暑い夏の一日でした<番外編>

<初めて読む方はこちらからどうぞ。>
******
いつも、部活の試合に“来るな!”と長男に言われ続けてきた私。
今回の大会出場の話を聞いた時、今度こそは行けるかなと思いました。
まあ、ここまで来たら、もうお祭り気分でっていう事で。



「じゃあ、お母さん、見に行こうかなぁ」とためしに行って見る。
「えっ、うそでしょ!」
「いいじゃない。最後だし、もうここで負けても恥ずかしくないでしょう」
「えー、来るのー」と言いながらも、「絶対来るな!」とは今回言いません。
フー、初めてお許しが出た。
その代り、会場で絶対話しかけないで、という約束をさせられましたが…。

最後なので近所に住む出場メンバーのお母さん(面識はあるが、ほとんど話をした事が
なかった)も誘いました。
電話口でそのお母さんは、今までやはり試合には来るな!と言われてきたので、
当然今回も家で待っているつもりだったと言っていました。
「せっかくだから一緒に行きませんか。うちは来てもいいとお許しが出ましたよ」と言うと、
子供に聞いてみると言って、一旦電話を切る。

ホント、どこも一緒だぁ~。

結局、そこの家でも無事子供の許可が下り、二人ともようやく最初で最後の応援に
出かけられたというわけです。

しかし会場に行っても、極力選手達に会わないように、こそこそしている私達って
いったい…。
応援席まで来たものの連れのお母さんは、一組目に出る自分の子供の試合を、
怖くてまともに見れないからと、席に座ろうとしない(気持ちはわかる。私もきっとそうだ)。
で、私達二人は、応援席の壁の後ろにしゃがみ込み(まったく何やってるんだか!)、
顔を上げたり引っ込めたりしながら、チラチラと第一組目の試合を見たのでした。

彼女は自分の息子の試合が無事終わるとホッとしたのか、さあ、席に座りましょうと言う。
(えっ、そんな!ずるいよ~)。
でも足も痺れてきたので、しかたなく私も席についたのでした…。

・・・・・・
試合が終わって、一人のお母さんが私達に話しかけてきました。
初めて会う、やはり団体戦メンバーのお母さんでした。
そのお母さんも、いつも試合には来るな!と言われてるが、今日は後からフォームチェック
をしたいからビデオを取ってくれるなら来てもいいと、お許しがでたそうです。
(おおっ、ブルータス、オマエもか)。

それにしてもこんなに応援の少ない中学も珍しいよ。
副校長先生と2年生数人。そして私達だけ。よその中学は垂れ幕も華やかだが、もちろん
ウチには無い。まあ、来る予定が無かった所ですから。
それにしてもさすがに、少し淋しすぎるかも。

そういえば、朝、“気迫”と書いてあるお揃いのウチワを何本も持ったお母さん達の集団が、
会場の入り口の前で気合を入れているのを見た。
私達は顔を見合わせて「スゴイですね~」とどちらからともなく、つぶやいたのですが…。

でも、とにもかくにも最後に応援に行けて本当によかった。
息子の部活に対する3年間の思いがどんなものだったのか、それだけは
どうしても知りたかったから。
連れのお母さんにも、誘ってもらってよかったと言ってもらったし。

それにしても、うちの部はシャイな子ばっかりだったんだなあと、
ちょっと感心してしまいました。
いやそれとも、単にへそ曲がりぞろいだったと言うべきか…。
[PR]
by riro11 | 2005-08-02 23:39 | 苦笑


花が咲こうと咲くまいと、生きていることが花なんだ      (by イノキ)


by riro11

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

通知
爆笑
激奨
風趣
歓喜
嘆息
苦笑
痛快
感涙
DQⅨ
超個人的

以前の記事

2014年 12月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2013年 12月
more...

PROFILE

大学院生男子、大学生女子の母
首都圏在住  

MY SITE
壱番館:
「普通の専業主婦だって、文句があるさ!」

タグ

検索

その他のジャンル

画像一覧