お年玉

2日、3日は両方の実家にお年始に行って、終わってしまう我が家のお正月。
まあ大人は(ご馳走は食べられるにしても)、色々普段使わぬ気を使って、
実際はあまり楽しいとは言い難いのですが…。



しかし、子供達にとってお年始は、お年玉集めの恰好の場所です。
おじいちゃん、おばあちゃん、おじさん、おばさん、親戚等々。まさに勝負の2日間。
当日会えなかった人からも、言付けて置いていってもらったお年玉ありで。
それでも大半は、「お母さんが預かっておいてあげるよ」の一声で、事実上没収ですが。
その瞬間だけは、ウハウハ気分満喫ですね。

今日は、私の実家に行きました。子供達がお年玉をもらうのはもちろんだけど、
実はいまだに、私も、お年玉をもらっています。

いや家に居た時は、働き始めてからは、もうもらっていなかったはず。
でも結婚してから、なぜか、また父親がくれ始めました。
何回も「いいよー、いらないよー」と断わったのですけれど。
「いや、子供ができるまで」とか、「いや、今年限りだから」とか言われて、早やン年。

父親はもうとっくに引退の年なのですが、いまだに細々と仕事を続けているので、
まあ、自分があげられる限りはあげたいと思っているのかな、と推察は出来るのです。

でも正直、この年になってお年玉をもらうのも、何かあんまりいい気持ちもしないのですが。最近は、もらってあげる事が親孝行かなと割り切って、まるで儀式のように、ありがた~く
受け取っています。

だけどこのお年玉、なかなか使えないんですよねぇ。
自分の好きなものを買うっていうのも気がひけて。だけど家計費に入れるのも、
何だか…だし。
そんなこんなで、結局ずーっとタンスの中に仕舞われて。気がついたら、
一年経っちゃった、なんて事もありました。
でも結局、突然の「不意の出費」!だけど我が家の財布には今そんなにお金がない! 
なんて時に、「あっ、そうだ、あれが…」って使われてしまいます。

う~ん、それでいいのか? よし、今年こそは自分の欲しいものを買うぞ!
と決心しつつも(根が小心者なので)、どうなるかやっぱり今年もわからない。
[PR]
by riro11 | 2005-01-03 23:57 | 風趣


花が咲こうと咲くまいと、生きていることが花なんだ      (by イノキ)


by riro11

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

通知
爆笑
激奨
風趣
歓喜
嘆息
苦笑
痛快
感涙
DQⅨ
超個人的

以前の記事

2014年 12月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2013年 12月
more...

PROFILE

大学院生男子、大学生女子の母
首都圏在住  

MY SITE
壱番館:
「普通の専業主婦だって、文句があるさ!」

タグ

検索

その他のジャンル

画像一覧