高校の説明会 覚書き

今頃初めて、高校の説明会に行くのは、もしかして遅いのかもしれません。
高校近くの公会堂で実施。申込みをして、保護者一名と受験する子供、2名一組分の
指定席が確保されています。
だから今日だけは、好むと好まざるによらず、全員親子ペア。
母親の隣に、もう背はとっくに越した男の子が、居心地悪そうに並んで歩く集団は、
ちょっと異様な感じもしました。なぜか母親と女の子は目につかないんですけど…。

さて今日、感じた事をいくつか。
ここ数年、東京もそうですが、当県でも公立復権の気運が高まってきてます。
当然ながら共通認識として、ライバルは私学なんですね。
公立のレベルも、ようやく10年前のレベルに戻ってきたそうです。
今日の話を聞いた限りでは、公立の学校も、先生方も、想像以上に頑張っていて、
ちょっと驚きでした。

高校の理念とか求める生徒像とか、校長を始め他の先生達も、かなり熱く語っていたので
(クーラーの効いた公会堂で正解。でもマイクがちょっと響き過ぎ…)、
親も子供も目が覚める感じです。
この迫力に圧倒され、「よ~し! 頑張るぞ~」と息子が思ってくれれば思うつぼですが、
どうでしょうかね~。

説明会後、すぐその足で塾の夏期講習に向かった息子ですが、
感触としてはいい感じだった模様。

もう一つ、今日感じた事。
学校は駅から近い所に越した事はないですね。それに平地にあるのが理想。
なぜか学校って、丘の上にあることが多いです。
当県は学区が撤廃され、県内のどの公立高校も受験できるようになり、
今まで近かったけど、他学区で受験できなかった高校が受験可能になって、
選択の幅がぐんと広がりました。
行きたい度合いが同じだったら、断然近い所がいい。

ちなみに学区が撤廃され、人気が上がったのはやはり、交通の便が良い高校だそうです。
海の近くの高校、なんていうのは、思ったより人気がないそうです。
今日聞きに行った高校は、行き来がとても楽だったので、その点も好印象でした。
[PR]
by riro11 | 2005-08-24 23:12 | 風趣


花が咲こうと咲くまいと、生きていることが花なんだ      (by イノキ)


by riro11

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

通知
爆笑
激奨
風趣
歓喜
嘆息
苦笑
痛快
感涙
DQⅨ
超個人的

以前の記事

2014年 12月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2013年 12月
more...

PROFILE

大学院生男子、大学生女子の母
首都圏在住  

MY SITE
壱番館:
「普通の専業主婦だって、文句があるさ!」

タグ

検索

人気ジャンル

画像一覧