カテゴリ:風趣( 248 )

足元ばかり見るな、前を見ろ!

b0033169_12484681.jpg

まったくソフトバ●クのお父さんの言うとおりです。
夫は長い休み中、自宅のPCやメールを使って、多少仕事をしていたものの、大半は休養にあてるしかなく、後半は暇を持て余し、自宅待機中でも何とか仕事ができないか模索していました。結果は上の写真。何だかまんまと夫の思い通りになった?
二か月前、息子に先にiPhoneを買わせ、様子を見ていましたし・・・。
「今回のような場合でも、どこからでも仕事ができるから」
と言い訳をしつつ、のりかえました!

でも”しゃべるお父さんスリッパ”は、我が家ではけっこう好評です。
玄関で待っていて、帰宅した人間に
「ただいまって言ったか!」とか
「どこほっつき歩いてるんだ!」
とか叱ってくれます。

待望のiPhoneを手にした夫は、まるで子供に帰ったようで(そんなにうれしかったのか!)片時も離さず。しかも使い方がイマイチなので、いつもえばっている息子に、猫なで声で聞いています。

さて、↓の記事の続きになりますが、結局他の家族に感染はしませんでした。娘だけが原因不明の熱を、中間テスト前日に出しましたが、それも検査では陰性。なので、翌日からは、無事学校に行けました。

この豚フルは、症状としては旧インフルエンザより軽く済むことも多いのですが、感染防止のため、症状の重い軽いにかかわらず、学校や会社から一定期間自宅待機を命じられます。これがなかなか大変。
息子の大学は一週間は登校禁止。夫の会社も家族等の濃厚接触者がかかった場合、自分は発症しなくても一週間は会社に行けません。
息子は、体はたいして苦しくなかったようでしたが、皆に迷惑がかかって心が苦しかったようです。
妹や夫に、「ホント、ごめん!」を繰り返していました。
まあ、こればっかりは、しかたないんですけどね・・・。

そんな息子。自動車免許の卒検の夜に、発症。そして完治した昨夜、学科試験を受け、見事免許ゲットできました!
それでも、怖い、怖いを連発していた教習所通いだったので、当分誰も一緒に乗りたくない。これでも、最短でとれたと言うので、余計怖い。
受験生の娘は、やはり受験が終わるまで乗らない方がいいかも。
ある意味、豚フルよりも危険だって!
[PR]
by riro11 | 2009-11-25 13:10 | 風趣

やはり例外というのは起こらない

前回記事の続きとなりました。

やっぱり、インフルエンザはどこででも平等なんですね、
娘の中学校は3年生の半分のクラスが、とうとう学級閉鎖となりました。
娘のクラスも逃れられず。

週初めの朝、学校に行ったらいきなり半数近くの生徒が休みですって。
その日の女子はクラスで数えるほど。
しかし、娘は、元気です・・・。

結局、その日も午前授業で早く帰ってきた娘は、
私にばんざい!と報告してくれました。

半分のクラスが、一週間の学級閉鎖。でも残りのクラスは、
普通に学校がある。
何だかとっても変則的です。休めないクラスは、恨めしいですよね。

まあ、普段やってもやっても終わらない塾の宿題を、
この期間に余裕で仕上げればいいね~、という最初のもくろみは、
もちろん挫折するのでした。

毎朝決められた時間に起きるということは、
かなりの意志力を必要とすることだと、
私は改めて思い知らされました。

学級閉鎖初日、娘と仲の良い友達は、朝から近くの図書館で
勉強するという計画を立てました。
しかし、その日娘が起きたのは、待ち合わせの時間の30分後
(いや一応私は起こしたのよ。起こしても起こしても、起きないわけだ)

あわてて友達に電話をすると、なぜかその友達もまだ家にいた。
二人はとっても似たものどおしです。
結局その日の勉強会はお流れに。そして二度と再開されず。

まあ、学級閉鎖っていうのは、家でしっかり寝て、寝て、寝て、
体を休めて、体力をつけようという趣旨でいいのでしょう。

ちなみに娘は、悠々と昼ごろに起きて、撮りだめたTVドラマを
ゆっくり見たり、久しぶりにTVゲームをやったりしていました。

さすがに出かけるのは止めましたが。
そういえば、なんだか学校から課題もでていたようだけど・・・・。
さて~??
[PR]
by riro11 | 2009-10-23 11:38 | 風趣

