カテゴリ:風趣( 248 )

年が明けました(とっくに)

         あけましておめでとうございます
b0033169_236209.jpg
          <最近写真を撮っていないので、娘の写真を借りました。今年の夕日>

鏡開きも終わるというのに、今頃新年の挨拶です・・・。
今年の年賀状は、桜井君から来ましたよ。出だしは上々!
(違うか~!)

年明けから色々バタバタしていましたが、
この3連休はやっと一息つけそうです。

ところで、最近の私の息抜きは、"脱出ゲーム”。
"脱出ゲーム”というのは、基本は、ある場所(たとえば部屋の一室)に
閉じ込められたプレイヤーが、数々の謎を解いて、
最終的にはドアを開けて外に出て行く、というもの。

何となく今の私の深層心理を反映してか?
(脱出したいんだよ~!?)
どっぷりはまってしまっています。

昨年の秋ごろから、ネットから拾ってきた無料ゲーム。
ひょんなことからやみつきに。
すでに有名どころはほとんど脱出しているかな。
今は毎日、新作を待ちわびています。
寝る前に、一脱出が最近の至福のひと時・・・。

こんな私ですが(笑)・・・、今年もよろしくお願いします!
[PR]
by riro11 | 2009-01-11 23:29 | 風趣

大晦日の風景

お久しぶりです。
あんまり久しぶりなので、エキサイトIDを忘れてしまいログインできなくて、
本気で焦った・・・。

例年の法則にのっとり、帰省した夫は今年も大掃除の日には寝込み・・・、
気がついたらあれよあれよと言う間に、大晦日でした。

今日は、長男くんは朝から自分の使命を果たすべく?出かけ、
娘はおこづかいを目当てに、大掃除を自ら買ってで、
夫と私は2人で買出しに。
夫婦2人でゆっくり買い物に行ける大晦日がくるなんて。
我が家も進化したものです。

家族そろって夕飯を終え、結局みんなで紅白を見ています。
途中で今日は徹夜すると言っていた娘が、昼間の疲れからイスで爆睡!

年越しそばができたら起こすとしましょう。

このまま来年もこんな調子で、
我が家のペースでいきたいなと。
ついでにこのブログも、このままぼちぼちいきたいな。

今年一年、立ち寄ってくださった皆様、ありがとうございました。

また来年もどうぞよろしく★

PS、いやあ今年中に書けてよかった、よかった!(ヒヤヒヤ)
[PR]
by riro11 | 2008-12-31 21:21 | 風趣

恒例、今年の漢字

うかうかしてられません。今年ももうそんな時期になりました。
しかも、よそ様のブログを読んで初めて気づきました・・・。

さて今年の漢字は「変」なんですって。
変化ねえ~。そりゃあ、毎年色々あるけどね、と今年は何だかピンときませんが・・・。

さあ我が家の今年の漢字はなんでしょう。
私は、今年は「悟」ですか。
悟空じゃありません。さとり。
ある意味、今年はもう悟りの境地、の一歩手前の気分です。
いやこれは開き直りの気持ちと紙一重かも??

人生、山も谷もある。調子のいい時もダメな時もある。
塞翁が馬ってことですね。
こういう心境になるってことは、やはり年のせいもある。
いつまでも若くないと体が教えてくれるし、
子供たちも自分の道を歩き始めていく時期がきた、ということもある。
年の暮れの今、ようやくこんな落ち着いた心境になりつつあるものの、
いつまで続くか疑問です。
少なくても、年末年始は、悟った気分で心安らかに過したいものですが。
どうでしょうかね。

子ども達はというと。
受験生の長男はもうこれしかない。「焦」ですね。
もちろん周りが、ですが。
マイペースというと、聞こえがいいけど。
彼のペースが理解できる人間は、この世に彼しかいない。

中二の娘は、「伸」かな。背も伸びたけど、
怠けていて(なめていて?)下がった成績も、ここんとこやっと上昇してきました。
相変わらず部活や行事には、力を出し切っていたし。
なんとなく反抗期も落ち着いてきた様子。精神的にも少しは余裕が出てきたのかな。

まあいつかは必ず過ぎていく思春期なれど、その渦中は、
頭ではわかっていてもトルネードのような嵐の中。親を一気に老けさせますね。
来年は、そろそろぬけるのか、トルネード。期待したいものです。

