近況(生存?)報告

b0033169_2045751.jpg
色々不義理をしているうちに、もう6月になってしまいました。関東地方は、異様に早く梅雨入りもしてしまい、一気に夏モードの今日この頃です。
いつまでも桜の写真でもないでしょう。5月をすっとばして6月の更新に恐縮です。
写真は、娘が撮った珍しい二重の虹!!
震災や原発事故やあれやこれやで、日本の未来にどう考えてもいい所を数え上げられない今、何も明るいことが書けないとやけを起こさずに、それでも小さい喜びを見つけて、前に進むしかないだろうと、自分を励ましています。

ブログの意味は、あとで読み返した時に、その時の自分の思っていることがわかることだよと、どこかに書いてありました。わかっていたけれど改めて言われれば、まさに!!と目からうろこで、続けることに意義があると信じたい。

あの震災以降、時の流れ方が心象風景のように早回しされたり、スローモードになったり、変わって感じられます。
4月は長かったけど、5月は短かった。
震災を挟んで、実家の父の病気発見、手術、入院があり、83歳まで入院したことなかった人の突然のことに、周りの家族が慌てること半端ない状態でした。

このまま元気にいつまでもいて欲しいという願いが、残念だけど永久にかなえられることは不可能だということに、いつまでも目をつぶっていたい家族たちでした。

幸い父は、無事退院して、念願の自宅に戻ってきました。そうなると、家族たちはまた、このままずっとずっと元気に長生きして欲しいと、ぜいたくな願いをたくすのです。そしてたぶん当分はそうなるだろうということを、楽観してしまいもするのです。

私自身のできごとは、この一カ月では……。
5月の末には、卒業した大学のサークルで、大がかりな同窓会(先輩後輩十年の幅)が初めて?開かれました。
まさに××年ぶりに一気に懐かしい人々に再会という、ハードルの高さに尻ごみをしながら、何十年もタイムスリップする同窓会マジックはちゃんと引き起こされ、顔形姿は、確かに変わっていても、雰囲気、口癖、性格の確たるものは決して変わらないということが、証明されました。
大学生の子供たちを持つ私たちが、たちまち大学生の心に戻って無邪気な時を繰り広げたひととき!
この不思議な感慨を味わえるなんて、やはり、長生きをして自分の軌跡を振り返るのも悪くないのです。

個人的には、6月に入って趣味のことが、形になって出来上がってきました。
いやあ、大変なことも多々あったけれど、満足なできあがりに心からうれしいと久しぶりに思えるできごとでした。

そうそう、四月からまた太極拳を始めました。去年いったん始めた太極拳は、そのあとカンフー体操を経て、また仕切り直しです。前回は???の嵐だった太極拳も、今度は入門、初級と少しづつレベルアップしながら、何とか覚えていけています。全部覚えるのに二年はかかると言われていますが、今回は絶対マスターしてやるぞと、××歳の手習いではありますが、はりきっています。

そんなこんなで、まだまだ落ち着いてはいられない。
[PR]
by riro11 | 2011-06-05 21:25 | 風趣


花が咲こうと咲くまいと、生きていることが花なんだ      (by イノキ)


by riro11

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

通知
爆笑
激奨
風趣
歓喜
嘆息
苦笑
痛快
感涙
DQⅨ
超個人的

以前の記事

2014年 12月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2013年 12月
more...

PROFILE

大学院生男子、大学生女子の母
首都圏在住  

MY SITE
壱番館:
「普通の専業主婦だって、文句があるさ!」

タグ

検索

その他のジャンル

画像一覧