おかしな夏の風景

本当に今年はへんてこな夏だ。

立て続けに芸能人がらみの重大ニュースが重なったかと思うと、
自然災害もあいついでいる。

ゲリラ豪雨も何だか耳慣れたものとして定着した風で、
夏になるとあちこち土砂崩れの被害が続く。
毎年のことなのにどうにかならないのかとつい素人は思ってしまう。

そしてここにきて台風、豪雨。
追い打ちをかけるように、ここ数日地震もあいつぐ。
変な夏に拍車がかかる。
一週間のうちに大きめの地震に3回。そう、今朝の地震も長く揺れた。
いつになっても地震は慣れない。
地球がどうにかなっているという漠とした不安が頭をよぎる。

夏休みになって羽を伸ばしている長男は、2回の地震の時家をあけていた。
何かあったら困るのでケータイだけはいつもつながるように!
と言っていたことが、少しはわかっただろうか。

台風および地震の最中に、私たち夫婦と娘は箱根にいた。
のんびりするために行った旅行は、多少スリリングな旅になったが、
幸い何の被害にも遭わず、どちらかといえば混雑を免れた感じになった。

台風が去り、帰り道やっときれいな海が輝いていた。
湘南の海に出かけた長男たちは、このどこかの海岸にいるのかと思いながら
車を走らせていた。

途中平塚の海岸通りのファミリーレストランに立ち寄る。
入ったとたん、床に雨漏りの箇所がダンボールでがふさがれていた。
席についてしばらくして入ってきた客たちが座った場所も、雨漏りしているらしく、
移動させられていた。
良く見てみると、壁紙がどこも心持ち浮き上がっている。
帰りにトイレに入ると、そこも雨漏りしていた。
どこもかしこも全然修繕が間に合っていない。
どれだけの豪雨がここを襲ったのかと、改めて驚く。

長男は翌日、全身まっかっかになって帰宅した。
そして十人近くの男子学生を泊めてくれた友人の親戚の家の迷惑を
改めて思った。

追記
[PR]
by riro11 | 2009-08-13 23:58 | 風趣

壊れたパソコンと近況

まあ予想はしてたんですけどね。

どこを開いても、すぐフリーズしまくったり、
パソコン使っているだけなのに、
何であんなジエット機が飛び立つ時みたいな
でっかい音がするの?
とか思っていた時はまだ良かったんです。

そのうちノートパソコンの画面とキーボードの間の
ちょうつがいがピキピキと音を立てて、
バキッという音とともに小さなねじが
毎日一個ずつピヨヨヨ~ンと飛び散るようになって、
とうとう画面は、自分で立てなくなりました。
押さえていないと、バッタン!と前後に倒れてしまうのです。
これは致命的でした。まさにノックダウン。
この状態ではさすがにもう使用不可能。
惜しみつつ泣く泣く引退してもらいました・・・。

これを機会に私は考えました。
そうです、私だけのPCを手に入れようと!
だいたいこのちょうつがいの不具合も
乱暴に開け閉めする子供たちの仕業が原因に
違いありません。
もう誰にもさわられないmyパソコンをわが手に!!

というわけで、へそくりで買いました!!
myパソコン。Windows Vista。

Vistaは使いにくいという声をよく聞いていたのですが、
よく考えてみると、XPもさほど使いこなしていなかったので、
あんまり問題ないことに気づきました。
このさい一から勉強しなおそうと思います。

実はエクセルもワードもきちんと勉強しないで、
見よう見まねで使っていたので、
新しいバージョンになっても、あまり影響はなかったりして・・・。
(不幸中の幸い)
外観も真っ白なPCですが、これからいろいろいじって
私色に染めたい、なんて思っています。
が、どうなることやら。
実は最近はもっぱら最初からついていたゲーム
(昔やったことのある上海の新バージョン)に
はまって抜け出せなかったりしているし・・・。

