「志」の高さ

ちょっと古い記事で恐縮ですが。日経新聞朝刊の2月25日の社説・春秋の記事が頭の中でずっと引っかかっています。特に最後の一文が。
競争社会の米国で、高峰博士が富と尊敬の両方をかち得たわけは、知的財産のほかに、その「志」の高さにある

この記事を読んで感じた事。それは、高峰博士が晩年とともにその死後も尊敬を払われ続けているのは、大企業の社長になりながらも、科学によっていっぺんにたくさんの人を救いたいという昔からの「志」を、彼がいつまでも持ち続けていたからだろうと。

今巷をにぎわせている幾つかのニュース。世の中で「志」を持った有能な人が少なくなっている事を象徴するような出来事が、まさに目の前で進行しているように思われます。

「志」を高く持てなかった有能な人間の末路は、あまりに淋し過ぎるような気がします。
[PR]
by riro11 | 2005-03-06 23:56 | 風趣


花が咲こうと咲くまいと、生きていることが花なんだ      (by イノキ)


by riro11

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

通知
爆笑
激奨
風趣
歓喜
嘆息
苦笑
痛快
感涙
DQⅨ
超個人的

以前の記事

2014年 12月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2013年 12月
more...

PROFILE

大学院生男子、大学生女子の母
首都圏在住  

MY SITE
壱番館:
「普通の専業主婦だって、文句があるさ!」

タグ

検索

その他のジャンル

画像一覧