そうそう最後に夫。「恒」かな。変わりばえせず? 今年の漢字と逆ですね。

来年は、もうちょっと前向きな華やかな漢字にしたいものです。

*この記事は、私同様、毎年、「我が家の漢字」を記事にし続けているkaterinaさんに、TBいたします。
またつつじさんにもTBいたします。
[PR]
by riro11 | 2008-12-15 23:58 | 風趣

ブログの敷居が高い・・・。

久しぶりの更新になってしまいました。
まさにタイトルの通りの心境です・・・。

さて、またまた近況報告になってしまいますね。
まず前回でも書いていた不定愁訴の話ですが・・・。
実は、よくなりました!
どうやら例の漢方が効いたみたいです。

この季節の不定愁訴はもしかして、アレルギーが一枚噛んでいるのかも?
との疑いがあるのですが。
だとしたら、その時期が過ぎれば、自然に治る??
それでもその時は、本人はつらいわけですから。なんとかしたいのです。
まあ漢方で良くなるのなら、それが一番良い気がします。

今回私の感じた不定愁訴とは、喉の違和感でした。
たんが絡まっているような、ものが詰まるような、息がし辛いような。

こう書いてみると案外ささいなことなのですが、
これが本人にとってはイヤイヤ、すごく気になるし、つらいものです。
去年も同じ時期にこういう症状が出たので、今回はネット等で調べて、
コチラの漢方を試してみました。

飲み始めて2週間ではっきりよくなったと自覚し、3週間を過ぎた頃には、
「はて、私はどこが悪かったのだろうか?」と思うほど改善しました。
今も一応飲み続けていますが、自覚症状はもうまったくないです。
いやあ安心しました~! 漢方、意外にやるときはやりますね。

で、先月はのんびりしながらも、新しい事を始めました。
9月の終わり頃、近所の小さなジムから、
"●●才以上の方限定募集!週一回の筋トレで若返りをはかりましょう!
つきっきりで指導します”

こんなお誘いのチラシがはいってきたのです。●●才は、私はもちろんクリア・・・!!
しかも、一回千円ぽっきり、というお得企画。
体力にかなり自信を失いかけていた私は、迷った挙句、参加を決意しました。

当日は、ものすごい人数の人がきていましたね。知り合いも混ざっていました・・・。
ジム側も思わぬ反響にびっくり。まあ、回を重ねるうちに減ってきましたが。

さて参加してみた感想ですが、この企画、予想以上によかったのです!
大手のスポーツジムと違い、ボロボロのビルの一角のせまいスペース。
それがかえって、アットホームな感じで、私はリラックスできました。
う~ん、わからないものですね。

またコーチ達が、推定"●●才以上”プラス二十歳ぐらいの女性ばかりなのも、
これまた、あったかい感じで、いい味でていました。
この方達が元気で頑張っていることじたいが、もうはげみになります。

シャワーも冷房もない施設だけど、窓から入ってくる爽やかな風が気持ちいい。
苦手な筋トレも、こんな風にみんなで声を出しながらやっていると、
なぜかそんなにつらくない。レベルがみんな同じなのも気が楽でグー!

そんなこんなで、この特別企画筋トレ教室。もう二ヶ月めに突入しました。
最初、いやになったらさっさとやめようと思っていたものの、
最近はやれるとこまでやってみょうかなと、
千円札を握り締め、せっせと毎週通っています(今のところ)。
[PR]
by riro11 | 2008-11-07 20:54 | 風趣

近況報告

子供たちは、9月そうそう期末テストでした。
先週一週間、ほぼ2人のテスト期間がかぶりました。
「もう成績は関係ないから」と言う高3の長男と、
夏休みの"体験夏期講習"から、塾へ行き始めた中2の娘。

絶対机に向かっている時間は、娘の方が多かった・・・!