とりあえず、さくさく動く、まったく静か。
これだけで今は十分です。
前よりも、画面の文字が小さく感じたので、
それだけは速攻で直した・・・。

*********
ところで、前記事でずいぶん危機感をあおっていました、
中学生の娘の修学旅行(行先は奈良・京都)ですが、
無事行ってきました!!

少し前からもうすでに終息宣言がでるような感じでしたね。
日程が絶妙にグッドタイミングだったようです。
マスク必携とのお達しでしたが、それも強制というほどではなく、
もちろん帰宅後も具合の悪い子たちはいなかったそうです。
同時期に事故にあわれた学校もあり、大変お気の毒で
身につまされました。
無事行って帰って来れてホッとしています。
これでトンフルエンザも終息に向かってくれることを願っています。
なんたって受験生、冬が怖い・・・。
[PR]
by riro11 | 2009-06-08 22:22 | 風趣

豚なのか、そうじゃないのか、それが問題

今朝起きたら、いきなりTVでぶっそうなニュースが流れていた。
自分が住んでいるY市内の男子高校生が、
新型インフルエンザ感染の疑いありと!

昨夜のニュースではとうとう日本の成田まで、
新型インフル感染疑いの人物がせまってきたが(結局白だったけど)、
それでも、まだまだ半分はひとごとの感じだったのだ。
しかし一晩寝て起きたら、状況が一変。
いきなりさしせまった感マックスになっていた。

一応去年まで高校生だった息子を持っている親なので、
Y市内の高校といったら、ニュース放送に出ている情報だけで、
容易に特定の高校が推測される。
そしてもし、そうだとしたら、本当にいよいよ包囲網がせばまってきた感じだ。

でもたぶん違うかもね。
それにまだ男子高校生も本当に感染しているとは限らない。
ここは落ち着いて、とにかく正しい情報を・・・。

やっと家族がみんな出払って、やれやれと思っていると、
大学生の息子からメール。まだ電車の中のはず。なに?と見ると、
「○○高校だったよ~^^;」
慌ててホームページを見ると・・・・・・。間違いなさそう。
初めてフェーズ5 を実感した。

とはいえども、街中はいたって普通だった。
スーパーでも買いだめをしている人は見かけなかったし、
午前中に行ったスポーツクラブでも、話題にはなるが特に危機感は感じられず。
ちなみにフェーズ6だとスポーツクラブは休館になるらしい。
まあ、そうでしょうね。

家に戻ってニュースを見ようとTVをつける。
午後過ぎにはまだ検査の結果がでないらしく、
はっきりわかるのには、数日かかるようなことを言っていた。
これじゃあ、GW中の外出はビクビクしなくてはならない?
人ごみにでるのはNG?Y浜開港150周年はどうなる?

しかし、夕方流れたTVニュースから、
高校生は豚インフルエンザに感染していないことが判明!!
心配は半日程度で終了した。
ああ、よかった~!
ちなみに帰宅した中学生の娘にそのことを言うと、
もし本当に感染していたら、中学校は臨時休校になるはずだったらしい。

その後、夜には名古屋でも感染疑いの人物が白とわかり、
日本もぎりぎりのところで持ちこたえている。

Y市ではお騒がせだったかもしれないが、本当の危機に備えて、
いいリハーサルになったかもしれない。
危機管理が身にしみた一日だった。

それにしてもあの男子高校生。
休み明けに学校に行ったらいきなり時の人となって大変だろうなあ、
と余計なお世話なことを思った。
[PR]
by riro11 | 2009-05-01 23:59 | 風趣

桜の季節

b0033169_135729.jpg
<千鳥が淵の桜>

今年の四月は短い期間に色々新しいことづくめで、
ばたばたしていて、
もしや桜の花も見る暇がないかと思っていましたが、
何とかぎりぎり桜の花をめでることができました。

夫は無事我が家に帰還し、二年半の空白を感じさせないほど、
今までどおり、いや今まで以上に我が家の毎日に馴染んでいます。

長男君はイマドキの大学生を始めています。
初めての満員電車と飲み会に徐々に慣れていくでしょう。

入れ替わりに娘が今年は高校受験生。なんだか毎年だなあ。

b0033169_12910.jpg

そんな人間のさまざまなイベントなんてそ知らぬ顔で、
いつだって桜の花はちゃんと咲く。
人間界のさまざまなことなどすべて飲み込んで、
一気に咲いて、そして潔く散る。

だから皆いつまでもひとところに立ち止まらず、
次の季節に進んで行けるのだね。
[PR]
by riro11 | 2009-04-09 23:58 | 風趣

4月から新生活へ

春です。花粉も黄砂も待っています。
最近寒さもぶりかえして、桜の花もなかなか咲いてくれませんが、
春は確実に、そこまで(どこ??)来ていますよ!

