私を呼ぶのはダリ?

前から気になっていたけれど、まだじっくり見たことがなかったダリの絵。

しかし今回、東京・上野の森美術館で『ダリ回顧展』が開催され、しかも大人気という噂を聞くや、もうむずむず、そわそわしてしていた私です。
TVでバンバン流されるCMや街でみかけるポスターが、私においでと呼ぶのです。

もうさすがに多少は空いたでしょうという12月の初め、満を持して見に行きました。

そしてサルバドール・ダリに呼ばれたのはやはり本当だったことに、展示された数々の絵を見ていくうちに気付きます。絵のよしあしなど私にはもともと全くわからないのですが、どの絵もどの絵も、間違いなく私の好きな絵でした。

絵の好き嫌いに理屈はありません。ダリの絵は、ただただ眺めて面白く、わくわくし、この人の絵は本当に上手だなあと感心させられるものがありました。油絵なのに、なんでこんなに細かく鮮やかに描けるんだろうと不思議でしょうがありません。

題名からして難解。絵のほうも一筋縄ではいかない。ダリ特有のワナがあちらこちらに張り巡らされています。説明されないことには、もちろんさっぱり分からないのですが。それでも見ていて楽しいし、全く飽きない。

何かに影響され、何かをモチーフにし、何かを暗喩し、細かい箇所までこだわって精密に描写してあるダリの絵。ダリが訴えたかったことを、正しく理解できた人がどれだけいたのか。はなはだ疑問です。

でも、たぶんそれはそれでいいのでしょう。少なくても私は、残念ながら彼の意図する所はほとんどわからなかったと思うのですが、ひと時でも刺激的な快感を得られたのだから、それで十分です。

超現実的なダリの絵は、奇妙で不思議で時には薄気味悪かったりするのですが、グロテスクな気持ち悪さを感じる事はなかったのです。見終わった後に残るのは、ただ心地よさだけでした。

一つ心残りな事は、あそこで売っていた図録を買ってくれば良かったなあと思う事。会場を出た直後は満ち足りていたけれど、今になってもう一回じっくり解説を読みながら絵を見てみたいなあと思ってきました。でも重そうだったしなあ…。

* ご一緒してくださったぶんぶんさんに感謝です!ぶんぶんさんの『ダリ回顧展オフ』にTBします(但しココログのメンテナンスが終わりしだい)
[PR]
by riro11 | 2006-12-05 23:26 | 激奨


花が咲こうと咲くまいと、生きていることが花なんだ      (by イノキ)


by riro11

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

通知
爆笑
激奨
風趣
歓喜
嘆息
苦笑
痛快
感涙
DQⅨ
超個人的

以前の記事

2014年 12月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2013年 12月
more...

PROFILE

大学院生男子、大学生女子の母
首都圏在住  

MY SITE
壱番館:
「普通の専業主婦だって、文句があるさ!」

タグ

検索

その他のジャンル

画像一覧