娘の通う塾は、いわゆるスパルタ塾。
試験前、山ほど(誇張じゃない!)の宿題を出して、やってこない人は居残りだそうです。
日曜日も、試験前日も、特別補習をくんでくれる。
娘は今までの試験前の確かに、5倍は勉強してましたね~。

受験生である長男のあのマイペースぶりは、いったいどこからくるのか。
試験中は学校が早く終わるので、色んな用事を入れていました。

何か最近は、最終的に人は、個性という二文字につきるような気がして
しょうがありません。
環境とか色々あっても最後には、人は自分の持っている個性に突き動かされて、
自分の目の前に立ちはだかっているものに、向かっていくのでしょう。
私は、ただただ見守るだけです。

ところで私はといえば、そんな子供達を見守るのに加え、夏の疲れが重なったのか、
そして年齢相応の不定愁訴もベースにあるのか、イマイチ体調がすぐれず。
最近思い切って、新たに漢方薬飲んでみることにしました。
幸い目当てのものが、錠剤で薬局で市販されていました
普通、飲み始めて二週間で効くとのこと。効果のほどが感じられたら、
ここでも紹介するかもしれません。

そうそうやはり睡眠をたっぷりとった翌日は、劇的に調子がよい。
いつ寝るのか、起きるのか、昼寝するのか、まったくよめない子供に振り回されて、
慢性睡眠不足が、体調不良の遠因だと判明。
ここはわりきって、勝手に先に寝ようと決めました。
受験の日まで、まだ先は長いし。

今まで我が家で、一番遅くまで起きているのは私でした。
それを譲る日がくるとは!
淋しいような、気が楽になったような。
さてさて、そんな秋の始まりでした。
[PR]
by riro11 | 2008-09-13 23:45 | 風趣

夏休みも終わりましたね。

再び暑いです。
お盆過ぎから一旦は、あんなに涼しくなったというのに、
子供達の学校が始まった今、まるでいやがらせのように
毎日暑いです・・・。

我が家は、夏休み中、幸いにも特に大きな出来事もなく、無事に過せました。
夏休み中の小さい事件といえば・・・。

●わが愛車の電動自転車が、リコールされた。
クランク軸の不具合が発見されたそうで、できるだけ早いうちに、
すみやかに修理が必要とのこと。

はい、毎日乗っていました。しかも、何年も!
何事もなくてよかったです。

連絡をとり、担当者が我が家まで出向き、自転車置き場で修理完了。
かかった時間30分弱。
担当者いわく、「新品同様になりましたよ!」
じゃあ、あと何年ぐらい乗れますかの質問には、思いっきり口をにごされた。

●ウォシュレットを新品と交換。
蓋が上がらなくなり、水がぽたぽたもれてきた。
不思議な事に、そういった不具合は、夫がやってくる日に限って起こるので、
きっともう限界だ~、新しいモノに代えて欲しい~という、
ウォシュレットのささやかなアピールだったのかもしれない。

新品のウォシュレットはピカピカに輝いていて、
トイレに入るたびに、少しひく。

●息子の部屋が掃除された。
ほぼ部屋全面に、畳の目が見えない状態だった彼の部屋。
ギター類、教科書、ノート、参考書、カバン類、衣類、etcがまんべんなく畳をおおっていた。
窓のカーテンを開けるのも、いや机の所に行くのもやっとの思いだった。
いや、早い話が部屋に一歩入るのさえ、何かを踏んづけてすべってころぶリスクと
常に隣り合わせ。いつも身の危険を感じていた。

さすがの私も堪忍袋の緒が切れた。
百均に行って、組み立て式ボックスを大量に買ってきて、息子に押し付けた。
さすがの息子も観念したらしく、一日かかって部屋は、きれいになった。

まず部屋にスムーズに入れ、窓までの道、机までも道ができていた。
カーテンをひくのにも、普通に歩いていける!! 感激!!
机までも、しかり。
しかし、物理的にはそうでも、彼の心理的には机までの道のりは、
まだまだものすごく遠いのかもしれないが。

授業が始まったと思ったら、来週2人ともさっそく期末テスト。
夏休み明けは、なかなかシビアです。
[PR]
by riro11 | 2008-09-02 23:58 | 風趣

ああ夏休み~箱根旅行とか

どうやら夏休みも折り返し地点を迎えたようです。
ずっと暑いです。
高校野球もオリンピックも始まって、気持ち的にも高値安定の猛暑です。

我が家は、先週から夏休みに入った夫が合流し、夏休みも佳境に来ています。
といっても受験生がいると、常に規則正しい一日を求められているので、
今年の夏はどうも気が抜けません。
b0033169_23372746.jpg

そんな日常の中、つかの間の息抜きに出かけました。
(もちろん家族の息抜きです。受験生は規則正しく補習に出席中)

近場で避暑の定番といえば、もちろん箱根。
暑さを逃れて・・・、と目論みましたが、箱根もそこそこ暑かった。
水辺は気持ちの上では涼しかったです。
b0033169_23393157.jpg

そして箱根といえば、定番の大涌谷。
いつもロープーウェイで上から覗いて通り過ぎて、行った気になっていたけど、
本当は今まで行った事があったのだろうか。
b0033169_0232548.jpg

b0033169_0254650.jpg今回はちゃんと湯が沸いている所まで
出かけて、黒タマゴも食べた。
1個食べると7年寿命が延びるそうだ。
娘は一人で2個食べた。
あなたの未来はまだまだ沢山あるから、
焦らなくても大丈夫さ!