さて、今年の我が家の春は忙しくなりそうです。

単身赴任していた夫が4月から戻ってきます。
結局2年半の単身赴任でしたが、何となくもうこれが限界かなと
感じていた矢先でした。

夫の一人暮らしも、最初の勢いはとうに失せ、
年々健康診断値も悪化して、
再検査の憂き目にあっていましたし。

私も夫がいない間、世帯主(住民票上だけど)となり、
マンションの管理組合や自治会の役員になり(普通は夫がでる)、
ちょうど反抗期を迎えた娘に驚き戸惑い、
おまけに初めて大学受験生の母となったりして、
慣れない事ばかりで、かなりへろへろだったかもしれません。

まあできることなら、ある時期まで家族はやっぱり一緒にいた方がいい。
そう悟ったわけです。
我が家もあと数年もすれば、長男が家を離れ、ついで長女も…。
という日が確実にくるでしょう。

しかしその日まで、いやそういう日が想定されるからこそ、
今はまだ、つかの間の家族一緒の生活を、
一日一日味わって暮らす時なのかな、
と思ったりします。

ところで、反抗期もそろそろぬけて落ち着いた娘ですが、
「パパが4月から戻ってくるよ」と告げた時の反応が・・・。

続きを読む
[PR]
by riro11 | 2009-03-30 23:58 | 風趣

新居訪問

今日は、新しく鎌倉に居をかまえたつつじさんのお宅を
ぶんぶんさんと訪ねました。

詳細はお2人のブログに飛んでもらうとして(笑)、
ここでは私の視点で少し。

つつじさんがブログでたびたび書かれているように、
北鎌倉駅に降り立った瞬間、やっぱり自然がいっぱいの
独特の雰囲気に包まれます。
空気の色が違う感じ。緑が多いせいなのか、お寺が多いせいなのか。

そんな雰囲気を引き継ぐように、鎌倉らしさ満点の食事どころで、
昼食を頂きましたが、これが絶品でした。
どれもみな本当に美味しい。
久しぶりに和食を堪能しました。

さていよいよお宅へ。
あたりにはまだ自然がほどよく残っている、
そんな場所につつじ邸はありました。

お邪魔してみると、つつじさんの美に対するこだわりが
家の随所に反映されて、
実にお洒落な和の家でした。

雑音が入らない静かな自然の中にある家は、
心からくつろげました。
そこでワインとライチ茶とおつまみで、
陽気なおしゃべりは果てしなく続くのでした。
(どうやらライチにもアルコールが入っていたのか・・・?謎)

しだいにここは、私たちの隠れ家であるかのような
錯覚さえ覚えてきました。
部屋を移り、話はつきず、笑い声もつきず。
しかし時は過ぎ…。
名残惜しさを隠せぬまま、ようやく私たちは重い腰をあげ、
つつじ邸を後にしました。

そして私は、あの家のサロン化計画の目論みは
きっと成功するだろうと、
そう確信したのでした。
[PR]
by riro11 | 2009-03-12 23:50 | 風趣

卒業式終わりました

前日まで降り続いた雨が、朝にはすっかり晴れ上がり、
その日長男の卒業式が行われました。

高校の卒業式は初めてでしたが,
今まで列席した小中のどれに比べても、
一番簡素でしたが、一番心のこもった式に感じました。

受験の結果を待つ子供がまだ多いことからか、
どちらかといえば地味すぎるほど地味な式でしたが、
ただ親や先生方の静かな喜びと安堵が、式の随所に伝わってきました。

在校生、卒業生の送辞や答辞には、うならせられました。
自分の気持ちを、こんな風な言葉で表す事ができる生徒達。
ただただ感心するばかりでした。

PTA会長の祝辞は、会長の前にただ一母の思いが感じられ、
ここで多くの母たちは涙しましたね。
(一番祝辞がへただったのは校長という噂も・・・)

