年末年始で心に留まった語録

☆ダンブルドア校長(映画『ハリーポッターと秘密の部屋』より
『自分がなにものかは能力で決まるのではない、どんな選択をするかじゃ』
含蓄のある言葉です。この映画を見た子ども達が、大きくなってもこの言葉を心に刻み付けていてくれたらいいなあと、思います。ついでに、子供をつい能力だけで図ろうとしてしまう大人も、この言葉は忘れちゃいけない。<年末にDVDを見て>



☆富士通のサポートセンターのお姉さん
『F2のキーを押し続けてください。ダメですか・・・。
では、タン、タン、タン。このくらいの早さでもう一度。』
昨年末いよいよ年賀状の印刷をと思っていた矢先、突然パソコンがフリーズしました!!
原因は・・・。電源コードが抜けてた!それに気付かずに放置されてたPC・・・。起動させても初期画面に戻らない。買って2年間、中のデータのバックアップを取っていないよ。
青ざめながら、早朝サポートセンターのお姉さんに電話で指示を受け、根気強く言われるままに、ファンクションキーをのべ100回くらい押し続けたりしました。(祈りをこめながら時には強く、時には優しく)、1時間弱の格闘の末やっと息を吹き返した我がPC。
もちろんその日バックアップ用のハードディスクを、夫に会社帰りにさっそく買ってきてもらったのは言うまでも・・・。

☆長男くん
『俺の年賀状、名前しか書いてないのに届いた!』
2枚ありました、名前だけの年賀状。同じ事を考えていた人間が二人もいたってところが、すごいというか不思議というか感心!自らポストに投函してくれた受験生の男の子(決して家が近くじゃないんですよ。)、お正月そうそう、脳みそだけでなく体も使ってたんだ。さすが長男くんの友達だけのことある?!

☆じじ
『山田邦子だよ』
実家で皆で話をしていた時に、なぜか山田邦子の話題に。だけど誰も名前が出てこない。「ほら、昔、ひょうきん族とかにでていた・・・」「○○学園出身の・・・」とディテールは分かるのに名前が出てこない。しかし、皆、その人物は心の中で特定できているという非常に気持ちの悪い時間が、数分。口火を切ったのがじじ(私の父)。バラエティ番組なんてほとんど見ない人なのに。あの年で、まっ先に名前がでてくるなんて・・・。負けました。完敗です!ぼけるどころの話じゃなかったので、ほっとしたんだけど。何だか恐るべし、じじ!

おまけ☆夫
『全部名前に犬がつくんだ』
お正月の2日、3日、『里見八犬伝』を見ました。夫は昔、TVの人形劇で見て感銘を受けたそうです。期待していなかったのに、これが面白かった~。小学生の娘までが、面白い、面白いを連発! なるほど、これはまさしく物語の原点のような気がする。ドラゴンクエストのストーリー展開やエピソードに似たものをいっぱい見つけたし、子供向けの戦隊ものにも、しかり。こういう昔の物語がしっかりベースにあるんだなあ、などと思いながら見てました。しかし、よく「犬」がつく名字のネタが切れなかったなあと妙な所で感心。
あと出演者も豪華でした。特にジャニーズ系の男の子に堪能...(おい!)。
[PR]
by riro11 | 2006-01-04 23:56 | 痛快


花が咲こうと咲くまいと、生きていることが花なんだ      (by イノキ)


by riro11

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

通知
爆笑
激奨
風趣
歓喜
嘆息
苦笑
痛快
感涙
DQⅨ
超個人的

以前の記事

2014年 12月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2013年 12月
more...

PROFILE

大学院生男子、大学生女子の母
首都圏在住  

MY SITE
壱番館:
「普通の専業主婦だって、文句があるさ!」

タグ

検索

その他のジャンル

画像一覧