続々:私だけの曲、私達だけの歌

ココココの続きです。

さあて、本番までそろそろ一週間を切りました。
4日前のグループレッスンの日には、お母さん達を呼んでそれぞれの自作曲と、
3人のピアノ伴奏&歌を披露する、クラスリハーサルを行いました。



黒一点のR君は、サッカー少年。いつもサッカーの練習の後にレッスンに来ます。
お母さんに言わせると、自分の中ではサッカーは一番だけど、
ピアノ特にアンサンブルは好きなので、練習はあまりやらないけど、
なぜか止めるとは言わないそうです。

彼はいつも形式にのっとったきっちりしたピアノ曲を作ります。
そしてどこかセンチメンタルな風合いが、本人のキャラとミスマッチで、
そこがまた素敵なのです。

中学生のAちゃんも部活や勉強に忙しい。でも期末テストの前日でも、
ちゃんとレッスンにきます。3人しかいないので、自分が休むとアンサンブルに
ならない事をしっかりわかっている、責任感の強いお姉ちゃんなのです。

さすがに中学生。感情を込めてしっとりと弾きながらも、力強さもあり、
迫力も感じられます。

さて3人のピアノ伴奏&歌も、マイクを使い、かなりいい感じに仕上がっています。
R君のピアノも短期間に急激に上達して、本番が大いに期待できます。


さて、いよいよ当日。すっきりした秋空に恵まれました。
年齢順なので3人は部の最後の方。まずそれぞれのピアノ曲を演奏します。
最初にR君、続いて娘、そしてAちゃんの順。

R君はリハーサルがうそのようにきっちり仕上げてきました。
いつもそうなんだよね。
娘も今日家での練習の時よりも、上手に弾けている。

先生が舞台のそでに戻ってきた二人に、「二人とも本番に強いねえ」と
しみじみ言ったそうです。Aちゃんの出番の次が、3人のピアノ伴奏&歌になります。
「Aちゃん、緊張しているねえ」。先生と二人はそでからAちゃんの曲を聞きながら、
スタンバイ。

さあ、いよいよ3人のピアノ伴奏&歌の出番。
R君の前奏が静かに始まります。
お母さんによると、今回R君は自分の曲そっちのけで、この伴奏に力を注いだそうです。
伴奏の綺麗なメロディーがとても気にいって、弟に“ラララ♪”で歌わせながら、
毎日弾いていたそうです。そんな様子はレッスンでは、全然見せていなかったのに。

無口でおとなしいR君。だけど舞台の上で演奏する伴奏はとても力強く、
女子二人を気持ちよくリードしていきます。
美しい流れるようなメロディーにのって、二人の歌声もぴったり。
しっとりと歌い上げられ、ハーモニーも綺麗に決まっています。

間奏の間、リズムに合わせ、ゆっくり揺れる二人。
直前まで、恥ずかしいからどうしようと言っていたのに、どうしてどうして、
さまになっているよ。
最後は転調してサビの部分を繰り返し、半音ずつ上がっていきエンディングへ。

歌もピアノも3人とも実にぴったりと息が合っていました。
このコンサートで、3人が一緒にステージに立つのは、
きっとこれが最初で最後になるでしょう。
だけど、本当に一生の思い出になったね。

<了>
[PR]
by riro11 | 2005-10-26 21:19 | 風趣


花が咲こうと咲くまいと、生きていることが花なんだ      (by イノキ)


by riro11

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

通知
爆笑
激奨
風趣
歓喜
嘆息
苦笑
痛快
感涙
DQⅨ
超個人的

以前の記事

2014年 12月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2013年 12月
more...

PROFILE

大学院生男子、大学生女子の母
首都圏在住  

MY SITE
壱番館:
「普通の専業主婦だって、文句があるさ!」

タグ

検索

その他のジャンル

画像一覧