娘の4月。

年度初めは、にぎやかだ。家の前を通り過ぎる小学生も、
4月はなんだか浮かれている。
この小学生の屈託のない笑顔の群れのどこにも、
娘はもういないと思うと少し淋しい。

夕方ももう遅くなって、中学生の制服もどきを着込んだ娘が
やっとたどり着いたとばかり、
ずっしり重いスクール鞄もろとも、家の中になだれ込んでくる。
疲れたけど充実した一日だった、そんな顔をして。

部活も決まった。バトン・チアクラブ。
練習が始まり、さっそく自分の体の固さを嘆いている。
優雅そうに見えるが、初心者は重いバトンが体のあちこちにぶつかって
案外危険だということも、身をもって知る日々。

バトン買うんでしょ。いくらなの?
え~と、二万七千円。
えっ…! た・・・たかいんだねえ・・・。
あっ、間違えた、二千七百円。
中学になっても、本質はあまり変わっていない娘だった。

お気に入りのお弁当箱とお茶をつめて、どこかピクニック気分の登下校。
春の川の流れをながめながら。

その少し前には、朝の大喧騒の中をくぐりぬけてくるんだけれども。
今朝はスパッツがないないと大騒ぎ。まさかとは思うけれど、
万が一ということもあるので、一応兄にも聞いてみる。

「おにいちゃん、ここに置いたスパッツ知らない~」
「あ、俺はいてる」
こいつには絶対聞かなきゃよかったと後悔する朝だった。
[PR]
by riro11 | 2007-04-23 23:57 | 風趣


花が咲こうと咲くまいと、生きていることが花なんだ      (by イノキ)


by riro11

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

通知
爆笑
激奨
風趣
歓喜
嘆息
苦笑
痛快
感涙
DQⅨ
超個人的

以前の記事

2014年 12月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2013年 12月
more...

PROFILE

大学院生男子、大学生女子の母
首都圏在住  

MY SITE
壱番館:
「普通の専業主婦だって、文句があるさ!」

タグ

検索

その他のジャンル

画像一覧