2014年 06月 29日 ( 1 )

足のケガとアジサイ会

事件は会議室ならぬ、家の中でも常に起こっている。
恒例のブログ仲間の味祭会もとい紫陽花会を二日後に控えていた朝、
学校に出かけた娘を見送ったあとのまさに、その瞬間、家具のはしっこに足の指をしこたまぶつけて、
ギャーとさけぶつつ、その場でしゃがみこむ。
「折れた…」と私は思った。過去2回、小指を骨折した経験が私の耳元でそうささやいていた。
紫陽花会のことが頭に真っ先に浮かぶ。今年はまだ紫陽花をゆっくり見ていない。
加えて、今我がマンションは大規模修繕の真っ最中で、信じられないような騒音があっちこっちで
聞こえてきて、私は耳栓を手放せない。しかし耳栓をしていても、相変わらず「やかましい!」と怒鳴りたくなるような騒音なのだ。加えてマンションの周りは足場と黒い網に覆われて、家の中にいると捕えられた魚のような気分である。
早い話が紫陽花会で癒されるのをずっと楽しみにしていたのだ。それなのに…この足。
幸い病院に行くと骨折はしてなかった。しかし、ねんざのように歩くと痛む。素足でそろりそろりと家の中では歩けるが、くつをはけない。痛くて。紫陽花会のメンバーは、ムリをしないようにとメールをくれる。
しかし、私は行きたいのだ!! 

当日私は、苦肉の策で、新調した紳士物のサンダルをはいた。これが一番足に痛みがこない。
かっこうなんてかまっていられない。もうこの年になったら、人の目など気にせずに、自分の好きなように生きたいじゃないの(魂の叫び)

そして当日、紫陽花会は例年のように楽しく、充実して、大いに満足しましたよ。
その様子はぶんぶんさんさん♪さんつつじさんのとこでどうぞ。
私は抜粋で。
b0033169_1436648.jpgそうそうつつじさんのブログに書いてあった赤いバッグは←これ(笑)。右のタイルは当日行った、「たからの庭~シェアアトリエハウス」のハンドクラフト店で買いました。アロマを垂らせるアロマタイルというのが珍しくて、さっそく使っています。バッグをもって歩くと、ほんのり香りが楽しめます。ちなみに左のうさちゃんは、このあいだ、さん♪ちゃんの委託販売のお店で買ったうさちゃん。携帯ストラップにして愛用しています。

b0033169_14434692.jpg
ここは縁切り寺こと東慶寺。階段登れないので、下で待っていました。北鎌倉は普通にどこのお寺でも紫陽花が咲いている。
b0033169_14511643.jpg
                    つつじ邸の紫陽花。
b0033169_14515689.jpg


そしていつもお邪魔させてもらっているつつじ邸には、例年にもまして色とりどりの紫陽花が競演していました。
足を引きずりながら、サンダルで北鎌倉を散策したかい?がありました。のんびり、足と頭と体を休めながら、紫陽花の庭をながめつつ、おしゃべりに花を咲かせ、お酒の弱い私なのに美味しい梅酒で心地よくなりました。つつじさん、今年も訪問させていただき、ありがとうございました。
紫陽花会、来年も楽しみにしています! 足が折れても行きますから(うそ)
[PR]
by riro11 | 2014-06-29 15:09 | 風趣


花が咲こうと咲くまいと、生きていることが花なんだ      (by イノキ)


by riro11

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

通知
爆笑
激奨
風趣
歓喜
嘆息
苦笑
痛快
感涙
DQⅨ
超個人的

以前の記事

2014年 12月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2013年 12月
more...

PROFILE

大学院生男子、大学生女子の母
首都圏在住  

MY SITE
壱番館:
「普通の専業主婦だって、文句があるさ!」

タグ

検索

その他のジャンル

画像一覧