今日はこたつ日和

家族が全員出払ったリビングは、せまいのに広い。
正月の間、絶えずつきっぱなしだった気がするTVは消しておこう。
昨日より少しは暖かい今日。
こたつに入って、とっておきの本を読む。



時計の針が急にゆっくりゆっくり、あちこちに寄り道しながら
進んでいく。
すーっと遠い国から吹いてくるような涼しげな風を感じながら。
先を読み進む。
読んでいる本は、川上弘美の『古道具 中野商店』
もしかしたらこの作家は、やっぱり今私が一番好きな人かもしれない。
そんな思いを強くしながら2編目を読み終え、もったいぶって本を置く。

頭の下に枕をあてて目をつぶって、足をのばしてこたつの中をさぐると、
色々なものが指先にあたった。
靴下(これはさっきぬいだ私の)、娘のジーパン。
今朝はいていくジーパンをこたつの中で温めたまま、結局忘れて、はかなかったもの。
雑多なものを包み込んだまま、こたつは私も眠りの中に引きずり込んでいく。

遠くから、わあわあしゃべりながらやってくる男の子の声が静けさを破り、
目が覚めた。
もう小学校の下校の時間かと思って時計を見たら、まだ早すぎる。
どうやらその子は小学生じゃなかったらしい。

熱くなったこたつのスイッチを消して、もう一眠りしよう。
この本は、冬の日のこたつで昼寝の合間に読むのが、似合っている。
[PR]
by riro11 | 2006-01-11 23:52 | 風趣


花が咲こうと咲くまいと、生きていることが花なんだ      (by イノキ)


by riro11

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

通知
爆笑
激奨
風趣
歓喜
嘆息
苦笑
痛快
感涙
DQⅨ
超個人的

以前の記事

2014年 12月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2013年 12月
more...

PROFILE

大学院生男子、大学生女子の母
首都圏在住  

MY SITE
壱番館:
「普通の専業主婦だって、文句があるさ!」

タグ

検索

その他のジャンル

画像一覧