最後に、音楽選択の生徒達が作詞・作曲をした卒業の歌を
卒業生全員が混声合唱で見事に歌い上げました。
これって確か、練習は前日しかなかったはず。
昨日の今日でここまで素晴らしいできばえで、披露してくれるなんて。

色々な面で、この学校の生徒でいることの大変さを、
今更のように感じながら、ちょっと複雑な思いではありましたが、
それでも何とか立派に卒業のこの日を迎えたわが子のことを思うと、
また泣けてくるのでした。

卒業生を送り出した後、学年の先生が仰っていた事が、
心に沁みました。
この学年は何一つ問題行動のない学年でした。
受験間近になっても、先生方の心配をよそに、
みんな毎日明るく学校に来て、一日過していました。
その姿に先生方は逆に生徒達から色々教わりましたと。
そう仰って頂きました。

長男の様子を見ていても確かに、それはわかります。
彼がどんなに遅刻が多くても、3年間に学校を欠席した日が
ほとんどなかったのは、きっと友達達のおかげでしょう。
おだやかで気持ちの良い子が多かった。

式の帰り、どうしても行って見たい所がありました。
乗り換え駅の近くにある、長男がいつも学校帰りに
寄ると言っていたうどん屋です。
学校へ行くのが嫌な時も、帰りにあのうどん屋に寄るのだけを楽しみに
何とか重い足を引きずって出かけていったと、
いつか話してくれました。

どんな可愛い子が働いているのかと思いきや、
中にいたのは、私ぐらいの年配の女性ばかりでした。
格安だけど、あつあつのうどんは、
確かに心と体を暖めてくれました。
[PR]
by riro11 | 2009-03-08 23:57 | 風趣

逃げる二月を追いかけて

b0033169_0102085.jpg

気がつけば、二月はいまだに更新されていなかった・・・(焦)

二月の話題。二月と言えば、二月と言えば、
そう、何といってもバレンタインデー。
今年も中二の娘は、友チョコ作りに躍起になっていました。
ところで長男くんの方は、もう学校に行っていないこともあり、
もともとクラスの女子も友チョコなんぞ作っている暇も余裕もあるはずもなく(受験生)・・・。
今年はとうとうゼロかと思いきや、ここに思わぬ伏兵が現れた!
それは、なんと、なんと、妹の友達だった。

もともと小学校で一緒だった子たちは、この兄の存在をほとんどが知っている。
そして中学生なってからも。
なぜかこの高校生の兄は、中学生が学校へ向かう時間に、
中学生の通学路と同じ方向の駅へと急ぐ。
(どっちの時間がおかしいのかは言わずもがな)

そして朝、この兄は妹の同級生にたびたび目撃されることとなる。
「今朝おにいちゃん見かけたよ。髪の毛立ってた。」とか
「急いで走っていったけど、何か女の子走りしていた(笑)。」とか。

じわじわと妹の同級生の間で話題になり、
ひそかに注目の人物になっていた。

結論。というわけで、結局、今年、妹の友達2人からチョコをもらいました。

ホワイトデーには、プリクラを添えてと要求があったらしい・・・。

どう考えても、長男くん。
すっかり中学生女子にいいように面白がられている様子。
まあ、それでもチョコはチョコだし、いいか~っ!?

More
[PR]
by riro11 | 2009-02-18 23:46 | 風趣


花が咲こうと咲くまいと、生きていることが花なんだ      (by イノキ)


by riro11

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

通知
爆笑
激奨
風趣
歓喜
嘆息
苦笑
痛快
感涙
DQⅨ
超個人的

以前の記事

2014年 12月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2013年 12月
more...

PROFILE

大学院生男子、大学生女子の母
首都圏在住  

MY SITE
壱番館:
「普通の専業主婦だって、文句があるさ!」

タグ

検索

人気ジャンル

画像一覧