鍼治療<1> ~こんな感じでした~

先日、予告どおり生まれて初めて鍼治療というものを受けてきました。
医者嫌いな私が、せっぱつまって行った鍼治療院。
どきどきしましたが、結果はと言うと・・・。
これが、劇的に効きました。(とりあえず今の所は)。
ところで、そこの鍼灸師さんに言われた事は。
パソコンは、控えるように!!
気をつけます...(自制) ブログもぼちぼちやります...。



以下、体験記とそしてその時、思った事を少し書いてみます。

痛くないはずだという事を、頭では納得していても、気持ちの上ではかなり緊張。
いやかなりビビル大木。(こんな駄洒落を言いたくなるくらい・・・)。

施術を行ってくれたのは、30代の感じの良い女性でした。
今の体の状態を詳しく話すよう言われ、話しているうちに、
何だか泣きが入ってきましたよ。
ここもあそこも、つっぱる、痛い、しんどい、つらい。
だけど、言うだけ言ったらさっぱりした~。

治療は、うつ伏せになって、腰、背中を数本。
後は肩、首を集中的に何本もうちました。(でもうつぶせだから見えない)。
最初の一本こそ、うつ瞬間チクッとしましたが、
その後は、ほとんど気付かないぐらい。ほっ!

おかげで怖さは取れ、だんだんリラックスしてきました。

うった鍼は、そのまま奥深く入れていきます。
その時、ぐわ~んというようなにぶい感じが周辺に広がり、
そこだけでなくずいぶん離れた指先とかに、ビクッと響いたりします。
2、3回ほど、ピリっとした、痛みというよりは刺激を受けて、
「イタタタタ」と声をあげました(弱虫...)。
鍼灸師さんは、すぐさま「ごめんねごめんね」と言って患部を撫でてくれました。

首の後ろの緊張が強くて、いくら肩にうっても引っ張られてしまうね。
とも言われてしまいました。
よっぽど首の後ろの筋肉が縮こまっていたのでしょう。

ここの治療ではうった鍼をすぐ抜かず、20分間うったままにしておきます。
その間、鍼の刺激が体の奥にどんどん入っていき、広がっていくような感覚です。
同時に脱力感やだるい感じもします。
最後の方には、なぜか両腕がすごくだるく重くなって、我慢できないほどになりました。
これが効いているってことなのかな?

その後、仰向けになって、鎖骨の周辺と腕の数箇所を、
今度は、うってはすぐ抜いていきます。

これで終了。
終わったあとは、肩、首、腕が、重だるいけれど、いやな感じではありません。
筋肉がほぐれていくような、ず~んと響いているような感じです。
首を回した時の痛みは、随分和らいでいました。

(続く)
[PR]
by riro11 | 2005-11-30 23:45 | 風趣


花が咲こうと咲くまいと、生きていることが花なんだ      (by イノキ)


by riro11

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

通知
爆笑
激奨
風趣
歓喜
嘆息
苦笑
痛快
感涙
DQⅨ
超個人的

以前の記事

2014年 12月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2013年 12月
more...

PROFILE

大学院生男子、大学生女子の母
首都圏在住  

MY SITE
壱番館:
「普通の専業主婦だって、文句があるさ!」

タグ

検索

その他のジャンル

画像一覧