あれから1年・・・。

晴れ渡った空の下、自転車を走らせていると、左前方に
ちょっと異様な集団が見える。
リクルートスタイルというか、黒のスーツ集団の若い男女が真ん中を空けて、
両側にずらっと並んでいる。
なんだ、これは・・・、親分が出てくるのを待っている子分達の図?
自転車で近くまで寄ってじろじろ見ていたら、
一人の女性の持っているパンフレットが目についた―△△予備校

やっと気付く。そうか、今日は県立高校の入試発表の日か。
そういえば、ここは高校の真ん前だった。時計を見ると10時半を回ったところ。
心配する塾教師やパンフレットを配る予備校事務員が、待ち構えているのだった。

あれからもう1年、早いものだ。
去年の発表の日は、冷たい雨がひっきりなしに降っていたけれど、
今年は花粉が気持ちよく飛散していく、春のような明るい日だった。

*******

長男くんは、このところしきりに淋しいなあと訴えている。
一年が終わって、クラスの皆とお別れだからだ。
最初から楽しいクラスだった(宿泊研修では、皆で徹夜でアニメソングを歌っていた)。
ノリのいいクラスだった(行事よりいつも打ち上げの方が盛り上がる?)

仲の良い優しいクラスだった。
  いつも遅刻や休みで授業に出ない男子生徒がいた。
  体育をあと一回でも休めば留年決定という彼が、
  体育の授業のある日、学校に現れなかった。
  朝からクラスの皆が彼にメールを送る。携帯に電話をかける。
  だけど体育の授業の時間になっても、彼の姿は見えない。
  そして授業が終わる15分前。やっと現われた。
  皆は思わず拍手喝采。

ハロウィンやバレンタインデーには、
気前よく男子にクッキーやチョコを振舞っていた女子たち。

そういえば当初から、このクラスは変な人ばかりと言っていた長男くん。
類は友を呼んだらしく、変人たちに囲まれてとっても過しやすい1年だったようだ。

そして彼はしみじみ言う。
勉強ほ~んとに何にもしないで、もう1年終わっちゃったよ。
高校を甘くみてたよ。
だけど、自分で甘かったと気付けたから、
この時間は必要だったんだ。

本当だ。この一年は確かに必要で、大事な大事な一年間だったに違いない。
[PR]
by riro11 | 2007-03-02 01:18 | 風趣


花が咲こうと咲くまいと、生きていることが花なんだ      (by イノキ)


by riro11

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

通知
爆笑
激奨
風趣
歓喜
嘆息
苦笑
痛快
感涙
DQⅨ
超個人的

以前の記事

2014年 12月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2013年 12月
more...

PROFILE

大学院生男子、大学生女子の母
首都圏在住  

MY SITE
壱番館:
「普通の専業主婦だって、文句があるさ!」

タグ

検索

その他のジャンル

画像一覧