夏休み終わったけどさあ

節電より健康をと考えて、クーラーをそれなりに使った、
後ろめたい私の今年の夏も、終わりに近づいてきました。
だからせめてもの節電に、ブログさぼっていたわけじゃ……、……、
全然ないです。

しいていえば。
今日スーパーでカートをひきながら、食料品売り場をうろうろしていたら、
見ず知らずの年配の女性が、同じようにカートをひきながら、
「まあ、今日はこんなもんでいいか!」と
誰に話かけるともなく、独り言でもなく、普通にそう言って私の目の前を横切って、
いきました。
思わず私は心の中で(いいよ、いいよォ、そんなもんで)と、答えていました。

夏って、そんなもんですよね。

**********
さて、高校生の娘は、週明けから学校が始まり、しかもいきなりプール二連チャン。
しかも、いきなり試験一週間前という、どんだけハードル高い休み明けなのでしょう。

でもって、大学生の兄ときたら、ほぼ一カ月遅れの夏休み突入で、
ふくろうみたいな毎日を送っていますが、
夏休みも小学生の子供がいるうちが、一番花だなとしみじみ思います。
下の子が、高校生とかになると、子育てとかいう感じからは、
何だかめっきり遠い世界になってきます。

娘は高二なので、それなりに大学のオープンキャンパスに行ったり、
進路個人面談があったりするけれど、
いくら考えてみても、とりあえ進んでみなければわからないことも
いっぱいあるわけです。

兄の方は、考えすぎて足がすくむでタイプで、妹の方は、反対に、
とりあえず動いてみないと何にも実感できないタイプで。
それぞれに一長一短があり、何を言おうと、それぞれができることしかやれないのでしょう。

そんなおり、ダザイさんとイノキさんが、同じようなことを言っていたのを
発見して、感動してしまいました。ご紹介しておきますね。
b0033169_17323225.jpg

あとはもう何も言わず、早くもなく、おそくもなく、
極めてあたりまえの歩調でまっすぐに歩いて行こう。
この道は、どこへつづいているのか。
それは、伸びて行く植物の蔓(つる)に聞いたほうがよい。
蔓は答えるだろう。
「私はなんにも知りません。しかし、伸びて行く方向に陽が当るようです。」
<「パンドラの匣」の終わりの文章>

この道を行けばどうなるものか、危ぶむなかれ。
危ぶめば道はなし。
踏み出せばその一足が道となる。
迷わず行けよ。
行けばわかる。
<一休和尚の言葉で、イノキ氏が引退の挨拶で朗読した新日の道場訓>
[PR]
by riro11 | 2011-08-30 18:26 | 風趣


花が咲こうと咲くまいと、生きていることが花なんだ      (by イノキ)


by riro11

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

通知
爆笑
激奨
風趣
歓喜
嘆息
苦笑
痛快
感涙
DQⅨ
超個人的

以前の記事

2014年 12月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2013年 12月
more...

PROFILE

大学院生男子、大学生女子の母
首都圏在住  

MY SITE
壱番館:
「普通の専業主婦だって、文句があるさ!」

タグ

検索

その他のジャンル

画像一覧