下戸とカシスの関係について

長男の中学校はもう今日から夏休みに入りました。小学校は20日まで。
去年同様ダラダラッと突入です。

色々あったが、何はともあれ一学期は終わった。お疲れさん、私。
というわけで昨日は久しぶりに夜のお出かけ。留守番はできるが、いくつになっても
夜私がいないと淋しがる子供が若干一名いるため、めったに出かけないのですが。
ストレス発散も大事ということで…。



5時半という早い時間、集まった私達3人は、まずビールの飲める所へ行ったわけです。
友人達はまずビールで。私はライムサワーを注文。乾杯の後、二口、三口、飲むうちに、
見る見る間に私の顔が真っ赤。心臓がどきどき。

そう、私はお酒がめちゃくちゃ弱いのです。
たぶん生まれつきアルコール分解酵素の働きが弱く、アセトアルデヒドの分解に支障を
きたすのじゃないかと推察されます。
新入社員の頃、三時のおやつに出たウイスキーボンボンを食べて顔が真っ赤になり
「もう今日は帰ったほうがいいんじゃない」と上司に呆れられたくらい、弱いのです。

だからいつもお酒は極力避けていますが、数年前、素晴らしい事を発見したのです。
これだけはなぜか飲んでも酔わないという飲み物を見つけたのです。
それはカシス系飲み物。カシスソーダー、カシスオレンジ、カシスグレープフルーツ…。
とにかくカシスが入っている飲み物は不思議と平気なのです。
何しろグラスが一杯空になるという快挙が、もう数回続いています。

お酒を一緒に飲むのが初めてだった友人は、九割がた残っているライムサワーと私の顔を
交互に見比べ、物凄く驚いていました。
私が「カシスソーダーなら大丈夫なのにぃ!」(その店には無かった)と言うと、
偶然その友人が最近一緒に飲んだお酒に弱い人も、ずっとカシスソーダーを飲んでいたと
言い出しました。 はっ、やっぱり?

そこで私達は「本当にカシスソーダーなら大丈夫なのか」という仮説を検証するために
新たな店に繰り出したのでした。

外はまだ明るい。全身トマトのように赤くなった私が
「早く、カシスソーダーのある所へ急ごう」と皆を促したのは言うまでもありません。

そして某居酒屋へ。そこはカシス系飲み物が充実しています。
私はカシスソーダー、友人はカシスビールなるものを頼み、二度目の乾杯。
そのままそこで3時間。
私はライムサワーの酔いを醒まし、カシスソーダー一杯を飲み干しました。
不思議な事に今度はなんとも無い。顔も赤くならず、心臓もドキドキせず、絶好調!
恐るべし、カシスの威力。

b0033169_10271595.jpgカシスが酔いを抑えるという事を、この身をもって実際に検証しました。
これを学会に発表すればと友人は言うのだが、無理言うな。
しかも、一杯以上は未体験ゾーンなのだ。

酔眼で見た桜木町の夜景は、ちょうどこんな具合にぼけていたのでした。
[PR]
by riro11 | 2005-07-16 23:53 | 痛快


花が咲こうと咲くまいと、生きていることが花なんだ      (by イノキ)


by riro11

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

通知
爆笑
激奨
風趣
歓喜
嘆息
苦笑
痛快
感涙
DQⅨ
超個人的

以前の記事

2014年 12月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2013年 12月
more...

PROFILE

大学院生男子、大学生女子の母
首都圏在住  

MY SITE
壱番館:
「普通の専業主婦だって、文句があるさ!」

タグ

検索

その他のジャンル

画像一覧