さすがに犬になっていた人はいなかった。

同窓会(大学の)がありました。十何年ぶりです。
久しぶりに訪れた母校は、自分達がいた頃、まだ若かった木がずいぶん育ち、
やたら緑が目立ったのが印象的でした。

ホテルとは言わないまでも、前回のように同窓会館でもなく、
普通の教室で、食べ物や飲み物を運んでという会は、
ウン十年ぶりに会う人が何人もいたというのに、
みんなをあっという間に学生の頃に戻してしまいました。

それにしても、女性たちの変わらないことといったら!
この年月はいったい何だったの?まるで妖怪?というくらい、
学生の頃そのままという人ばかりで、驚きました!

ところが男性陣は・・・!誰だかわからない人ばかりで、ホント焦りました。
名前を聞いても、当時の顔が思い出せない。
そっと、誰かが持ってきた当時の顔写真と見比べて、唖然としたり。

どうやら女性たちより男性たちに、年月はより重くのしかかったのでしょう。
生活の重みか、責任の重みか。

もう一つびっくりした事は、ウン十年ぶりに会ったというのに、
みんな当時のことをやけによく覚えていること。
それぞれの出身地や趣味や当時のエピソード。全部覚えている。
また話すうちにどんどん思い出してくる。

最近の事は忘れがちなのに不思議だねと、笑い合いました。
昨日まで一緒に机を並べていたかのように、
当時の呼び名で当時のままのテンション、口調、口癖で。
何十年経とうと、人は本質的にはそんなに変わらない。
変われないという事を目の当たりにしたような気がしました。

家族を持った人も持たない人も、偉くなった人もそれなりの人、
色々いました。
誰かが言っていたけど、せっかく縁があって何年か一緒に時を過した同級生。
今はもうかなり全国各地に散らばった同級生。
このトシになったからこそ、肩の力をぬいて、何かあったら皆で力を借りて貸して、
この先頼ったり頼られたりしながら、年を重ねていくのもいいでしょう。
そんな事が素直に心に沁みた同窓会でした。

そして後で思い返して、一つこの会で自慢できることと言えば。
話題に、更年期の話や体の不調の話がいっさい無かった事。
懐かしい過去と前向きな未来の話ばかりで、楽しかったです。
すっかり若返った気分です。

今度会うのは、また十年後かもしれないけど、
今度会うときはもっともっと若い気持ちでいたいと、秘かに思いました。
[PR]
by riro11 | 2008-05-28 23:02 | 風趣


花が咲こうと咲くまいと、生きていることが花なんだ      (by イノキ)


by riro11

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

通知
爆笑
激奨
風趣
歓喜
嘆息
苦笑
痛快
感涙
DQⅨ
超個人的

以前の記事

2014年 12月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2013年 12月
more...

PROFILE

大学院生男子、大学生女子の母
首都圏在住  

MY SITE
壱番館:
「普通の専業主婦だって、文句があるさ!」

タグ

検索

人気ジャンル

画像一覧