このblogを読んで下さっている「あなたへ」。

朝日新聞朝刊の生活面で、毎週土曜掲載の「あなたへ」というコラム。
4月2日の今日は、「石田衣良さんからあなたへ」です。
石田衣良氏は、「池袋ウエストゲートパーク」でデビューした、直木賞受賞作家。
少年を主人公に書いた著書を、私も何冊か読んだことがありますし、私といくつか共通点も
あり、親近感も感じています。



その彼の今回のメッセージを読んで、そうそうそうと何度も頷いて、共感してしまいました。
なにしろ、
はあー、生きてるって、面倒でつらいことが多いですよね。
で始まる文章。その後延々と、どんなに風につらいかという事が説明される。
だが、「しかし」と続く。
しかし同時にぼくたちの仲間の多くは、ときに自分を犠牲にしても他者を助けるし、日のあたらない見返りの期待できない仕事でも骨身を削ってがんばっている。多くは名もなく、さして豊かでもない普通の人たちです。
そしてその後に、こうも続く。
自分の場所で、自分の仕事を淡々と果たし続ける人こそ、この世界の主役なのです。

私もそう思います。

blogに出会って10ヶ月。
色々なサイトを見、また自分で色々感じたり考えたり、そして実際書いたりしました。
そして自分が書きたいと思っていたことは、きっとそういうことだったのかと気付きました。
「自分の場所」「自分の仕事」って、とても大事な事ですよね。

生きる意味って、そういう事なのかなって、少しだけ思いました。
自分の子供に「生きる意味ってなあに?」と聞かれた時、
「自分の場所を見つけて、自分の仕事を見つけて、淡々と果たして欲しい」と言ってあげたい…。

そして以前ここで、私がblogの意味について書いた時、漠然と考えていた事。その答も何だか石田さんの最後の文章が、私の考えを代わって言ってくれているような気がしました。
「ぼく」を「私」に変えたら、そっくりそのまま、このblogを読んで下さっている皆さんへのメッセージになるのかもしれません。

今日もありがとう。あなたの顔は知らないけれど、あなたはあなたの場所で、ぼくはぼくの場所で、お互いの仕事や勉強を頑張ろう。そのうちきっといいことあるさ。
          2005年4月2日付け朝日新聞朝刊「石田衣良さんからあなたへ」by石田衣良より引用
[PR]
by riro11 | 2005-04-02 23:23 | 感涙


花が咲こうと咲くまいと、生きていることが花なんだ      (by イノキ)


by riro11

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

通知
爆笑
激奨
風趣
歓喜
嘆息
苦笑
痛快
感涙
DQⅨ
超個人的

以前の記事

2014年 12月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2013年 12月
more...

PROFILE

大学院生男子、大学生女子の母
首都圏在住  

MY SITE
壱番館:
「普通の専業主婦だって、文句があるさ!」

タグ

検索

その他のジャンル

画像一覧