初夏の鎌倉Ⅱ~文化的刺激

昨日の最初の刺激は、辰巳芳子さんの講演会。
鎌倉友の会が主催して行われ、出席者は100%女性、そして主婦。
満席の会場の一番前の真ん中の席で、辰巳さんとまるで向かい合って座っているような気分です。緊張してじっとり汗をかきました。
まさに凛とした女性といった辰巳さん。張りのある声に、座っていても輝いたオーラがでていました。TVで見るよりお若く、綺麗に見えましたね。なんと言っても一番前ですから、本当によく見えました。

“いのちのスープ”で有名な辰巳さん。今日の講演は案に違い、“食”に留まらず、あるべき家庭人の姿までと幅広い。あのお年で、非常に歯切れの良い口調で、ぽんぽんと言葉が途切れることなくよく出てくる。まずそのことにびっくりです。そして改めて思ったのは、この人は、言葉の大切さをよくわかっているということ。とっても言葉一つ一つを大事に、正確に選んで、話を進めます。その歯切れのよさが、とっても心地よかったです。

本日の講演の内容は、全体的に主婦への応援歌であり、また叱咤激励でありました。ところどころ耳が痛かったですね。
その中で、色んな刺激を得る事、そしてその感動を思索して、それを言葉で綴る事がとってもよろしいという意味の事を言われ、これはまさにブログじゃないかと思いました。
そしてブログなら、その感想を色んな人と共有することもできるし、またお年寄りのボケ防止にもうってつけです。
八十歳を過ぎた辰巳さんと今まさに旬なブログがつながるとは・・・・。聡明な人はいつも時代の最先端を行っています。

*******
昨日二番目の刺激は、マリー・ローランサン展。優しい淡い色合いの少女の絵が特徴的なマリー・ローランサン。
この人の絵を見るといつも、いわさきちひろの絵を思い出します。雰囲気が重なります。
ふんわりしたタッチで、綺麗な色だけをのせた絵を眺めていると、理屈抜きに気持ちが穏やかになります。

講演会で頭を使ったあと、ぼーっと感性でただただ絵を見る。これぞバランスのとれた文化的な刺激です。
老後はこんな生活が理想だなあと、思いました。
[PR]
by riro11 | 2007-05-12 23:57 | 風趣


花が咲こうと咲くまいと、生きていることが花なんだ      (by イノキ)


by riro11

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

通知
爆笑
激奨
風趣
歓喜
嘆息
苦笑
痛快
感涙
DQⅨ
超個人的

以前の記事

2014年 12月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2013年 12月
more...

PROFILE

大学院生男子、大学生女子の母
首都圏在住  

MY SITE
壱番館:
「普通の専業主婦だって、文句があるさ!」

タグ

検索

その他のジャンル

画像一覧