しかし、ここは当たり前だが暑い。暑すぎる。
暑くて寿命が縮む前に急いで下山した。
[PR]
by riro11 | 2008-08-13 23:32 | 風趣

夏休みと魔法の本

夏休みです。いきなり猛暑です。

とは言っても子供たちは、先の三連休も今も、
毎朝早起きして、学校に行ってます。
私もつきあって早く起きるので、土曜も日曜も夏休みもありゃしません!
レースのカーテン越しの日差しが、毎朝まぶしい。

中学生の娘は毎日部活。40分かけての登下校で全身焼けてます。
日焼け止めは必須。欠かせません。
そして学校でも炎天下、何時間も踊る、踊る、踊る!(バトン・チア部)
またまた焼ける。
汗で落ちた日焼け止め。塗りなおさないでいる間に、どんどん焼ける。

昨日、風呂上りの娘の体を見たら、腕の裏とかふくらはぎの裏とか
耳無し法一じゃないけど、日焼け止めを塗り忘れた箇所が、
海水浴帰りのように、真っ赤に腫れあがって焼けている。

恐ろしや、校庭の夏の紫外線!!

娘は毎日、踊ることより、全身もれなく日焼け止めをぬりかえる事の方に、
全精力を傾けています・・・。

******
さて、高三受験生の息子。夏休みに入って、なぜか普段より1時間も早く
学校に行きます。
理由は、朝一に行かないと、自習室がいっぱいになるからだってさ。
だけど学校の授業がある時は、あんなに毎日遅刻ぎりぎりに登校(もしくは遅刻)
していたのに、何で夏休みは早起きできるのか、全くわかりません。
もしかしたら、“日曜日の小学生の心理”なのかもしれません。

そしてそのまま午後からの夏季講習にでたりします。
学校の講習は無料なので家計に優しいのですが、
時間にはルーズです。
予定が終わらないと、当初3時間の予定が、4時間、5時間とどんどん伸びます。
それがお得なのかどうかは、よくわかりません。

******
さて、昨日は全国的に、“ハリーポッターと死の秘法”の発売日でしたね。
我が家は、amazonで午後には配達されました。
特典の黒いブックカバーがけっこうしっかりして、いい感じです。

実は私。結末を待ちきれずに、一年前に英語版を買って
一番クライマックスの所とその後の部分を読んでしまいました!
(他の部分も好きな章だけちらっと読んだり)

大体のところはわかったつもりでも、もしかして全然違う風に
解釈していたりすると困るので、そういう意味でも今回は、
読むのがよけいに楽しみです。

もちろんポッタリアンの息子も読んでいます。
まあ読まずにはいられないでしょう。
ポッタリアン系の友人たちは、やはり受験生にもかかわらず、発売日当日に
当然買って、読んでいるようです。
まあ、夏休み発売である意味まだよかったかも?
これがお正月とか2月とかだったら、かなりダメージ大きいですから・・・。
[PR]
by riro11 | 2008-07-24 23:48 | 風趣

さすがに犬になっていた人はいなかった。

同窓会(大学の)がありました。十何年ぶりです。
久しぶりに訪れた母校は、自分達がいた頃、まだ若かった木がずいぶん育ち、
やたら緑が目立ったのが印象的でした。

ホテルとは言わないまでも、前回のように同窓会館でもなく、
普通の教室で、食べ物や飲み物を運んでという会は、
ウン十年ぶりに会う人が何人もいたというのに、
みんなをあっという間に学生の頃に戻してしまいました。

それにしても、女性たちの変わらないことといったら!
この年月はいったい何だったの?まるで妖怪?というくらい、
学生の頃そのままという人ばかりで、驚きました!

