紙ヒコーキ、飛ばしました。

桜桃さんに声をかけられたので、ついつい前回に引き続き
今回も参加してしまいました。
今回は未来へのメッセージを紙ヒコーキに書いて飛ばします。

実は私、紙ヒコーキと聞いて、すぐ「赤い鳥」の「紙風船」という歌を
思い出しました。(作詞:黒田三郎 作曲:後藤悦冶郎)

高校生の時、文化祭で皆で演奏した曲です(当時でも古い曲でしたが)。
短いけれど、大好きな歌詞でした。
高校生の時よりも今の方が、
歌詞の意味が分かるようになったのかもしれません。

そして数年前に小学校の廊下に貼られていた「私の好きな詩」の一つに、
黒田三郎氏の「紙風船」の詩があったのを見ました。
随分懐かしく、そして嬉しく思ったものです。 

この詩を、私の未来のメッセージに替える事にします。

   「紙風船」 黒田三郎

   落ちてきたら
   今度は
   もっと高く
   もっともっと高く
   何度でも
   打ち上げよう
   美しい
   願いごとのように
 

<参考>「赤い鳥」の「紙風船」の歌詞は、黒田三郎氏の「紙風船」の詩を少し変えています。




b0033169_23492373.jpg

[PR]
by riro11 | 2006-06-07 16:13 | 風趣


花が咲こうと咲くまいと、生きていることが花なんだ      (by イノキ)


by riro11

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

通知
爆笑
激奨
風趣
歓喜
嘆息
苦笑
痛快
感涙
DQⅨ
超個人的

以前の記事

2014年 12月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2013年 12月
more...

PROFILE

大学院生男子、大学生女子の母
首都圏在住  

MY SITE
壱番館:
「普通の専業主婦だって、文句があるさ!」

タグ

検索

その他のジャンル

画像一覧