夏の街を行く

今日は本当に、夏が暑かった。
午後の街には人通りが一時途絶えるほど。

そんな夏の街で拾った話。

●有名人ショック
東京に出かけ用事を済ませた後、駅前の木陰のベンチで娘と二人、
アイスを食べていた。隣に座った二十代の若者が、携帯電話で友達と話を始める。
長電話を聞くともなく耳にする私。

「・・・俺の○○で一緒の××さんてさあ。本人今まで内緒にしていたらしいんだけど、
実は、所ジョー○の娘なんだって。俺けっこう仲いいだろう。
びっくりしちゃったよ。世田谷に住んでるんだって」

って、聞いている私もびっくり! 
小耳にする話もエキサイティングな街、それが東京。

●本郷さんは何も知らない
一人で、お店にいた。すると新たにお客さんが一人来て、
懇意らしい店の女主人と話し始める。

女主人 「いらっしゃい!あら、本郷さんは一緒じゃないの?」
お客A 「ここで待ち合わせなのよ。後から来るわ」
女主人 「じゃあ、ちょうどいいわ。本郷さんには悪いけど、これ内緒で持っていって」
お客A 「えっ!いいの~!あら、いやだ~。嬉しい。でもいいの~。高いんでしょ~、
      これって。」
女主人 「いいの、いいの。持っていって」
お客A 「えっ~、ごめんね~。悪いわ~。ありがとね~」

ひとしきりそんな会話が交わされ、ようやく静かになった頃、
お店に新たなお客さんが来た。

お客A 「あ、きたきた、本郷さ~ん」と手を振る。
「いらっしゃ~い」とだけ言って、店の女主人は奥に引っ込み、
本郷さんとお客Aは、何事も無かったように世間話を始める。

本郷さんは何も知らない。
[PR]
by riro11 | 2006-08-11 18:32 | 痛快


花が咲こうと咲くまいと、生きていることが花なんだ      (by イノキ)


by riro11

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

通知
爆笑
激奨
風趣
歓喜
嘆息
苦笑
痛快
感涙
DQⅨ
超個人的

以前の記事

2014年 12月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2013年 12月
more...

PROFILE

大学院生男子、大学生女子の母
首都圏在住  

MY SITE
壱番館:
「普通の専業主婦だって、文句があるさ!」

タグ

検索

その他のジャンル

画像一覧