大人だって、大人だって……。

前クールのキョンキョン主演のTVドラマは、鎌倉が舞台でした。
仕事一筋できたアラフィフの女性が、ちょっと人生に疲れて、鎌倉の古民家に移り住み、
そこで第二の青春を過ごすことになってしまうのです。

鎌倉が舞台だから、江ノ電はもちろん、鶴岡八幡宮とか由比ヶ浜とか、
毎回のようにでてくるロケ地が知った所や行ったところで、
まるで自分がそのドラマに参加しているような気持で、毎回楽しみに見ていました。
「やっぱりいいなあ、鎌倉は!」
ドラマの面白さと、せつなさと、ロケーションに毎週いやされていました。

ドラマは三月で終わっちゃったけど、鎌倉恋しさは募るばかりで、
今年の花見は学校帰りの娘を誘って、鎌倉の段葛(だんかずら)から八幡宮の桜を見に行きました。

まだまだ鎌倉熱がさめないそんな時に、恒例アジサイ会のメンバーのさん♪さんが、
つつじさんの北鎌倉宅訪問の計画を立て、連絡役をかってくれました。
私のテレパシーが届いたのかっ!

そして、5月の最終日につつじ宅にアジサイ会のメンバー(つつじさん、ぶんぶんさん、さん♪さん)が
集まったのです。例によって詳細は、ここと、ここと、ここでよろしく!

今年に入ってブログからすっかりごぶさたしていた私を、みんなは暖かく迎えてくれましたよ。
わたしたちの別荘(大違い!)で、みんなゆるりと、ごちそうとワンちゃんと自然たっぷりのお庭と
おしゃべりを、満喫したのでした。

キョンキョんが、ドラマの最初にナレーションで、つぶやきます。

「さびしくない大人なんて、いるだろうか」

ああ、思えば私は、この言葉でこのドラマの虜になったのです。
仕事があっても、結婚していても、子供がいても、家族がいても、大人でも、いや大人だから、
さびしいんだなあ。
お母さんでもさびしいんだ。
そのことを、子供たちにも、夫たちにも、知ってもらいたい。
すべての大人たちがさびしいんだってことを、みんながちゃんとわかればいい。
でも大人たちは、大人だから、「淋しすぎると笑っちゃう」んだってことを。

アジサイ会は、そんな大人たちのための、鎌倉ヒーリングの場でした。
そんな場所をいつも提供して下さるつつじさんに、大感謝。
そしていっしょに笑ってくれるメンバーにも感謝、感謝です。
さあ次回を楽しみに、日常を頑張ろう。
だって、それが大人クオリティーだもの!





休日に実家へ。大人から子供にかえりそうな年寄りは、存在のほとんどがさびしさでできている。
それをわかるには、自分もさびしいんだって気づいた人だけなのかもしれない。
せっかく来たから帰りにスカイツリーを見ていくかと、娘と二人ででかける。
b0033169_1393493.jpg
今までの駅名が全部、「東京スカイツリー」や「スカイツリー前」に変わっていたので、地元の者はかえってわかりづらい。そして「押上」は、ださくなったそうだ。


b0033169_13111547.jpg

東京ソラマチはすごい人出だったが、動けないほどではない。ムーミンのでかいぬいぐるみといっしょにお茶できるカフェが行列だった。人一人分の大きさだから、そこに行くには四人で行けない。席がないから。四人席で人間は三席、ムーミンが一席。根元からみるスカイツリーは、あんまりおもしろくなかった。
[PR]
by riro11 | 2012-06-05 13:34 | 風趣


花が咲こうと咲くまいと、生きていることが花なんだ      (by イノキ)


by riro11

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

通知
爆笑
激奨
風趣
歓喜
嘆息
苦笑
痛快
感涙
DQⅨ
超個人的

以前の記事

2014年 12月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2013年 12月
more...

PROFILE

大学院生男子、大学生女子の母
首都圏在住  

MY SITE
壱番館:
「普通の専業主婦だって、文句があるさ!」

タグ

検索

その他のジャンル

画像一覧