♪ひまわり~夕立~せみの声~♪

夏休みになって、一週間。
いつの時代でも夏休み定番の蝉の声が、今年はまだ全然聞こえませんね。
うちの方のラジオ体操は7月いっぱいの平日で、明日まで。
天気もはっきりしない日が続いたので、結局三日間くらいで終わっちゃうのかな。

まあ今年の夏は、子どもの受験もないので、のんびりというか
気がぬけたという感じです。
高校生になって数ヶ月経った長男ですが、中学と高校では「大激変」という感じです。
今年受験生というお子さんをお持ちの方もいるかと思いますが、
まあなんというか。高校って、入ってしまえばこっちのものという感じなんですよね。

あんなに皆、この学校に入りたいと切望し、受験勉強に精を出し、
その結果それぞれ行くべき高校へ入ったわけでしょう。
では、合格後どんなにか勉強を頑張るかと思いきや・・・。
入学して二ヶ月も経つと、「クラスの半数は授業中寝ているって、どういうわけよ!?」
と母は痛切に思います。
これはきっとどこの学校でも、多かれ少なかれそんなもんなんでしょうね。

学校の雰囲気が「一年生は部活頑張れ!」となっているので、
クラスの部活加入率100%。そのうち男子の九割は体育系。
朝練、放課後練、休日は試合と、とにかく疲れているんだとは思います。

入学後にハジケるのというのも、それはそれで仕方が無いとは思います。
クラス皆が仲良いというのは、好ましい事ではありますし。
宿泊研修で徹夜で盛り上がったり、体育祭の打ち上げに、二次会(ボーリング)まで
あり、帰宅がもう少しで午前様というのも、そんなにけしからぬ事でもないのかと
思えるようにもなりました。

行事があって部活のない日には、皆カラオケやボーリングに行くものらしい。
まるで大学生並み。ただね、一年前との、いや半年前とのギャップがあまりにも
大きいので、戸惑っているだけです。

「イマドキの高校生」にわが子もしっかりなっているような、いないような。
部活だけに頑張る高校生。部活の合間に遊ぶ高校生。
これがスタンダードな、はたまたオーソドックスなイマドキ高校生というものでしょうか。

そう思うと。結局、学校なんてどこに入ってもそう変わりはないのだ。
と、これが結論です。
このことがわかっていれば、去年もう少し余裕があったかも。親も子も。
イヤ、分からなかったからこそ頑張れたのか、それは誰にも分からない。
[PR]
by riro11 | 2006-07-27 22:46 | 苦笑


花が咲こうと咲くまいと、生きていることが花なんだ      (by イノキ)


by riro11

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

通知
爆笑
激奨
風趣
歓喜
嘆息
苦笑
痛快
感涙
DQⅨ
超個人的

以前の記事

2014年 12月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2013年 12月
more...

PROFILE

大学院生男子、大学生女子の母
首都圏在住  

MY SITE
壱番館:
「普通の専業主婦だって、文句があるさ!」

タグ

検索

その他のジャンル

画像一覧