お灸とゲルマと鍼(はり)

肩こりと頭痛、そして時々心臓ドキドキ。
不定愁訴というか自律神経の乱れというか、
血のめぐりが悪いというか。

とにかく、ずっと何か調子が悪いのである。



こんな不調は、ファ○テンをつけ、ヨガや宮廷気功をやり始めてからは、
とんとご無沙汰だったのに。

一応、筋肉を弛緩させる薬や鎮痛剤、各種サプリなどを飲んで、
だましだまし動いているけど、どれも一時しのぎ。
ヨガも気功も同様で、気持ちいいのは数時間。
夜になれば、またもとの木阿弥。

こんな状態では、PCに向かっても、まとまった記事を書く気に、
どうしてもならない。いや、できない。
(書きたい事もいくつかあるのに...)

昨日は、どうにもこうにも首がつっぱるので、最後の手段。
お灸をやってみようと思い立つ(何故かうちにあった)。

肩こりのツボを書いてある説明書を夫に示して、
火をつけたお灸をそこにペッタンコと貼り付けてもらう。
(最近のお灸はシール式になっている)。

首の根元と肩に、それぞれ二箇所ずつ。それを両肩に。

そんなに熱いと感じないうちに、火は消える。
その後、余熱でだんだんとあったまり、熱くなっていくが、
もう我慢できないという直前で冷める。

割とあっさり終わって、拍子抜けした。
しかし、このお灸は思いがけず効果があった。
寝ている間も一晩中じわじわと肩と首がやわらかくなる感じがしていた。

今朝、起きた時にもその感じは持続。

そして今日は、予約していたゲルマニウム温浴へ行く。
そんなに遠くない所にお店を見つけた。しかも許容範囲の価格。
ゲルマは2回目だが、前回いい感じだったので、
今回も感触がよければ、しばらく続けてみよう。
かなり切羽詰っているのだ。

そして。
今回の所は、うなじに氷を乗せてくれる。
これは、のぼせ防止と末端の血行をより促進させるため、だそうだ。
この氷のせいか、前回よりもびっしり汗をかく。
顔、首はもとより、胸、背中。そしてパ○ツも汗で湿っている。

ゲルマニウム溶液につかりながら、壁に貼ってある「体の不調Q&A」を見たら、
なになに、目の下のくまはもちろん、舌の裏の静脈が青黒く膨らんでいるのは、
要注意信号らしい。要注意だ、私!

昨日のお灸のせいか、今日のゲルマのせいか、今は久しぶりに、
大変楽になっている。肩や首がじんわりして、ほぐれている感じなのだ。

ああ、なにより健康が一番だ。
ゲルマニウム温浴は、回数券を買って少し通うことにしよう。
幸い娘の習い事の送り迎えの待ち時間の間に、行ってこれそうだし...。

明後日は、鍼治療も予約した。
もう、何でも良いから楽にしてくれ、状態なのだ。
何が効いたのかわからなくなってもいい。
結果オーライ。

意地でも、更年期外来だけには、足を踏み入れたくないのです。
(コレが本音^^;)
[PR]
by riro11 | 2005-11-23 22:15 | 風趣


花が咲こうと咲くまいと、生きていることが花なんだ      (by イノキ)


by riro11

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

通知
爆笑
激奨
風趣
歓喜
嘆息
苦笑
痛快
感涙
DQⅨ
超個人的

以前の記事

2014年 12月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2013年 12月
more...

PROFILE

大学院生男子、大学生女子の母
首都圏在住  

MY SITE
壱番館:
「普通の専業主婦だって、文句があるさ!」

タグ

検索

その他のジャンル

画像一覧