとおりぬけるような)

○響く音の気持ち悪さが少しづつ減っていく。
それとともに、右耳にも響き音が少しづつ聞き取れるようになっていく。

○薄紙をはぐように耳の回復を感じる。

★発症から6日目、3回目の受診★

<診察結果>

聴力検査の結果、右耳の聴力が元通りになっていた!!
○耳のこもり感、違和感はまだあり。
○ゲップをすると右耳に“ギィュー”と耳鳴り音がする。

○名医の息子は、「良かったですね。でも今までどおりの生活を続けて!」
と言い、しっかりくぎをさされる。しばらくは、まだ安静で、だそう。

○薬は、ステロイドが半分に減る。あとは同じ。

○のど、鼻、吸入。耳のマッサージでは、痛いと感じるくらいだった。

自覚症状は、まだ完ぺきではないけれど、とりあえず検査結果は良好だったので、
気持的には本当に楽になった。
この日帰宅して初めて、PCを開け、突発性難聴をググる。今まで怖くてできなかった。

ところが、翌日、新たな悲劇に見舞われることになろうとは、
さすがの私も予測できなかったのであった・・・。

そのⅣにつづく
[PR]
by riro11 | 2010-06-27 23:19 | 嘆息

闘病日記風(突発性難聴)そのⅡ

※ この日記は、リアルタイムに書いてないの、実際の病状とはタイムラグがあります。ご了承ください。


★発症日夜~翌日★
<自覚症状>
○自分の声が、変な風に耳に響くのが気持ち悪くて、極力話したくない。
○帰宅した家族にカミングアウト。でも皆あまり事態の深刻さを感じない様子。
全然聞こえないわけでもなく、一応、会話に不自由はないから?
○簡単な夕飯を作り、薬を飲んでとにかく寝る。

○翌朝も耳の聞こえ具合、こもり感は変わらず。がっかり。
ただ自分の声の違和感は、なくなった。

○簡単な家事以外、ベッドで寝ている。よく眠れる。

○耳の違和感は、ボーンと響く低い音が、右耳で聞こえないことからやってくるとわかった。
響く音が、右耳には、ポンポンと平板音にしか聞こえない。
この聞こえのずれが、脳にすごく不快。
水道のシンクレバーの上げ下げの音とペットボトルが家具にあたる音が、
不快音NO1,2だった。

○逆に、電子音などは、普通に聞こえる(携帯電話の着信音、目覚まし時計)
TVのアナウンサーの声が、右耳だけで聞くと、
昔の電波の悪いラジオの高い声のように聞こえた。

○キッチンの冷蔵庫の通低音や換気扇の音、洗濯機の音、生活音がすごく耳触り。

<薬の副作用?>
○トイレが近くなる。夜中にもトイレに行く。
○便がゆるめ。
○時々、うでや足が無性にかゆくなる。
○(血流をよくするためか)妙に暑い。私には珍しくアイスクリームや
フローズンドリンクなどが、無性に食べたくなる。

★発症から3日目、2回目の受診★
○この日の朝も耳はかわらず。がっかり。

<診察結果>
今日は、名医の日だった。セカンドオピニオンのつもり。
しかし息子と診断は変わらず。薬も変わらず。
ただ病気の心配を訴えると、ストレス対策か?
○抗不安薬を、寝る前に睡眠剤代わりに追加。
これは肩こりも緩和して、寝ざめがすっきりして良かった!
 
今日は聴力検査は行わず。鼻、のど吸入。
耳のマッサージでは、少し耳の中が痛いように感じた。
そういえば、この時期みみたぶを自分でマッサージすると、
とびあがるほど痛く感じた。

待ち時間も長かったせいか、帰宅すると、かなり疲れた。

そのⅢにつづく
[PR]
by riro11 | 2010-06-25 22:35 | 嘆息

闘病日記風(突発性難聴)そのⅠ

題名がおどろおどろしくて、ちょっと引いてしまいそうですが、
先週から今週にかけて(今も継続中)、本当に思いかけず、
こんな病にかかってしまいました。

同じ病気にかかってショックを受けた人の、ちょっとした参考になれば、
また私の心覚えのためにも、かいつまんで顛末をつづっておこうと思います。

※なお、ここはあくまでも私の主観と感想の日記なので、
医学的関係その辺もろもろの詳しいことの信頼性は、まったく保証できませんので、
あしからず^^;


★発症数日前から前日★
○鼻風邪ぎみ。鼻のつまり等を感じる。

○ 家の周囲で、(電動機械で)草刈りをしていた。
それはかなりの騒音で、マンションの部屋のベランダの
まん前にやってきた機械の音は、まさに耳をつんざくほど?の大きさで。
相当ストレスを感じる。

○カルメーン戦W杯のブブゼラの音が、圧迫的に耳にうるさく感じた。

○前日。友人数人とランチ。気を使わないメンバーなのに、(でもかなり長時間)
 帰りに、すごく疲れてくらっと感じた。

○前日の夜。疲れていたから早く寝ようと思った。
だけど、翌日、友人と映画を見ることになり、
けっこう予約にバタバタしていた。

枕に頭をつけ目をつぶると、ぐるぐる頭が回るような気がした。(一瞬)

★発症★
朝、目覚めたら、頭、耳にぼわんという不快感。
起きだして、朝食をつくるも、違和感変わらず。
TVの音、子供たちや夫の話し声が、不安定でものすごく気持ち悪い。
たまらず、ベッドに戻り、横になる。
みんながでかけたあと、ゆっくり耳の様子を調べてみると、
右耳と左耳の聞こえが違う。右耳から聞こえる音が異様に小さい。

