鎌倉日記Ⅱ

<続き>

さて、ぶんぶん隊員のリードと、偶然との相乗効果のおかげで?、
我々は、アートスペース、店舗、個人宅の展示場を、次々と発見する。
そこで待望の地図もゲット。
実は地図を片手にココへ行こうと目指すも、なぜか見えてくるのは違う場所。
「まっ、いっかっ!」
我々は、結果オーライを楽しむ。

この鎌倉で道に迷った時、目印は路地裏の御宅の庭の花々。
モッコウバラやハナミズキが、ここは一度歩いた場所だと教えてくれる。

お昼に石釜ピザを食べ、苔むした階段のあるお寺に参拝する。
オープンカフェでやわらかい春の日差しの元、お茶とおしゃべり。
鶴岡八幡宮で今年初めて藤を見る。

路地裏のひっそりしたスペースに、地元アーチストたちの確かな息吹を感じる。
鎌倉住人の潜在アーチスト人口の多さに、ちょっと驚く。
あちらこちらの路地裏に、創作活動の根が潜んでいた。

ここまで来たのだからと、足を伸ばして北鎌倉へ。
北鎌倉は駅がいい。素朴でローカルな駅。
鎌倉に比べ、自然がずいぶん残っている感じがする。
ホトトギスの鳴き声を聞きながら少し歩けば、竹林や夏には蛍の見える川、
そしてもちろんあちこちに風趣あふれるお寺が点在する。

閉館ま近の古陶美術館に行く。趣のある美術館に、しわの数だけ人生の苦労を刻んだ、
お人形が飾ってあった。

古都鎌倉散策で、すっかり俗世間の垢を落とし、いい気持ちで北鎌倉駅で電車を待つ。
すると、つつじ隊長が一言。
「riroさん、こっちでいいの?」

そうだ! 私はお2人とは反対方向だった・・・。
あわてて反対側のホームへと走る。最後まで気が抜けない。

心地よい疲れのまま家路についた私は、さっそく今日撮った数々の
思い出の写真を見てみることに。
しかし!oh! マイガッ! 何と!




デジカメの写真は、設定がずれていて、一枚も写っていなかった!!

一日の疲れがここで一気に出た。
入浴後、体重計に乗ったら0.8キロ減ってた。

そういうわけで、今回の記事には写真が一枚もないのです。
あしからず。


[PR]
by riro11 | 2008-04-30 23:58 | 風趣


花が咲こうと咲くまいと、生きていることが花なんだ      (by イノキ)


by riro11

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

通知
爆笑
激奨
風趣
歓喜
嘆息
苦笑
痛快
感涙
DQⅨ
超個人的

以前の記事

2014年 12月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2013年 12月
more...

PROFILE

大学院生男子、大学生女子の母
首都圏在住  

MY SITE
壱番館:
「普通の専業主婦だって、文句があるさ!」

タグ

検索

その他のジャンル

画像一覧