今を生きる

今日は、市内の小・中学校のあちこちで、合唱大会や児童音楽会が開かれた。

うちの娘と息子も、合唱大会に出場する。
とにかく元気にこの日を迎えられた事に、感謝。
二人とも、二曲の合唱のうち一曲、ピアノの伴奏を受け持つ事になっている。
朝、少し緊張気味だが、張り切って出かけていく二人を見送る。
同じ日に重なったが小学校は保護者は鑑賞できないので、私は中学の方の会場に出かける。 



中学では、ここ一ヶ月、毎朝合唱の練習のため朝練があった。

クラスごとの発表のため、断然、クラスは燃える。
文化祭代わりの合唱大会は、中学の行事の中で、毎年なぜか一番盛り上がるのだ。
指揮、伴奏とも生徒が受け持ち、毎年のように、
生徒達は何度も揉めて、悩んで、一つになって、
しかし、最後にはしっかり自分たちで自分達のクラスの歌を作り上げてくる。

会場に到着すると、風が吹きすさぶ、朝の寒さ厳しい駐車場で、
各クラスが、最後の練習に余念がない。

制服のないこの学校の生徒が、今日だけは、どのクラスの男子も、学ランを着ている。
息子もこの日のために、よその中学のお古で回ってきた学ランの、ボタンだけを自分の中学のものに替えて、着ていった。
そういえば、この中学、行事の時には自主的に制服を着ていく子が多い。

保護者と地域の人達で会場は満員。この合唱大会は、毎年かなりの人気だ。
運営も審査もすべて生徒自身による合唱大会が、始まった。
聞いていると、皆、いかにこの大会にかけて来たかが、よくわかる。
指揮も伴奏も歌も、恥ずかしさなど微塵も無く、
皆、精一杯、自分達のできるすべてを披露している。

息子のクラスの発表が始まった。
学ランを着ていたせいか、舞台に立っていた息子は、まるで別人のようだった。

(家では、いつもぐにゃぐにゃしているくせに、)
しっかり胸を張って、立って居るじゃないか。
(家では、マイペースなくせに、)
ちゃんと指揮や歌に、合わせて弾いているじゃないか。
(家では、私に話す時はいつも、ぼそぼそと聞こえないくらいの声なのに、)
ちゃんと、大きな口を開けて歌っているじゃないか。
一緒に見に来た「母友人」が隣で、大きなタオルで、しきりに顔を拭いているから、
つられてしまった。

    こんな複雑な、難しい歌を練習していたのか。
    何にも話してくれなかったから、分からなかった。
    去年は、女子の隣で、アルトのパートを歌っていた彼も、
    今年はしっかり、男子のパートを歌っている。
    小さいと思っていた背も、他の子と比べて見劣りしなくなった。
    「男子三日会わざれば刮目して見よ」なんだなあ。


ひとまずホッとして、家で休んでいると、娘が帰った来た。
ニコニコの顔を見て安心する。
「どうだった?」と聞くと「とっても、気持ちよかった」という応え。
  どうやら、のびのびできたみたいだね。
「友達は緊張してたけど、私は大丈夫だったよ」
  ふう~ん、お母さんはひとりで、一日中ドキドキしていて、バカみたいだね(苦笑)


*この記事はFancy Petさんの「合唱祭」にTBしています。
[PR]
by riro11 | 2004-10-28 23:59 | 感涙


花が咲こうと咲くまいと、生きていることが花なんだ      (by イノキ)


by riro11

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

通知
爆笑
激奨
風趣
歓喜
嘆息
苦笑
痛快
感涙
DQⅨ
超個人的

以前の記事

2014年 12月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2013年 12月
more...

PROFILE

大学院生男子、大学生女子の母
首都圏在住  

MY SITE
壱番館:
「普通の専業主婦だって、文句があるさ!」

タグ

検索

その他のジャンル

画像一覧