ところが男性陣は・・・!誰だかわからない人ばかりで、ホント焦りました。
名前を聞いても、当時の顔が思い出せない。
そっと、誰かが持ってきた当時の顔写真と見比べて、唖然としたり。

どうやら女性たちより男性たちに、年月はより重くのしかかったのでしょう。
生活の重みか、責任の重みか。

もう一つびっくりした事は、ウン十年ぶりに会ったというのに、
みんな当時のことをやけによく覚えていること。
それぞれの出身地や趣味や当時のエピソード。全部覚えている。
また話すうちにどんどん思い出してくる。

最近の事は忘れがちなのに不思議だねと、笑い合いました。
昨日まで一緒に机を並べていたかのように、
当時の呼び名で当時のままのテンション、口調、口癖で。
何十年経とうと、人は本質的にはそんなに変わらない。
変われないという事を目の当たりにしたような気がしました。

家族を持った人も持たない人も、偉くなった人もそれなりの人、
色々いました。
誰かが言っていたけど、せっかく縁があって何年か一緒に時を過した同級生。
今はもうかなり全国各地に散らばった同級生。
このトシになったからこそ、肩の力をぬいて、何かあったら皆で力を借りて貸して、
この先頼ったり頼られたりしながら、年を重ねていくのもいいでしょう。
そんな事が素直に心に沁みた同窓会でした。

そして後で思い返して、一つこの会で自慢できることと言えば。
話題に、更年期の話や体の不調の話がいっさい無かった事。
懐かしい過去と前向きな未来の話ばかりで、楽しかったです。
すっかり若返った気分です。

今度会うのは、また十年後かもしれないけど、
今度会うときはもっともっと若い気持ちでいたいと、秘かに思いました。
[PR]
by riro11 | 2008-05-28 23:02 | 風趣

鎌倉日記Ⅱ

<続き>

さて、ぶんぶん隊員のリードと、偶然との相乗効果のおかげで?、
我々は、アートスペース、店舗、個人宅の展示場を、次々と発見する。
そこで待望の地図もゲット。
実は地図を片手にココへ行こうと目指すも、なぜか見えてくるのは違う場所。
「まっ、いっかっ!」
我々は、結果オーライを楽しむ。

この鎌倉で道に迷った時、目印は路地裏の御宅の庭の花々。
モッコウバラやハナミズキが、ここは一度歩いた場所だと教えてくれる。

お昼に石釜ピザを食べ、苔むした階段のあるお寺に参拝する。
オープンカフェでやわらかい春の日差しの元、お茶とおしゃべり。
鶴岡八幡宮で今年初めて藤を見る。

路地裏のひっそりしたスペースに、地元アーチストたちの確かな息吹を感じる。
鎌倉住人の潜在アーチスト人口の多さに、ちょっと驚く。
あちらこちらの路地裏に、創作活動の根が潜んでいた。

ここまで来たのだからと、足を伸ばして北鎌倉へ。
北鎌倉は駅がいい。素朴でローカルな駅。
鎌倉に比べ、自然がずいぶん残っている感じがする。
ホトトギスの鳴き声を聞きながら少し歩けば、竹林や夏には蛍の見える川、
そしてもちろんあちこちに風趣あふれるお寺が点在する。

閉館ま近の古陶美術館に行く。趣のある美術館に、しわの数だけ人生の苦労を刻んだ、
お人形が飾ってあった。

古都鎌倉散策で、すっかり俗世間の垢を落とし、いい気持ちで北鎌倉駅で電車を待つ。
すると、つつじ隊長が一言。
「riroさん、こっちでいいの?」

そうだ! 私はお2人とは反対方向だった・・・。
あわてて反対側のホームへと走る。最後まで気が抜けない。

心地よい疲れのまま家路についた私は、さっそく今日撮った数々の
思い出の写真を見てみることに。
しかし!oh! マイガッ! 何と!

More
[PR]
by riro11 | 2008-04-30 23:58 | 風趣


花が咲こうと咲くまいと、生きていることが花なんだ      (by イノキ)


by riro11

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

通知
爆笑
激奨
風趣
歓喜
嘆息
苦笑
痛快
感涙
DQⅨ
超個人的

以前の記事

2014年 12月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2013年 12月
more...

PROFILE

大学院生男子、大学生女子の母
首都圏在住  

MY SITE
壱番館:
「普通の専業主婦だって、文句があるさ!」

タグ

検索

その他のジャンル

画像一覧