健康について考えてみた

随分前に娘が「ねえ、ママって、何歳まで生きるの?」と唐突に無邪気に(?)、
そう聞いてきた事があった。
「そうだねー、まあ100歳くらいまでかな」と随分適当な事を言ったら、
娘に「えーっ!!」っと、とてつもなくびっくりした顔をされた。
そんなに生きられちゃ困ると思われたのか、と心配になったら、
「そんなしか生きないなんてダメー!!」と悲しそうな顔で言っている。
こっちが、えーっ!!だ。



「じゃあ、何歳まで生きればいいの?」と聞くと、
「え~っと、125歳ぐらい」(う~ん、大きい数字に弱い娘。どこまで本気で分かっているのかは不明…)。
そういえば、確か人間の寿命は本来125歳なのだが、皆、その天寿を全うせずに死んでいくという話を聞いたことがある。まさか、それを知っていた筈は無いのだが。
しかし125歳とは、ちょっと…。

「わかった。大変だけど何とか頑張ってみるよ」
「わ~い!!」

・・・・・・
この考えは、今でも変わっていないらしく、昨日も娘に、
「ママ、125歳まで生きてね」と念を押されてしまった。
きっとここ4、5日、私が、うっ、わき腹が…なんて連発していたせいらしい。

体の健康も心配だが、脳みその健康も心配な今日この頃。
数年前から芸能人の名前が出てこなくなったのが、私には一番ショックだった(そんな事が!)
人の名前は本当に、出づらくなった。あと、固有名詞もダメ。
なぜかことわざや慣用句なんていうのは、結構覚えている。
昔見た映画のワンシーンや小説のセリフなんてのも異様に詳しく覚えていたりする。
そうそう、大昔の流行歌の歌詞なんてのも案外覚えている。演歌系のものも意外といける。

これ以上、脳みその退化を防ぐためにという気持ちが大いに働いて、始めたblog。(ちゃんとココにも書いてあった)。
125歳まで生きて、娘に、「やっぱり、こんなボケたおばあちゃんなんてイヤだー」と
思われないように、頑張らなくちゃと肝に銘じた今日この頃です。
[PR]
by riro11 | 2005-02-03 22:23 | 風趣


花が咲こうと咲くまいと、生きていることが花なんだ      (by イノキ)


by riro11

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

通知
爆笑
激奨
風趣
歓喜
嘆息
苦笑
痛快
感涙
DQⅨ
超個人的

以前の記事

2014年 12月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2013年 12月
more...

PROFILE

大学院生男子、大学生女子の母
首都圏在住  

MY SITE
壱番館:
「普通の専業主婦だって、文句があるさ!」

タグ

検索

その他のジャンル

画像一覧