世界がひとつになるまで、ずっと手をつないでいよう

「世界がひとつになるまで」。この歌がここ数日、私の頭の中でぐるぐる回っています。
小学生の娘が音楽の時間に習っている歌。もともとアニメ「忍玉乱太郎」のエンディングテーマだったのだそうですね。あのアニメも長男が小さい頃見ていたのですから、随分長いこと続いています。その頃からアニメに使われる歌は本当に、あの歌手が?グループが?とびっくりするような人達が歌っていたりして、しかもすごくいい曲が潜んでいたりするので、まったく侮れません。



この曲は学習発表会で娘達のグループが発表する曲の一曲です。この曲で伴奏を担当する娘が、毎日家で練習がてら弾き語ってくれるので私もすっかり覚えてしまいました。

今、国語の授業で「手話」を学んでいる娘達は、この歌もサビの部分で手話を披露するようです。「世界で一つだけの花」もサビの部分の手話を、去年の音楽発表会の時に覚えました。
まるで歌の振りの感覚で、自然に手話をやっています。
確か幼稚園の時も何曲か手話付きの歌を歌ったりしていますから、この学年の子供達には、手話は随分身近なものになっているような気がします。

この曲は娘が今一番好きな曲だそうです。お母さんも一緒に歌おうと言って、紙に歌詞を書いてくれました。ちょっと私にはサビの部分が高すぎて、苦しいのですが…。

・・・・・・
そして、先週には、その学習発表会がありました。
娘達のグループは数曲を、交代でピアノ伴奏・歌を、そしてリコーダ・打楽器で合奏を
行いました。
実はある一曲でピアノの伴奏が途中で止まってしまったのですが、子供達は全然慌てず騒がず、そのまま歌を続けます。そして次の小節から何事も無かったように入ってくる伴奏。その後も一回止まってしまいましたが、またまたさりげなく復活する伴奏。その間の子供達の堂々たる姿に、ほとほと感心です。

そうなんです。失敗なんか何度だってしたっていいんです。
アニメ「NARUTO」の以前のエンディング曲じゃ無いけど、「この傷を無駄にしないで 笑って歩ければいい」んでしょうね。問題は失敗する事ではなく、そこからいかに立ち直るかって事が大事なんじゃないかと、つくづく思いました。そして、1人の失敗をその他の子供達が当たり前のようにフォローする姿に、またまた感心です。

最後にお返しに保護者の皆も2曲、子供達に歌のプレゼントをしました。その中の一曲、「世界で一つだけの花」で、何も言わないのに子供達が自然に手話で参加してくれました。

なんだか見えない手がつながれたような気がしました。
[PR]
by riro11 | 2005-02-19 23:51 | 歓喜


花が咲こうと咲くまいと、生きていることが花なんだ      (by イノキ)


by riro11

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

通知
爆笑
激奨
風趣
歓喜
嘆息
苦笑
痛快
感涙
DQⅨ
超個人的

以前の記事

2014年 12月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2013年 12月
more...

PROFILE

大学院生男子、大学生女子の母
首都圏在住  

MY SITE
壱番館:
「普通の専業主婦だって、文句があるさ!」

タグ

検索

その他のジャンル

画像一覧