記憶の不思議

小学生の娘の、某通信教材についてくる親向けの冊子を読んでいたら、
とっても興味深い事がのっていた。

   子どもの学習で、
   「あのときはおぼえていたのに、どうしてこうも忘れてしまうのか?」
   って悩み。



そうそう、あちらでも書いたけど、なんで夕べは全部書けた漢字が、
今日(しかもまだ午前中)は書けないのか?
これが実は小学生によくある事なのだそうだ。
とっても不思議でしかたがなかったのですが…。
そのワケがばっちり書いてありました。

脳の中にある「記憶」をつかさどる「海馬」という場所。
この場所で、覚える情報をふるいにかけて残すそうなのだが、
そのふるいに残されるのは、「命にかかわる大切なこと」だけらしい。
たとえば、フグの毒は危険ってこととか。
そして「忘れても死なないもの」はすべて捨てられる。

漢字は? そうだよねー、覚えなくても死なないものね~(大納得!)

そういえば何年か前、「進め!電波少年」というTV番組で、テスト問題が解けないと
食事をもらえないという設定で勉強をさせ、お笑い芸人が東大を目指す!という
企画があった事を急に思い出した。
結局、そのお笑い芸人は、東大は無理だったけど、いくつかの私立大学に合格した。
(参照:「受験坂本ちゃん屁の河童」

おお、あの企画はこの記憶の原理をフル活用したものだったのか。
生きるか死ぬかの瀬戸際(命にかかわる大切なこと)だったら絶対覚えられるってことが、
証明されているー。

俗悪(と思われている)TV番組だって、見方を変えると、こんなに学術的です。
でもこの原理。わかっても、子どもの漢字学習には、さすがに使えないよ・・・。

「追記」
冊子にはその後、記憶を定着させる方法(テクニック)がちゃんと書いてあったけど。
この原理より刺激的でなかったので(平凡でつまらなかったので)、
何にも覚えていません(汗) 肝心な所を読まなきゃダメじゃん!(→私)
[PR]
by riro11 | 2005-03-03 17:16 | 風趣


花が咲こうと咲くまいと、生きていることが花なんだ      (by イノキ)


by riro11

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

通知
爆笑
激奨
風趣
歓喜
嘆息
苦笑
痛快
感涙
DQⅨ
超個人的

以前の記事

2014年 12月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2013年 12月
more...

PROFILE

大学院生男子、大学生女子の母
首都圏在住  

MY SITE
壱番館:
「普通の専業主婦だって、文句があるさ!」

タグ

検索

人気ジャンル

画像一覧