春の珍事(ちんじ)

新学期が始まって、今日でもう4日目。小学校は今日から給食も始まりました。
中学の部活は初日からあるので、もういきなりフル活動といった感じ。
でも、春ってやっぱりいいですね。
新しい環境で、心機一転頑張ろうっていう気持ちが自然にわいてきます。

昨日までは、10時半頃にはもう我が家の前を、新一年生が先生と一緒に、
ぞろぞろ集団下校する姿が見られました。
大きな声で、話しながら歩いてくる様子に、「ああ、もうそんな時間か」と思いながら、
聞くとはなしに聞いていると。
なぜか、季節はずれに「あわてんぼのサンタクロース」の歌を歌いながら歩いている子。
「せんせーい、あそこ曲がると公園なんだよ」「うん、そうだよねー」という会話が聞こえてきたり。とても微笑ましいです。



娘は毎日なんだか、はりきっています。
高学年になったのが、うれしくてしょうがないんだそうです。
大人には、その単純さがまぶしくて、うらやましいくらいです。

さて、長男の方には、ちょっと異変が…。
なんと、自分で立候補して、クラスの学級委員になったというのです。複数人立候補したので、所信演説までしたそうです。

う~ん、そういうリーダー的なことは、ずっと避けていたのに。面倒くさいとか、負担が増えるとか言って。学校は部活がやれればいいやというスタンスで、学級ではクールに振舞っていたとばかり思っていたのに。聞けば、前からやって見たかったのだそうです。
いや、親って自分の子の事をわかっているようで、あんまりわかっていないものです。

面白かったことに、どうやら学校のみんなも私と同様に感じていたらしく、
反響が思いのほか大きかった事に、本人もびっくりしていました。
きっとどこから見ても、学級委員というタイプじゃないんですね。

何人もの人から、「学級委員になったんだって?」と聞かれたそうです。
部活の顧問(息子の学年と関わりのない教師)にまで次の日すぐ聞かれ、喜んでくれている様子に驚いていました。
こころなしか、他の先生方も息子を見る目が優しかったそうです。
よそのクラスの女子にも「なんで学級委員になったの?」と聞かれるしまつ。
でも、その子の気持ちはよく分かる。私だって、なんでー?という気分だから。

まあ、しかし、春って今までの自分を変えるいいチャンスなので、
せっかく自分が思いたったんだから、いいことだと思っています。
色々トライするのは、なんにせよ良い経験になるから。

よ~し、私も子供達に負けないように、ちょっと頑張るぞっと思っておりますが、
三日坊主になるのは私が一番危ないしな~…。
[PR]
by riro11 | 2005-04-08 22:58 | 歓喜


花が咲こうと咲くまいと、生きていることが花なんだ      (by イノキ)


by riro11

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

通知
爆笑
激奨
風趣
歓喜
嘆息
苦笑
痛快
感涙
DQⅨ
超個人的

以前の記事

2014年 12月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2013年 12月
more...

PROFILE

大学院生男子、大学生女子の母
首都圏在住  

MY SITE
壱番館:
「普通の専業主婦だって、文句があるさ!」

タグ

検索

その他のジャンル

画像一覧