娘のピアノ発表会と夫の風邪

正月休みが終わったばかりなのに、遥か遠い北九州から先週末再び、娘のピアノの発表会のためにやってきた夫。親バカといえばそれまでです。
でも小さい頃から欠かさずに来ていた娘の発表会。それを見に来る事は、卒業式や入学式のセレモニーに出席するのとたぶんまったく違う意味合いが、私達家族にとっては込められているのです。
土曜日の昼にやってきた夫は疲れた様子。少し風邪ぎみでした。

今回娘が弾く曲は、ショパンのノクターン。ついこの間、フィギュアスケートの浅田真央ちゃんがショートプログラムで滑った時にかかった、あのおなじみの曲です。
一昨年と去年と好きなモーツァルトの曲が続いたことでもあり、今年は一つショパンでも弾いてみましょうという事になりました。ショパンの曲を弾くのは憧れではあるものの、本人としては明るく軽快で勢いのある曲の方が、練習していてやっぱり楽しい。テンポなど、弾き方をある程度自分の裁量に任せられたこの曲は、娘には逆に難しいようでした。

なかなか本気でこの曲と取り組めないまま、発表会の日は近づきます。夫がやってきたのは発表会の前日。例年のように最後の仕上げを父親に聞かせながら、やっと自分でも舞台で弾く自信が湧いてきたようでした。

発表会の当日。夫の風邪は悪くなる一方。娘の出演する部は最終の部でしたので、午後遅く家を出ました。
初めての会場ですが、新しく、こじんまりながらも、ピアノの音がいい音で響きます。
娘もその事は感じていたらしく、皆いい音を響かせているので、自分もそんなきれいな音で皆に聞かせられたらいいなと、思っていたそうです。

最後から二番目にようやく娘の出番。前日にやっと完璧(娘いわく)となった曲。最後まで堂々と皆の前で弾きあげました。ああ、よかった、よかった。

ホッとして陽気な娘に引き換え、ますます具合が悪そうな夫です。家に帰って熱を測れば、なんと八度もありました。
翌日は北九州に帰らなくてはならない。翌日の朝一番に病院に寄り薬を飲んでから、そのまま空港へ直行した夫です・・・。
鞄の中には、昨日撮った娘の発表会のビデオをDVDに焼いたものが入っています。
まあ、帰ってそれでも見ていれば、じきに風邪も治ることでしょう。
[PR]
by riro11 | 2007-01-22 23:45 | 歓喜


花が咲こうと咲くまいと、生きていることが花なんだ      (by イノキ)


by riro11

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

通知
爆笑
激奨
風趣
歓喜
嘆息
苦笑
痛快
感涙
DQⅨ
超個人的

以前の記事

2014年 12月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2013年 12月
more...

PROFILE

大学院生男子、大学生女子の母
首都圏在住  

MY SITE
壱番館:
「普通の専業主婦だって、文句があるさ!」

タグ

検索

その他のジャンル

画像一覧