とても焦る。とりあえず、気分が悪いのでこのまま一日休んでいて、
様子を見るか。それとも怖いけど、耳鼻科に行ってことの真相をはっきりさせるか。
迷うけど、以前にニュースで、H崎あゆみが治療開始が遅くて、聴力回復が
手遅れになったというのが頭の隅にこびりついていたので、とうとう決心する。

以前から信頼して通っている耳鼻科に朝一で出かける。
電車の騒音が、すごく耳に不快感。家の外は、さまざまな雑音に
満ちていると、改めて感じる。

★初回の診察★
耳鼻科は残念にも、名医の息子の日だった。少々不安もわりと空いていたので、
ホッとする。
症状を聞かれる。耳のこもるような不快感あり。めまいはなし。
鼻のつまり、鼻汁多少あり。

鼻、耳を診察。次に、耳の聴力検査実施。

<診察結果>
鼻、のどに軽い炎症あり。
左耳の聴力は異常なし。
右の低音域の聴力が、著しく劣っている。ほとんど聞こえていない?
(グラフで見ると、かなりショック!)
突発性難聴でないかと言われる。

めまい、吐き気が伴うこともあるが、ないこともあり、
片耳の聴力低下が主となるそうだ。
今の所、原因不明。風邪等が原因ではないという。
投薬、安静で様子を見るということ。
体を温めないように、お風呂はシャワーのみ。
お酒、運動禁止。


その後、鼻、のどの吸入。
右耳のマッサージ(チューブを入れ、耳に電気刺激を与える)
この時、この耳のマッサージで、右耳の感覚が全く刺激されないと、
感じる。

<投薬>
○ステロイド(炎症止め)
○末梢血管拡張剤(血流を良くする)
○代謝促進剤(血流を良くする)
○ビタミンB1(神経の働き改善)
(○その他、抗生物質(風邪薬)、胃薬)

その後、薬局でステロイドは、速攻性でよく効く薬。
強い薬で今マックスに出ているが、少しづつ減らしていくものだと言われる。
あと、絶対安静を命じられる。

買い物をして帰宅するが、早く雑音のない静かな家に戻りたいと痛切に思った。

そのⅡにつづく
[PR]
by riro11 | 2010-06-24 23:59 | 嘆息

逃れられない

とうとう我が家にも豚フル患者がでてしまいました!
大学生の長男です。
昨夜から8℃代の発熱。

彼が発熱するのは、何と小学生以来ということもあり、
この時点で、すでに新型だと覚悟を決めました。
実は昨日は自動車免許の卒業検定の日。
無事合格の報を聞いた後のできごとでした。

今朝一番で病院へ。
融通の利かない厳格すぎる医師なので、
普段は敬遠している病院ですが、一番近いこともあり予約をとりました。

ところで、子供がインフルの疑いがあると、
夫の会社は出社停止となるそうです。
かなり濃厚なので夫も今日は会社を休みました。

融通の利かない厳格すぎる医師のいる病院は、
感染にたいしても徹底予防の構えで、
なんと感染疑い患者は待合室に入れません。
隔離室なるものはあるものの、定員一名で(もちろん)
ほとんど外で待たされます。

今日は夫がいたので車で行き、その中で待てましたが、
雨の降る寒い日でも、外にいかなければならないのでしょうかね。
実際ビニールシートをしいて、
小学生のお穣さんと母親が外で座っていました。
(今日は比較的暖かかったので良かったですが・・・)

そして付き添いの私だけが、待合室から診察室へ。
話を聞いた頑固な厳格な医師は、
息子の待機中の車の中で、検査を実施。
十五分後、息子は隔離室へ、私は診察室へ。
診察も隔離室で行われるという徹底ぶり。
予防注射も熱のある患者も、一つの待合室で待たせられる
某病院とは、まったく対照的です。
でも、今は絶対うつりたくない私は、ここで良かったですが。

診察室で見事A型の判定を見せられ、
未成年にタミフルは使用しないということで、
私が、リレンザか漢方(麻黄湯)かを選ばされました。
効き目はほとんど同じそうです。でもまあ普通はリレンザですよね。

幸い息子は、7℃代に熱も落ち着き、
ひどい咳もだんだん良くなってきました。
未成年のリレンザ使用の異常行動も見られず、こちらは一安心。

さて、問題は他の家族!
夫は息子のインフル確定で、めでたく一週間出社停止となりました。
このあと、自分がかかったり、他の家族がかかると、
エンドレスに会社に行けないことになるらしい・・・。

そして今週半ばから、最後の定期テストが始まる受験生の娘。
もう厳戒態勢です。
とにかく今週が終わるまでは、うつれない!!

かくして我が家の隔離生活が始まった。
各所にアルコール、マスクを配置。私は使い捨て手袋まで買った。
ものすごくものものしいよ。
[PR]
by riro11 | 2009-11-16 21:45 | 嘆息


花が咲こうと咲くまいと、生きていることが花なんだ      (by イノキ)


by riro11

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

通知
爆笑
激奨
風趣
歓喜
嘆息
苦笑
痛快
感涙
DQⅨ
超個人的

以前の記事

2014年 12月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2013年 12月
more...

PROFILE

大学院生男子、大学生女子の母
首都圏在住  

MY SITE
壱番館:
「普通の専業主婦だって、文句があるさ!」

タグ

検索

その他のジャンル

画像一覧