勝って兜の緒を締めよ!

私は、勝負するなら勝ちに行かねば、と思う人間だ。



息子の頭の中の70%以上を終始占めている、部活の「卓球」。
毎月のように、何かの試合に出るのだが、これが弱い。

しかし、負けても、負けても、負けても、負けても、不思議と卓球だけには、
「今度こそ!」と腐らずに臨む姿勢は、立派なのか、懲りない君なのか…。

スポーツは勝敗を競い合う。勝つという事は、相手を倒す事なのだが、
負けず嫌いな息子は、負ける事を極度に恐れ、相手と向かい合わないうちに、
自滅する事が多々あった。

負けが混むとカッカと頭にくる。そして、焦ってミスを繰り返す。
練習の時には強い(と言われる)のに、なぜか試合では、勝てない。
それもほとんど、独り相撲をとった結果…。

技術や体力で負けるのではない。「気持ち」で負けるのだ。

そして、昨日、またもや試合に出かける息子が、とうとう、
「もう、勝ち負けに拘らないことにする」と宣言した。
しかも非常に弱気な顔をして。

ちょっと、待った! 勝負するなら、勝ちに拘らなくてどうするんだい!!

私「ちょっと、待って… …。よし、そうだ!
 『 勝ちを目指して、負けを恐れず』 そうそう、これ、いいわ。 
  この姿勢で行ってこーい!」
息子「・・・。」


外出して帰ると、息子の方が早かった。
いつものように、結果はすぐ聞かない(恐いから)。
しばらく雑談して、様子を見るが、ポーカーフェイスでよくわからない。

そうこうしていると、夫が帰宅。
夫「おっ、今日どうだった」
息子「えっ。何が?」
夫「試合だよ、卓球の…。」(イライラ)
息子「ああ、そんなこともあったよねえ」と、とぼける。
私「結果ぐらい、親に報告しなさいよ」(イライラ)

息子「うん、あのさぁ」
「・・・市大会出場!!」

夫「えっ!! すごいじゃん~、本当か?」
私「えっ?? 市?・・ 大会??・・・。
  いったい、何人に勝ったの?」(バカな質問)
息子「四人」
私「い、今までの、倍じゃん!!」(バカな応え!)
(その後…、感動のあまり、私絶句)。

しばらくして、気を取り直して言う。
「お母さんの、あの格言が効いたんだねぇ!」
息子「いや。あれ、俺、勝手に変えた」
私「へっ、何て?」
息子「『勝ちを焦らず、負けを恐れず』に」

ふう~ん。まあいっか。
確かにこっちの方が、勝ちに異常に拘る息子に向いている。

私「まあ、今まで負けても腐らずに、よく頑張ったね。今度は、
  『負けても腐らず、勝っても浮かれず』。この言葉でいこう!」
息子「いや、それは、もういい…。」

ちぇっ、格言とかことわざ言うの好きなのに…。「口は禍の門」だった。
[PR]
by riro11 | 2004-10-17 23:44 | 歓喜


花が咲こうと咲くまいと、生きていることが花なんだ      (by イノキ)


by riro11

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

通知
爆笑
激奨
風趣
歓喜
嘆息
苦笑
痛快
感涙
DQⅨ
超個人的

以前の記事

2014年 12月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2013年 12月
more...

PROFILE

大学院生男子、大学生女子の母
首都圏在住  

MY SITE
壱番館:
「普通の専業主婦だって、文句があるさ!」

タグ

検索

人気ジャンル

画像一覧