「学級崩壊クラス」の生徒の気持ち

いつものヨガの先生がインドに研修旅行に行っているために
今日は代行の人が入りました。

ああ、前回のヨガの時間に見学に来ていた人。
私とそんなに年が変わらなさそう。
でも何だか顔が引きつり気味。こんなに緊張してて大丈夫かなあ。
リラクゼーションを目的としたヨガなのに、講師自らこんなにテンパッテいて、
果たして効果が出るのでしょうか?という疑問と不安。
上記のような思いを、たぶん他の生徒さんもきっと持っていたはず。




で、始まったプログラム。
う~ん、もしかして人前で教えるのは今日が初めてですか?
声が小さくて、言っていることがよくわからない。
私みたいにまだ始めて日が浅い人間は、大きい声ではっきりと、
次にやる事を言ってもらわないと、動けない・・・。

そして、動作の説明と実際の動作が左右反対でやりづらい。
右腕を、と言う時、向かい合っている講師は普通左腕を動かすのだが、
自分もそのまま右腕を動かすので、皆と動作が逆で、何だか気持ち悪い。
(え~~)といった皆の声にならない声に気付いた講師は、
その後すぐに左右を変えたから、まあそれはセーフ。

しかし最初からの悪い流れは止まらず。
それどころか、その後生徒達のブーイングがぞくぞく続く。
「ここの照明がまぶし過ぎるので、消して下さい!」
「冷房が強くて寒すぎる!」
「声が遠くて聞こえない!」(やっぱり言われた)

そのたびに、このスタジオの勝手がわからない講師はあたふたと試行錯誤。
しかし結局わからず、「先生、スイッチそこ!」と年配の常連さん?に教えられるはめに…。

ヨガプログラムに出席する人の大半は、年配の方達だ。
目や耳が悪かったり、寒さに弱い人が多い。
正規のヨガの先生はもう50代後半とおぼしき年齢で、その辺の配慮は行き届いている。
それより何よりカリスマ性のある人なので、黙って座っているだけで、
威圧感のあるオーラが漂って、スタジオの空気がピリッとしてくる。
どだい比べる方が間違っているのだが、最近始めたばかりの私はともかく、
長年やっている人達は、かなりイライラしているのだろう。

そして焦れば焦るほど、ヨガの方でもミス連発。講師の目がどんどんつりあがっていく。
う~ん、もうハラハラしちゃって、リラックスできない。

残り十分弱というところで、講師は前の方にいた生徒に何やら聞いている。
「何時まででしたっけ?」
「45分までですよ」
「えっ、もうこんな時間?」
パニクリすぎて、時間も忘れたか。
結局山場の「月のポーズ」「肩倒立」をさっと短時間ですませ、
最後の瞑想の時間もほとんどなく、プログラム終了。
最後に講師は、今日の不手際を謝っていました。

やれやれと、スタジオを出て「ジョーバ」に乗っていると、
ヨガプログラムに出席していた人達が数人、横で声高に話している。
もちろん、今日のヨガの様子を。

ふむふむ。こんな風に物事はエスカレートしていくのか。
クラスが学級崩壊していく構造が少しわかったのでした。
[PR]
by riro11 | 2005-09-27 23:56 | 風趣


花が咲こうと咲くまいと、生きていることが花なんだ      (by イノキ)


by riro11

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

通知
爆笑
激奨
風趣
歓喜
嘆息
苦笑
痛快
感涙
DQⅨ
超個人的

以前の記事

2014年 12月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2013年 12月
more...

PROFILE

大学院生男子、大学生女子の母
首都圏在住  

MY SITE
壱番館:
「普通の専業主婦だって、文句があるさ!」

タグ

検索

その他のジャンル

画像一覧