大人の階段、のぼる♪

合唱祭に行くのは、もう何回目だろう。
今回で5回目だ。長男くんだけで中・高合わせて4回も行った。
そのせいか中学の娘の初めての合唱祭は、あんまり新鮮味がないように感じて
ちょっと申し訳なかった。

兄と同様、娘も一曲ピアノの伴奏を引き受けている。
ポピュラーソングの自由曲だったので、わりと易しめなこともあり
遊びながらいつも弾いていたので、親子共々緊張感に乏しかった。

一応朝練もやり、委員を中心に練習に取り組んでいたものの、
クラスはなかなかまとまらなかったらしい。
娘のクラスは、人数的に女子がハンディーを競っている上、
やんちゃな男子が多数ということで、一部の女子の間では、
リングに上がる前からもう負けた気分が徐々に浸透していったらしい。

そんなこんなでイマイチ盛り上がらない合唱祭。
でも、行ってきましたよ。

毎年合唱祭に行き、今年で5年目。多少耳も肥える。
一年生の一クラス目を聞き、隣に座っている、やっぱり5年目の母友と
アイ・コンタクト。(うん、この組は上手)
次のクラスも(うん、ここは次に上手)とうなずきあう。

そしていよいよ娘達のクラス。
聞いていて、(ああ、いかにも一年生らしい合唱!)という感想。
大きな声は出ている。一生懸命さは伝わってくる。
けれど、混声合唱にはやはりまだ程遠い。
同じクラスの母友と再び目を合わせ、お互いに残念そうに首をひねる。
つまり、まあ、頑張ったけど、ね・・・。という感じ。来年以降に期待しよう。
娘のピアノはというと、いつもどおりのびのびと弾けていたので、これで十分。
ホッとした。

結局子供達より二足くらい早く、結果は聞かずに帰ってきた。
帰宅した娘によると、結果は母友とした予想とまったく同じだったので、
娘には悪いが、さすが5年目の耳と自分に自信を持った。

夕食後、その日に撮った合唱コンのビデオを見て、ついでに数年前の
兄達のビデオも見始める。
1年、2年、3年と年数が経つにつれて、変化の様子がよくわかる。
合唱の中身ももちろんだが、画面の中の息子の成長が如実に表れていて
びっくりした。
1年のまだあどけない顔。2年で急激に変わり始め、3年で見違えるような
大人っぽい顔つき。立ち居振る舞いもりっぱだし。緊張感でりりしい姿。

ああ、今よりもこの頃の方が数倍しっかりしているように見えるなあ。と思うと
ガクッとずっこける。
思えば、今は親が作って一旦完成した外側の殻を、自分でわざわざ壊しにかかっている、
そんな時期なんだなあ。
鳥類を見てもそうだが、さなぎからでてきたヤツはそれまでと似ても似つかない
姿になってくる。どんな姿で現れてきても、動じないしかない。

まあ、親はやるだけやったのだ。あとは自分の責任で好きにしてくれ。
と証拠?のビデオを見ながら思う。

そんな親の感慨をよそに、子供達はなにやら背中の方でうるさい。
どうやらビデオに触発されて2人いっしょに次々と合唱曲を歌い始めていた。
秋の夜長を、2人はいつまでも歌い終わらない。
[PR]
by riro11 | 2007-10-31 23:57 | 風趣


花が咲こうと咲くまいと、生きていることが花なんだ      (by イノキ)


by riro11

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

通知
爆笑
激奨
風趣
歓喜
嘆息
苦笑
痛快
感涙
DQⅨ
超個人的

以前の記事

2014年 12月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2013年 12月
more...

PROFILE

大学院生男子、大学生女子の母
首都圏在住  

MY SITE
壱番館:
「普通の専業主婦だって、文句があるさ!」

タグ

検索

その他のジャンル

画像一覧