にわかポッタリアン

はまっちゃったのです。それも、どっぷりと。

もともとポッタリアンだったのは、只今高1の息子の方。ハリー・ポッターシリーズ全巻持っているのはもちろん、あの長い本をすべて少なくとも5回は読んでいるそうである...。
でも彼は映画は見ない。一回見たら、本と随分違うので白けたらしく、それ以来あまり興味ないそうだ。一方、小学生の娘は、映画は見るけど本は読まない。読むのは長くて大変だから。それは一理ある。普通はそっちかもしれない。かくいう私もそっち派だった。

TVで放映した「ハリー・ポッター」の映画も、一応DVDに撮ってあった。それを暇にまかせてGWに続けて見たのが間違いだった。続けて見ると面白いし、続きは気になってくるし、その上、映画で見ただけでは分からない、細かい謎も知りたくなってくる。

で、まだ映画になっていない、『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』を息子に借りて読み始めたら、これが第二の間違いだった。なんと、面白くて面白くて止められなくなった。しかもこの巻は長い。上下2冊で、一冊それぞれだって相当分厚い。読んでも読んでも終わらないけど、止められない。家事も睡眠もPCも放りなげて、読み続けてやっと読破。いやいや、ハリー・ポッターのこの人気、世界各国でこんなに売れ続けている秘密が、少しわかったような気がします(それについてはまた後日)。



しかも、グッドタイミングというのはまさにこの事。
おりしも、世間では待ちに待った、『ハリー・ポッターと謎のプリンス』が発売されたばかり。何年も待ったポッタリアンの方々には申し訳ないのだが、私は前巻を読み終えた数日後に、次を読むことができる超ラッキーな人でした・・・。
もちろん発売当日、息子が学校帰りに近所の本屋で買ってきました。予約もしなかったのに、なぜかその本屋特典でボールペン2本がついてきたらしい。(でも別にハリー・ポッターと関係ない、普通のボールペンというのが不思議!)。
2日で読破した息子の後に、読み始めた私。これも長い。だけど、やぱり止められない。続きが気になって気になってしょうがないから。
で、またもや家事も睡眠もPCも放りなげて、読み続けてやっと読破した。(家庭訪問の後の我が家も、今ではすっかり荒れ放題か?)

いやあ、読み終わった感想は、一言。う~ん、悲しかったよ・・・。
不死鳥の騎士団』から後は、もつれた糸がひとつひとつほぐれていくようににどんどん謎が解けていき、ますます目が離せない。だけど一方で、もうだんだんつらくせつなく、そして世界がもうバラバラに壊れていくような断末魔のような恐ろしさで、最後の戦いへいやおうなしに押し流されていく。
最終巻が待ち遠しい、けど恐ろしくてこれ以上読みたくない、複雑な気持ちでもある。でも結末は、知らないではいられないだろうし。

そして今は、また性懲りもなく。まだ何も知らない、あどけないかわいいハリー達が、皆に見守られながら、平和に(後から比べれば)魔法学校で生活している所が懐かしくなり。
つまり最初からまた全部読み返している所。もちろん、当分、いや全然終わりそうもない。
きっと本を読み終わったら、また映画も見たくなっちゃうかも。
ううむ、しばらく社会復帰は無理かも・・・。
[PR]
by riro11 | 2006-05-23 23:58 | 激奨


花が咲こうと咲くまいと、生きていることが花なんだ      (by イノキ)


by riro11

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

通知
爆笑
激奨
風趣
歓喜
嘆息
苦笑
痛快
感涙
DQⅨ
超個人的

以前の記事

2014年 12月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2013年 12月
more...

PROFILE

大学院生男子、大学生女子の母
首都圏在住  

MY SITE
壱番館:
「普通の専業主婦だって、文句があるさ!」

タグ

検索

人気ジャンル

画像一覧